« コムクドリを探して | Main | 爆発の名残り »

September 20, 2012

おけいはんの虫探し

Komurasaki1512

淀川にはまだ見たことがないメガネサナエとかいうトンボがいてるらしいというので捜索に行ってきました。ヤゴはワンドの中でみつかるらしいのですが、成虫を淀川で撮ったという情報をネットでは見つけることができなかったのであくまでも可能性としての捜索です。淀川には河川敷公園はたくさんあるけれど水辺におりることができる河原があるところをよく知らないので以前ベニマシコなんかを探しに行ったときにここなら河原に降りれそうだと思ってたところに行ってみました。ところが、えらく増水していて以前河原だったあたりはすっかり水没していました。対岸の鵜殿のあたりは大きな河原が広がってるのでもしも淀川で探すとするとあっちの方がよさそうな気がします。

Konosimetonbo1112せっかく来たのにこれではダメだなと思いながら木陰に入って休憩してると後ろにトンボがとまっていました。羽の黒い縁取りがはっきりと濃いコノシメトンボ♂ですやん!まだ胸のあたりは黄色いままでしたがもう少しで頭から胸、尾にいたるまできれいなルビーレッドになるはずです。ちょっとピン甘なんですが、今期初登場なので一枚。

Komurasaki1112一駅向こうまで歩いてもよかったけれど暑そうだったの引き返し始めてると釣り人が下にいてるのが橋の上から見えました。ということはどこか下に降りれる場所があるはずと思って草の中に道らしいのを見つけて下に降りてみました。猫の額ほどの小さな河原がそこにあって水辺におりるとちらちららと倒れた柳なんかのあたりで飛ぶコムラサキを発見しました。しかも、吸水におりてるのが2頭もいてるじゃあ~りませんかheart

Komurasaki1312たまに羽をひろげてくれますが、ぜんぜん紫色にみえません。

Komurasaki1412が、ある角度になるとぴかっと紫に光るときがあるんですよね。光線の向きや見る角度によっては幻の紫色が見ることができますので、すぐにあきらめないで見てるといいかもしれません。

Komurasaki1612久しぶりにコムラサキの羽の表を見ることができました。コムラサキというと夏の蝶のイメージがあるのですが、きれいな個体でしたのできっと秋にも新しく羽化する個体があるのでしょう。そういえば以前秋に高槻の三島江で見たことがあったなと思いだしました。

Usubakitonbo2112空が曇りだしたようでしたのでまた駅に向かって歩き出すとゴルフ場のところで数頭のウスバキトンボを見つけました。飛んでるのはよく見るのですが、下のほうにとまってるのはあまり見ないように思うのでカシャcamera

Natuakane1112おや?その奥に赤い色のトンボが・・・お、これも今年初めて見るけどナツアカネ♂ですやん♪ これぐらい赤くなるともう十分に成熟してる思っていいような。

Kurumabattamodoki1112土手の上への階段をのぼってると通せんぼをしてくれてるバッタがいてました。バッタはどうも種類がよくわからないのですが頭の後ろがあまりもりあがってないので褐色型のクルマバッタモドキではないかと思います。

Tonosamabatta1112そして道の真ん中には大きなトノサマバッタが・・最初、ギンヤンマが行き倒れになってるのかと思いました。このトノサマバッタは後脚が片方なくなってますが、お尻を土の中につっこんで産卵してるようですね。こんなになっても懸命に子孫を残すために頑張ってるんやなあと感心して、バッタの後をまわって帰りました。メガネサナエはまた琵琶湖にでも行ったときに探したほうが確率は高いと思うのでまたいずれ。

« コムクドリを探して | Main | 爆発の名残り »

昆虫」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« コムクドリを探して | Main | 爆発の名残り »

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ