« 淀川と新規開拓 | Main | お城で虫撮り »

August 19, 2012

ナニワでネアカヨシヤンマ

Naniwatonbo1212

前回電車を乗り継いで遠くまで捜索に出かけたものの何も見つけることができずに帰った池にはやはり青いアカトンボといわれるナニワトンボがいてるという目撃情報があったので今日再びリベンジに行ってきました。その前にここにもいてるといわれてる某学校の構内にある池によってみました。

Kosiakitonbo2112近所の家族連れが網を持って虫取りにきてたりするので立ち入り禁止というわけではなさそうでしたが目撃できたのは誰かさんが腰抜けトンボといっていたコシアキトンボとか、

Siokaratonbo1112_3         Siokaramesu1112_3

青いけれどアカトンボの仲間ではない(当たり前やけど)シオカラトンボ♂♀といったふつうのトンボ。

Taiwanutiwayanma1112_2

そしてここで一番よく見かけたように思うのがタイワンウチワヤンマでした。温暖化のせいか勢力範囲を北にのばしている南方系のトンボで最近ではいたるところで見かけます。ここでナニワトンボを見つけることができると捜索範囲がせまくて済むと思ったのですが、そうはとんやがおろしません。やっぱりさらに南下してあの広い池にむかいました。

Naniwatonbo1112今日は車ですのでお墓の横にある駐車場に自動車を止め、そこから池の下にいけるようでしたので釣りをしてる人たちもいてるけれど後ろを通ってあまり水のなさそうな場所を目指します。そしたらあちこちに折れた木や枝やらが散乱している場所が周囲にあるところがあってそこにたくさんいてました。う~ん、久しぶりにナニワトンボをみましたが、やっぱりシオカラトンボなんかと違ってちっさくて華奢でちょっと飛ばれたりすると青白い色の体色ではすぐに見失ってしまいます。

Naniwatonbo3112正面から見るとこんなんです。お顔の真ん中に黒い斑点がありますね。

Naniwatonbo1412_2

やや下のほうから見上げるとなんか笑ってるようにも見えるし、ワンちゃんのぬいぐるみの顔みたいにも見えます。

Naniwatonbo1512

すぐに羽を前にたおしてしまうのできれいに羽を開いたところがあまり撮れませんでしたが初めて見たわけではないし、沢山撮れたのでこんなもんでいいでしょう。と思ってたら同行の人が今見たことのないトンボがおったというんで、画像を見せてもらったらヤンマ系であることはすぐにわかりましたが、私もネットの画像で見たようには思うけれど何か覚えてないトンボでした。是非、撮ってみたいなあと話していたら・・・飛んできました。

Neakayosiyanma1112青い目をしたきれいなヤンマでした。手元の図鑑ではよくわからなくてマルタンヤンマかな?なんていいかげんなことを言ってましたが帰ってから調べるとなんと!ネアカヨシヤンマだということがわかりました。ネアカヨシヤンマは数が少ないトンボで準絶滅危惧種に指定されてるトンボです。

Neakayosiyanma1212
日の当たらない場所にとまるのでシャープさにかけますが、ストロボを使うと、これこの通り、青い目はさらにきれいに輝き羽の色までわかります。羽の付け根が赤っぽいのがネアカヨシヤンマの名の由来だそうです。

Neakayosiyanma1312向きを変えて撮ってみました。尾の先の形状からオスのようですね。

Neakayosiyanma1412それにしても美しい・・・オニヤンマなんかが飛んでるとき太陽の光をうけて目がエメラルドグリーンに輝いて見えるときがあるけれどそれとは違う、明るいサンゴ礁の海の色を思わせる青い瞳ですわ。

Risuakane1112あとはリスアカネが数頭いてました。でも、リスアカネの数よりもナニワトンボの数の方が多かったですね。ナニワトンボがいぜん服部緑地に現れたときもリスアカネが一緒にいてましたが、ナニワトンボとリスアカネは仲がいいのでしょうかね。

Koumyouike2112最後に大サービス。どんなところで撮ってたかというとこんなとこです~。参考になりましたでしょうか。

« 淀川と新規開拓 | Main | お城で虫撮り »

昆虫」カテゴリの記事

Comments

アニキさん
おはようございます。行きはったんですね。へーそんなにたくさんいるんですか?私は探せませんでしたが池に入れる場所があるんですね。釣り人が居るということは反対側なんだ。そしてヤンマ、キレイですね。参考にしてまた訪れようかな?

甘辛686さん おはようございます。

ナニワトンボを見たいという人の車に乗せてもらって出かけたので歩きとちがって楽でした。
ターゲットが小さいので見落としがちですが、水際にはまったくいてなくてすべて木陰の枯れ枝の先でした。
も少し涼しくなってから訪れても見られるはずですので行ってみて下さい。

いつもお世話になっています、貴殿のブログの影響を受けまして最近はトンボの観察もしています、今日も、ムナグロの所に、赤トンボでした、今度お会いした時にこの場所お教えください、多分南の方の池なら家から近いですので、宜しくお願いいたします。

ふーさん こんばんは

ナニワトンボは秋には水抜きされて地肌がむき出しになるような池でそこの枯れ枝なんかに産卵するというトンボですので条件に合う池を探すのが難しいですね。
ナニワトンボはこれからがシーズンなので涼しくなってから探してもよいと思います。
またお会いしたときにでも場所はお教えしますよ。

ご無沙汰しています、貴殿のブログの影響を受けまして、トンボ部に入部することに決めました、今日、日本のトンボ」の本¥5775・ネットで購入いたしました、勉強いたしますので、ご指導宜しくお願いたします、それと、今日、「青い赤とんぼ」貴殿の撮った同じ場所で撮ることが出来ました、ご報告まで。

ふーさん こんばんは

ナニワトンボはこれからが本番なので会ったときにでも場所をお教えすればいいかと思ってましたが
なまず++さんからきかれたのですね。
日本のトンボの本 高い本ですね。 もとをとるためにはいっぱいトンボを見つけないといけませんね。
私はそろそろお城にでも登城してみようかと思ってます。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 淀川と新規開拓 | Main | お城で虫撮り »

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ