« 本物のウラナミジャノメ | Main | クマゼミの羽化 »

July 16, 2012

ちょっと琵琶湖へ

Hasu1112

世間の鳥撮りの皆さんはこの連休にアカショウビンやらサンコウチョウやらアオバズクの撮影に出かけてるようなのですが、残念ながら私は撮影目的以外で琵琶湖に泊りがけで出かけてました。

Musujiitotonbo1112

ちょっと散策に出て撮った虫たちです。まずは菱にとまってたムスジイトトンボ。これによく似たオオイトトンボを撮りたいと思っているのですが、まったく出会いがありません。

Monsirotyou2112普通のモンシロチョウですが、ネジバナにとまったので撮ってみました。もう少し花のきれいな時にとまってるのを撮りたかったなあ

Syoujoutonbo1112水面の反射がきらきらしていい感じに撮れたと思えたショウジョウトンボです。夏だからといってナツアカネだなどと思わないように。

Tyoutonbo1112今日一番たくさん姿を見たトンボ、チョウトンボです。ハスの蕾の上にとまって倒立した姿をみせてくれると絵になるんですけどね。

Hasu帰りにハスの花を見ようと水生植物園というところに行ったのですけどね。ハスの群生地にはほとんど花が咲いてなくてさっぱりでした。

Nettaisuiren1112温室の中にはきれいな熱帯スイレンがさいています。青系のスイレンの花ってとても魅力的ですね。写真には撮ってまさせんが、この温室の中で本物のサラノキを見ました。普通日本で沙羅の木というとナツツバキのことをさし、各地のお寺さんにも植えられているのですが、本物のサラノキはやはりインドあたりが原産の植物ですので、日本の気候では育たないんですね。仏教でいう沙羅双樹は御釈迦様が入滅するとき悲しみのあまり2本の木がよじれて一本になり花を散らしたと伝えられます。

Kosiakitonbo1112飛び回っていてなかなかとまらないコシアキトンボもハスの葉の陰で休んでました。

Hasu1312池のハスの花はさっぱりでしたが、鉢植えのハスの花はきれいに咲いてましたので何枚か撮影しました。ピンクではなくて黄色っぽいハスもけっこうきれいだと思います。

Huukiran1112ちょうど富貴蘭展というのをやっていたので花の咲いてるのを撮ってみました。東洋ランはカトレアや胡蝶蘭のような派手な蘭とちがって簡素でとても繊細な感じが魅力なんでしょうね。しかも植えてある鉢がとてもこっていてきれいな絵付けがされたものも多く、鉢もあわせて鑑賞するとおもしろいかもしれません。

« 本物のウラナミジャノメ | Main | クマゼミの羽化 »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 本物のウラナミジャノメ | Main | クマゼミの羽化 »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ