« 都のアカショウビン | Main | 本物のウラナミジャノメ »

July 10, 2012

ついに見つけたモートンイトトンボ

Motonitotonbo1212
ハッチョウトンボがいてるという湿原を探しに行ってきましたが、残念ながらハッチョウトンボを見つけることはできませんでした。しかし、ここで撮影したという話はよくきくのできっと外からはよくわからない進入路があるのかもしれません。でも、自然がいっぱいの場所なのは確かでけっこういろんな虫が撮れました。

Kuroitotonbo1112とくに珍しいというわけではないけれど交尾産卵活動にいそがしいクロイトトンボが狭い場所にたくさんいてました。

Mesugurohyoumon3112イソノキで吸蜜するのがいそがしいメスグロヒョウモン♀。撮りやすい場所にはこなかったので木の葉の間をぬって撮影したものをかなりトリミングしてます。この時期にメスグロヒョウモンの雌を見たのは初めてでした。羽の表側を撮りたかったなあ・・・

Mayutateakane1112_2マユタテアカネのメス。もうアカトンボが発生する時期になったのですね。

Hosobaseseri1212

ホソバセセリもいてました。羽に白い星がたくさんあって地味なセセリチョウの仲間ではきれいなんですよね。

Hosobaseseri1112_2ホソバセセリに遭遇したのは3度目ぐらいなので私の中では珍しい蝶の部類にはいります。

Janometyou1112_2

よく飛び回っていてなかなかとまってくれなかった元祖ジャノメチョウ。赤いつぶがついてるのが気になります。たぶんダニではないかと・・・

Motonitotonbo1112_2湿原でのハッチョウトンボはあきらめて田んぼ横の休耕田をのぞいてみることに。そこで、なんとライファーのモートンイトトンボ♀を見つけてしまいました。是非、探して撮影してみたかったイトトンボなんですよ。モートンイトトンボは湿地にすむトンボでハッチョウトンボなんかと混生してることもあるそうです。メスがいてるということはおそらくオスもいてるのではないかと田んぼの縁を一周しました。あきらめかけた時にやっと1頭のオスを見つけました。

Motonitotonbo1612モートンイトトンボはイトトンボの仲間ではとても小さなサイズのトンボなので大きくトリミングしてみました。成熟したメスはほぼ緑一色のトンボなのにモートンイトトンボのオスはこのように尾というか腹部がオレンジ色をしていてとてもきれいです。

Motonitotonbo1512小さくてもトンボですので、小さな虫を捕食します。メスは3頭ほどみつけたのですが、オスは結局この1頭しか見つけることができませんでした。田んぼの稲の中なんかに入りこまれるとたぶん見つけることはできないでしょうね。

Motonitotonbo1712_2

合体しないものかと見てましたがダメでした。日がきつくなってきたのでここはまあ、これまで・・・モートンイトトンボは準絶滅危惧種に指定されてるトンボで、どこででも見られるわけではないので今日はいいものが見れて大満足でした。

Yamasemi1212帰りにいま話題のヤマセミを見てきました。複数のヤマセミが同じ木にとまるかもしれないというのでちょっと期待してましたが、2羽が飛び回ってるのを見ただけで今日は撤収。300㎜のレンズではテレコンをいれてもあんまり大きくは撮れないのでヤマセミのいる風景といった感じの写真になってしまいます。まあ、今日のヤマセミはついでやからそれでもOKやけどね。

« 都のアカショウビン | Main | 本物のウラナミジャノメ »

昆虫」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 都のアカショウビン | Main | 本物のウラナミジャノメ »

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ