« アオバ再び | Main | オレンジ色のにくいやつ »

June 03, 2012

ゼフィルスとタマシギなど

Urajiromidrisijimi1112
出始めのゼフィルス狙いで今日は東のお山に登ってきました。なんといままで何度もこの公園には登ってるのに一度も見たことのなかったウラジロミドリシジミというゼフィルスに遭遇しました。たった一頭だけど目の前に飛んできてしばらくじっととまってくれてました。ここは昔からこの蝶の産地だという話はしっていたのですが実際に見たのははじめてです。

Urajiromidorisijimi1612正面から見ると青緑の羽の表をうかがうことができます。日がさしてくると羽を開くかもしれないとじっと見てたのですがついに翅表をおがむことはできませんでした。

Urajiromidorisijimi1412一時間近くとまってたでしょうか、最後は蟻につつかれてうろうろしてたのですが、うっとおしくなったのかどこかに飛んで行ってしまいました。ウラジロミドリシジミは北摂あたりでは6月中旬の蝶らしいんですが、ここでは早い時は5月末から発生し、6月前半に見られるとものの本にはかいてありました。今日の公園はいたるところ毛虫だらけでしたので毛虫がいてるころが見頃なのかもしれません。うっかり物干しざおで木をたたいたりしたら頭から毛虫だらけになりそうでした。ここはゼフィルスの食草となるナラガシワが多いのにほとんどゼフィルスにいままで遭遇しなかったのは時期的なものだったのでしょうか。

Mizuiroonagasijimi1312今日ここでいちばんたくさん見たゼフィルスがこのミズイロオナガシジミ。去年ゼフィルスの森に行ったときよりも多いぐらいにたくさんの個体がみつけりました。たいはんが背の低い笹の葉にとまったり隠れてたりしてました。

Mizuironagasijimi1212羽の表側はどちらかというと茶色味のあるグレーのように見えます。羽をすりすりするとちょっとだけ見ることができました。

Akasijimi1212おなじみのアカシジミを見たのは3頭だけで、近くで撮れたのは片方の尾状突起がかけてましたし、色もいま一つだったような・・・早い目に羽化した個体だったのかな?

Tengutyou2112テングチョウも新しい個体が飛び回っていました。新個体のテングチョウってなかなかきれいなんですよ。

Misujityou1212本家ミスジチョウもテリをはって飛び回ってます。きれいなのもいてるんですが、撮らしてくれたのはあちこち羽がかけてしまってるのだけでした。モミジを食草としてるので、もっとあちこちで見かけそうなもんですがなかなか見つかりませんね。コミスジとかホシミスジみたいにチンタラとんでませんもんね。

Isigaketyou1112すっかりここの名物となってる南方系の蝶、イシガケチョウです。もう少し撮らしてほしいところですがこの蝶も今日は忙しいらしくてあまり相手をしてくれませんでした。画面左端によくみるとカメムシが写ってます。背中のハート紋からしてエサキモンツキカメムシだと思いますが、初めて見ました。

Aobazuku1112_2ちょっと時間がありましたので地元のおなじみさんに連絡すると迎えに来てくれてアオバズクのいてる神社に連れていってくれました。わりと見通しの良い場所にとまってくれてましたが、なぜか顔のあたりが暗くなっていてイメージ通りのものは撮れませんでした。

Tamasigi1112_2で、最後にタマシギを見に行ってきました。ちょっと前まではカップルが3組ほどいてると聞いてたのですが、今日ははもう1組だけみたいでした。

Tamasigi1512こっちがオスですね。タマシギはオスが抱卵も子育てもするので今のうちに羽を伸ばしていてほしいものです。

Tamasigi1612_3タマシギのメス。何を食べてるのでしょうね?やぱりタニシかなにかを食べるのかな。いままでで一番近くタマシギを撮ることができたけど、逆光では色がでませんね。まあ、またそのうちに撮ることもあると思うので本日はこれまで。

« アオバ再び | Main | オレンジ色のにくいやつ »

昆虫」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« アオバ再び | Main | オレンジ色のにくいやつ »

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ