« 武田尾異変 | Main | モンキアゲハの吸水 »

May 24, 2012

ホイホイ谷ハイキング

Miyamakawatonbo1112
サカハチチョウとかミヤマカラスアゲハに遭遇するといいなあ・・・という理由だけで谷川を遡ってきました。大阪みどりの百選に選ばれるだけあって自然がいっぱいの場所なんで野鳥の撮影に来てる人たちなんかもいてます。聞いた話だと、鳥を見るだけではなくて今年は鳥を密猟する招かれざる客まで現れて偽の捕獲許可証などをみせてまんまとコマドリを捕まえていったとか・・・。世の中にはとんでもない奴がいてるもんですね。そんな奴がもし現れたら即通報でっせ、皆の衆!punch ということで、全然関係ないけど、今年も渓流にはミヤマカワトンボ♂が現れたので撮ってみました。角度が今一つよくありませんね。もっと尾を高くあげてもらいたいとこです。

Asahinakawatonbo2112谷の中では川に植物は少ないので外で撮ったクレソンの花にとまるアサヒナカワトンボ♂です。腹部が粉をふいて白くなってるほうがオスです。

Asahinakawatonbo1112んで、↑こっちがアサヒナカワトンボ♀。腹部つまり尾の部分の色や先端の形が違うし、羽の縁にある縁紋の色がオスは赤だけどメスは白です。

Torahusijimi3112蝶々のほうは今日もいてましたトラフシジミ。白い筋がはいってるのでやっぱり春型ですね。

Kotyabaneseseri1112んで、コチャバネセセリも飛び回ってます。

Komisuji1112どこに行っても現れるので、あまり撮らないけれどたまには撮ってやらんとせっかく愛想よく出てきたのに悪いのでコミスジも撮ってみました。

Asamaitimonji1112今季初登場のアサマイチモンジです。ちょっと離れたとこにとまったのでトリミングしてます。カラスアゲハとかアサギマダラも、もうちょっとで撮れそうだったのですが、逃げられてしまい残念無念。斜面の上を見るとタニウツギが咲いてたりしてそこにはいろいろ蝶が飛んでくるようでしたが、下からでは無理なので撮ってません。もう少しでこの谷も白いウツギの花が咲きだすので、そしたらもとっと蝶が撮れるのではないかと期待してここはこれまで。

Nihonkawatonbo1112駅の近くの川というよりは側溝という感じの流れの中にはニホンカワトンボ♂がいてました。谷川などの渓谷にはいてなくて、たいていこういった感じの場所で見られることが多いように思いますが、どこかもっと近場でこれが撮れる場所がないか探しています。求む、情報!

Nihonkawatonbo1212日がさしてるとパタパタしてくれるかもしれませんが、いつもこんな感じでじっとしてます。なんとか羽が開いたのを撮りたいのでしばらく見ていて思いつきました。flair

Nihonkawatonbo1312餌の虫を捕えるために飛んでも、すぐに戻ってきてだいたい同じ場所にとまるようでしたのでとまって羽を閉じる前ならきっと撮れるだろうと考え、飛んだのが戻ってきて画面の中に入ったら連射するという方法で撮影しました。三脚とレリーズがあればもっと確実に撮ることができるかと思いますが、いつもの一脚ではずっと構えてないといけないので飛び出して帰ってくるまでに構えるのが難しくて30分以上頑張ってしまいました。まあ、今日はたいしたものも撮れなかったので最後にちょっと遊ばしてもらわんと歩いただけになってしまいます。

« 武田尾異変 | Main | モンキアゲハの吸水 »

昆虫」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 武田尾異変 | Main | モンキアゲハの吸水 »

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ