« さんちゃん祭りでマミジロ♀ | Main | アオバセセリと春のトンボ »

May 13, 2012

ヒバリ&シルビア

Hibari2212
母の日のよく晴れた日曜日だというのに今日は仕事がありました。昼からの仕事なので午前中はフリーなのですが、短い時間では遠くに撮影に行くわけにはいかないので原付に乗って再び河川敷にシルビアシジミを探しに行くことにしました。今回は前回よりも少し川上に向かって歩きながら探したのですが、なかなかシルビアには遭遇しません。今日は日曜日なので河川敷は少年野球の練習で人口多目でちょっと蝶探しには向いてなかったかな・・・。土手の下にネットマンがシルビア狙いでうろついているのがわかったので、そこから引き返しはじめたときにヒバリがすぐ近くでホバリングしてるのに気がつきました。かなり低いところでホバリングしてたので300㎜でテレコンもつけずに撮影して上の画像です。トリミングもしてません。

Sirubiasijimi1112橋の下近くを通りかかったときにやっとシルビアシジミ♀をみつけました。かなり羽がいたんでますが、メスのシルビアでクローバーに産卵してるようです。シルビアシジミというとミヤコグサを食草としていて、このミヤコグサが少なくなったことが数を減らした原因といわれています。ここのシルビアはミヤコグサの代わりにクローバーやヤハズソウを食草として繁殖してるそうです。

Sirubiasijimi1212きれいなオスのシルビアシジミの羽の表側・・・でいいと思います。シルビアかどうか羽の裏側を見て確認しようとしたのですが、残念ながら逃げられてしまいました。ヤマトシジミのオスよりは羽の縁取り部分が太目なので間違いないとは思うのですが、絶対というわけではないので悪しからず。

Sirubiasijimi1312クローバーで吸蜜するシルビアシジミ♂ 。ヤマトシジミと比べて後翅の斑点が一か所内側にずれてるのが決めてなのですが、見慣れてない人のblogの画像を見るとヤマトシジミを撮影してることが多いです。シルビアの生息地でもヤマトシジミは多いので要注意ですね。そこらへんにいてるようでは絶滅危惧種Ⅰ類の値打ちがありませんけど、ここではごく普通にいてるように思えます。絶滅危惧種Ⅰ類を鳥に例えるとクロツラヘラサギとかヤイロチョウクラスの珍蝶が河川敷を飛び回ってるということなるのかな?

« さんちゃん祭りでマミジロ♀ | Main | アオバセセリと春のトンボ »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« さんちゃん祭りでマミジロ♀ | Main | アオバセセリと春のトンボ »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ