« ギフチョウ40分 | Main | キビタキ@尼崎 »

April 19, 2012

今日のABA

Tyuusyakusigi11212

ようやく淀川にシギ類がやってきたというので干潟のほうに行ってきました。ここは干潟の外側に鳥がいてるのでいつ行っても何を撮っても遠いんですけど、身近な干潟ということだけが利点です。遠くにちらっとムナグロらしいのも見えたのですがすぐに見えなくなってしまい、噂のオオソリハシシギとかメダイチドリなんてのもいてるけれど遠すぎて撮ろうという気もおきません。でも、今季初撮影のシギチなので証拠写真だけでも撮ることにしました。

Oosorihasisigi1112やっと干潟の北側でまともに見ることができたオオソリハシシギ。ちょっと斑な感じやけど一応夏羽といってもいいでしょう。

Tyuusyakusigi1112チュウシャクシギも4羽いてました。毎年同じものを撮ってると変わり映えしませんが、チュウシャクシギはいかにもシギ!といった感じがします。今日はちらっとそれらしい姿を部分的に見せてくれたムナグロを撮りたくてねばってみたのですが、ついにその姿を撮ることはできませんでした。どちらかというとムナグロは田んぼなんかのシギチなのでこういった汽水域にはあまり来ないかもしれません。

Segurokamome1112_4大きなセグロカモメとそのまわりにいてるユリカモメたち。ユリカモメも大半が頭が黒くなって夏羽になってますね。そういえばこのセグロカモメはどこにも斑点のないきれいな白い頭をしてます。これもきっと夏羽だからでしょうね。

Tyougenbou1412_2ここはこんなもんかなということで最近は桃の花がらみで人気のツリスガラを見に行くことにしました。途中のチョウゲンボウのポイントでゆっくりと餌を探しながら飛ぶチョウゲンボウを発見。たいていここのチョウゲンボウは鉄橋を越えたあたりで見かけるのですが、今日は鉄橋手前を飛び回ってました。

Momo1112これが遠目に見た桃の木。紅、白、ピンクの咲き分けで八重咲の花でした。残念ながら今日はツリスガラはお留守のようでカメラマンもいてませんでした。お天気がよくて暑いぐらいの陽気でしたのでここまで歩くともう疲れてしまってツリスガラがよくいてる先の葭原まで行こうという気がおきずここで一休みしたらUターン。

Daisagi1212再び干潟をのぞくと、カモメにまじって首の長いダイサギが魚とりの真っ最中でした。

Daisagi1112目のあたりがきれいな緑色になってますね。婚姻色というやつですが彼氏か彼女を募集中なのでしょうか?そういえばオスとメスの違いってあるのかな?

Medaitidori1112すでに潮が満ち始めていて、オオソリハシシギなどもすっかりお休みモードで動きはありませんでしたが、メダイチドリはやや近い目のところに出てきたように思えたので大きくトリミングしてますが今季初の記念写真を撮り、今日はこれまで。

« ギフチョウ40分 | Main | キビタキ@尼崎 »

「野鳥」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« ギフチョウ40分 | Main | キビタキ@尼崎 »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ