« 春のお山は大賑わい | Main | キビタキ♂@近くの公園 »

April 12, 2012

春なので

Kotubame1112お天気もいいし桜も咲いてるしということで今日は蝶々探しにでかけました。できればギフチョウなんかにお目にかかれたらいいののですが、これがなかなか遭遇しないんですよねえ・・・。でも今日はギフチョウと同じくスプリング・エフェメラルのうちの一つコツバメにすぐに遭遇しました。それそろ終わりに近づいてるアセビの花に吸蜜にきてました。アセビはコツバメの食草でもあります。

Syoujoubakama1112いつもの湿地の休憩所にショウジョウバカマを見つけました。ショウジョウバカマというともっと寒い時期に咲いてるというイメージがあるのですが今が盛りといった感じです。

Ikaru1112なにか鳥の鳴き声がするので声の主を探していてやっとみつけたイカルです。今日はツキヒホシーという鳴き声ではありませんでした。イカルを撮ったのはものすごく久しぶりで、なんか新鮮な気がします。世間では夏鳥がもう飛来してるのですが、今日撮影できた鳥はこのイカルただ一羽で、あとはカワラヒワにホオジロ、メジロ、ツグミぐらいしか目にしてません。

Miyamaseseri1112そしてこれもスプリング・エフェメラルのうちの一つ、ミヤマセセリです。ヒメオドリコソウで蜜を吸ってましたが、今日ぐらい気温が高いとものすごく活発に動くので姿はみてもなかなか撮影はさせてくれませんでした。

Otunentonbo1112_2丘の上に上る階段のところで笹にイトトンボがとまったのですが、その時は撮影できずに逃げられてしまいました。あんなところでトンボに出くわすということは池に行けばもっと見つけることができるかもということで行ってみると、なんとメインのトンボ池は水を抜いて生えてた葦やらガマやらを整理してるみたいで、これはあかんかなとは思いましたが、水の残ってる小さな池をのぞくとちゃんといてるやないですか( ^ω^ )

Otunentonbo1212_4じつはこの時点ではこのトンボの種類はわかっていませんでした。あとで撮ったホソミオツネントンボのメスぐらいに考えていたのですが、尾の先を見たらかぎ型になってるので、これはオスやし、ホソミオツネントンボとは背中の筋の入り方も違ってます。ということでこれはなんと、いまさらながらとは思うのですが初めて撮影したオツネントンボ♂だということが家に帰ってからわかりました。あまりに地味なもんでホソミオツネントンボのオスばっかり探してたんですよね・・・ライファーやったらもっと沢山シャッターをきればよかった┐(´д`)┌ヤレヤレ オツネントンボのオツネンとは越年、つまり越冬のことで、このオツネントンボとホソミオツネントンボとホソミイトトンボが成虫で越冬可能なトンボです。

Hosomiotunentonbo1112_3こっちがホソミオツネントンボ♂。ちょっと逆光気味なので撮りやすい場所に移動させようと思って一脚の先で追ってたらどこかにそのまま飛んで行ってしまいまともなのはこれ1枚だけなんですよ。

Tukusi1112_3土筆もたくさん出てました。うまい具合に大好きなオオイヌノフグリの花とのコラボレーションです。いや、春らしいですなあ~

Sinsanda1212_3帰りに武庫川の土手にあがって桜なんかも撮ってみました。十分に見れますが、まだ満開とはなってないようでした。しかし、ちょっとここであれ?と思ったことが。いつもこの時期にここに来るとニュウナイスズメがたくさんいてて桜の花の蜜を吸ってるのに今日は一羽のニュウナイの姿も見つけることができませんでした。冬鳥の不作はニュウナイスズメにまでおよんでいたのでしょうか?ニュウナイで有名な奈良公園や背割り堤は今年はどうなんでしょうね。

Sakura1112_3春らしく夕方の桜を背景ボケに利用したピンクの中の桜を一枚。今でこそ鳥とか虫とか撮ってるけど昔カメラを始めたころは主に花の写真を撮ってたので背景を選んで撮ってしまうんよね。

« 春のお山は大賑わい | Main | キビタキ♂@近くの公園 »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 春のお山は大賑わい | Main | キビタキ♂@近くの公園 »

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ