« 春の息吹 | Main | なんと星椋鳥が! »

March 11, 2012

おけいはんの鳥見

Joubitaki2212あんまり淀川の上流に行くことがないのでここらへんを歩いたのは2度目です。目的は今日もベニマシコ♂、今日はお天気もよさげでちょっと風があるもののたいしたこともないし、気温も高い目だったように思います。河川敷の道をテクテクと歩くとあちこちからウグイスの声がきかれ、カワラヒワの集団をよく見ました。しかし、お目当ての鳥はどこにもいてません。そんな時に一人のカメラマンがなにかを撮っているようすだったのでのぞいてみるとジョウビタキ♂がブッシュの中にいてました。

Joubitaki2112なかなかブッシュの中から出てこないけれど久しぶりなのでちょっとだけねばって出てきたところを撮りましたが、やや遠目なのがさらに遠い場所へと移動していきます。最近はジョウビタキもまともに撮ることがなかったので撮れてよかったと思います。

Benimasiko2112で、ベニマシコはというと川沿いの樹木がとぎれて川面が近くに見えるあたりまで上ってきてやっとメスが一羽撮れました。鳴き声をあてにして探してるとヒヨドリやジョウビタキの声までベニマシコの声のように思えてくるので混乱してしまいます。

Kawaaisa1112川をのぞくと今日はわりと近めの場所にカワアイサがいてました。近めといっても淀川で見るカワアイサはかなり距離があるのでもちろんトリミングしてます。

Kawaaisa1212オスのカワアイサもいてるんですが、さらに遠い場所を泳いでいました。以前撮影した宇治川ぐらいに近ければいいのですけどね。

Benimasiko2212さて、時間をかけて淀川をさかのぼったもののベニマシコ♂の姿はみつけられないのですでに一駅分は歩いたけれどこのまま帰るかどうか思案してるとどこからかコジュケイの声が・・・声はするけれどコジュケイの姿ってなかなか見つけられないのでそこにしばらく立っているとまたまたベニマシコが川沿いの木にとまりました。2羽いてるのでどちらかはオスなのではと期待したのですが、どうも2羽ともメスみたいで赤くは見えません。それでも2羽が同じ画面に入るということががいいので何枚か遠いのを撮りマシコ(笑) なんか暗くなってきて雨がポツポツ降り出したので帰ろうとするとふたたびコジュケイの声が!しかも、ものすごく近い。手前の草と灌木で姿は見えないけれど絶対にすぐ目の前にいてるはずと思ってると、さっと移動してブッシュの中に消えていきました。もちろんカメラにとらえられるような動きではありません。コジュケイにもベニマシコ♂にも雨にまでふられた今日の鳥見でした。

Hirakatasi駅までの道の途中で少し雨宿りをしてたときに目の前のマンホールの蓋にちょっと興味がわきました。ここはヒラパーの菊人形なんかが有名なので菊の花はすぐにわかったのですが、その下に描かれてるものはなんなのか?しばらく見えていてこれは昔淀川を上ったり下ったりしてた三十石舟では・・・。帰ってから調べると広重が描いた絵に同じ構図のものがありました。ということですっきりしたところで今日はおしまい。

« 春の息吹 | Main | なんと星椋鳥が! »

「野鳥」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 春の息吹 | Main | なんと星椋鳥が! »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ