« 紅猿子♂が撮れましコ | Main | やっぱりムギマキだった »

March 22, 2012

頭黒無い鷗と鵲

Zugurokamome1212まだ見たことのないズグロカモメというカモメを見に連れて行ってもらいました。わりと近くまでは電車で行ったことはあるのですが、土地勘もないし違うものを撮ってきてもしかたがないのでよく知ってる人に連れて行ってもらうのが一番なんですよね。

Zugurokamome1112目的地に到着して河口の土手の上から下の干潟のあたりを見下ろすとよくいてるというあたりにはその姿はなし。さらに先まで行くがカメラマンの姿もほとんどなく鳥も少な目。第一よく見かけるユリカモメがどこにもいてない。こら、はずれを引いてしまったかなと思ってると一羽だけ白い鳥を発見!遠いので画像を見てもらったらこれに間違いなさそうです。

Zugurokamome1312ほとんど人もいてないので下に降りて撮ることにしました。ズグロというくらいだから頭が黒いのんが撮れることを期待してたのですがいてたのはまだ頭が黒くなっていない冬羽の若い個体が一羽だけでした。図鑑には西日本には多いように書いてあるけれどここ以外に近隣で見られる場所なんかほとんどきいたことありません。世界的に見てもズグロカモメは数の少ない鳥なんだそうです。

Zugurokamome1412せっかく来たのでずぐろくないカモメでもいいから撮らさせていただきました。遠いけど飛んでるのも撮ったりして・・・。

Umiaisa3112干潟のあたりにウミアイサのペアが入ってきました。ちょっとここは甲子園なんかよりも遠くに見えるのでやっぱり要トリミングです。いままでウミアイサはなんども撮っているけれど今までと違ったことがありました。

Umiaisa3212オスが上を向き体を浮き沈みさせてディスプレイを見せてくれたことです。でも、メスが飛んで行っていなくなってもするのに何か意味でもあるのでしょうか。帰ってきてくれ~!とでも言ってるような・・・。

Umiaisa3312    Umiaisa3412
ウミアイサのパタパタ              助走をつけて飛ぶところなんかも見れました。

Kasasagi1112河口はこんなもんでいいかなということで午後からはカササギを撮りに行くことにしました。まずは国宝のお寺とかいうのに行ってみましたが、ぜんぜんカササギの姿はなし。一度だけ声はきいたけれどそれだけ。ここはやはり公園の方に行くべきやなということで松林の公園のほうに転進。ぶらぶらと上を見ながら歩いてるとどこからかガシャガシャという金属的な鳴き声が・・・ここではカササギが今年も巣作りをしているので木が多くて撮りにくいようにも思うけど遭遇率が高いのがいいですね。

Kasasagi1212
残念ながら今日のお天気では空抜けの写真を撮るとまったくきれいでないというのが難点ですね。羽の青く見える部分も下からではわかりません。

Kasasagi1412以前に撮った時に気がついたのだけれどこの羽の青く見える部分は光の当たり具合や見る角度によっては青く見えないことがあります。羽の青がきれいに撮れるとカササギの目が今度はまったくどこにあるのかわからなかったりして、いい感じのものを撮るのがとても難しいです。

Kasasagi1312カササギは賢いので安心して餌を探せるのはフェンスに囲まれた場所なのを知ってるのでしょうか。ここは駐車場の中なんですよね。大きな鳥を相手なのでテレコンは不要だろうと思いはずしたのは失敗でした。隠れるところもない場所なので接近できずあんまり大きく撮れませんでした。したがってやっぱりトリミングしてます。

« 紅猿子♂が撮れましコ | Main | やっぱりムギマキだった »

「野鳥」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 紅猿子♂が撮れましコ | Main | やっぱりムギマキだった »

December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ