« 新淀川御三家 | Main | 初めての湖北1・オオワシ »

February 20, 2012

キマユムシクイ

Kimayumusikui1112 昨年末ぐらいからいてるといわれてるキマユムシクイとかいうのを撮りに行きました。良い子の図鑑には名前すらのってないのでたぶん珍しいんではないかなあ・・・というぐらいしか認識してない鳥です。今日はここらへんに現れるといわれてる場所でお出ましを待ってると丘の下のトイレあたりにいてたという情報があり、さっそくそちらの方へ移動。明るい場所に来るという人もあるので丘に上りながら探そうとしてたらいつのまにやらジーパンに草の実がびっしりついてしまいえらいことに(。>0<。)鳥を探すよりも草の実を取ることに熱中してると暗いほうに行ってた人たちからこっちにおるでえという声が!ジーパンの草の実模様をそのまんまで臨戦態勢にはいりました。ぜんぜんじっとしてないメジロほどの小さな鳥がたしかに見え隠れしてました。この暗さと背景の明るさからを考えて設定をスポット測光にして臨みましたが、やっぱりうまくは撮れませんね。日のあたってるのも撮りましたがほとんど色がでてません。

Kimayumusikui1212 テレコンをかましたままでは80分の1や60分の1というスピードでしかシャッターがきれないことが多くてキマユムシクイの動きを止めることができずにほとんどがボツでした。もしまた撮影する機会があるならば大きさは犠牲にしてでも早いシャッターがきれるようテレコンはつけないでおこうと思うのでした。帰ってから調べるとキマユムシクイというのは旅鳥で日本海側の離島とか南西諸島などにやってくる数の少ない鳥だとか、そういえば数は知らんけどナンチャラいうモズもそんなことが書いてあったような・・・今年は冬鳥が少ないぶんこういった珍鳥で帳尻あわせをしてるような気がします。

Kijibato1112 ほかになんかおらんかなと思って探すものの今日はカモ類でさえ遠く数が少ないときてます。忘れた頃になにやら猛禽類が空を飛びますが気がつくのが遅くてまったく撮れません。建物の中から唯一見れるものといえば白い実のついたナンキンハゼにとまってるキジバトのみ。白いナンキンハゼの実がきれいに思えたので今日は普通のキジバトも撮ってみたりしてcoldsweats01 

さて、最近愛用のパソコンの調子が今ひとつ さえません。もう10年ぐらいつかってると思うのでそろそろ限界かな?電源をいれて起動しようとすると、動き出すまでに途中でブチッと途切れたり、作業中にもバッタリと気を失ってくれます。だいたいいまどきWin Meのパソコンなんて使ってる人なんかいてないよねえ・・・とっくの昔にCDドライブなんかも死んでる状態で なんにも読み込むことができへんし、データを救済しようと外付けハードディスクをつなごうとしてもどうもうまく認識できないみたい、それにもう容量が一杯で いらん画像データなんかを消しながらやってるんよね・・・こうしていても いつダウンするか心配になってきます。以前は中をあけて ファンの下にたまったゴミを取り去ったら なんとかなったこともあるけど 最近では コンセント抜き差し て気合をいれんとうま く動か nような ・・ アっ 

« 新淀川御三家 | Main | 初めての湖北1・オオワシ »

「野鳥」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 新淀川御三家 | Main | 初めての湖北1・オオワシ »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ