« January 2012 | Main | March 2012 »

February 2012

February 29, 2012

初めての湖北2・オオヒシクイ

Oohisikui1312新しいパソコンを買ったのでそれをインターネットにつなぐのに時間がかかって湖北の写真の続きをいれることができませんでした。なんとか接続できたと思ったら今度は今までみたいにカメラから画像をパソコンに取り込むことができなくなりもうわけワカメ状態でした。不眠不休の努力の結果ようやくblogを更新できるぐらいまでは進展したので今日は先日の湖北で撮影したものからオオヒシクイを載せます。

Oohisikui1212ガンの仲間はほとんど撮ったことがなかったのでオオヒシクイはちょっと楽しみにしてたんですよね。雪がやんでオオワシの所から水鳥センター前に戻ってくころにはとほとんどのオオヒシクイはお休みモードに入りだして顔をあげてるのがなかなか撮れません。オオヒシクイは夜に活動して草や根なんかを食べるみたいですね。月に雁なんてよくいいますが、夜行性の雁なら月夜に飛んでいてもおかしくはないのかも?

Oohisikui1412オオヒシクイのVの字編隊飛行なんか撮れたらいいのですが、何度か群れで飛んでるのは見ましたが低空を飛んでるせいか、なんかバラバラとまとまりなく飛んでるといった感じに見えました。でも、大きな鳥ですのでなんともゆったりと飛んでいて、いい感じに写ってるものもありました。

Oohisikui1512私の中ではオオヒシクイは冬枯れの田んぼの中にいてるというイメージだったので、泳いでる姿がちょっと珍しく思えました。水鳥ですので泳いでいても不思議でもなんでもないんですけどね。

Oohisikui1612水鳥センターの人にきくとここにいてるのはオオヒシクイばかりでヒシクイはいてないそうです。ヒシクイというのは水草の菱の実を好んで食べることからついた名前だとか・・・まあヒシクイがいてても区別はつかんと思うけどね。琵琶湖はオオヒシクイの越冬地としては南限でオオヒシクイは天然記念物なんだそうです。環境省のレッドデータでは準絶滅危惧種だったと思います。

Oohisikui1712葦が手前にはいるのもなかなか風情があるように思うんですが、そろそろ光線の向きが悪くなってきたのでここはこれまで。次はコハクチョウの予定です。

February 26, 2012

初めての湖北1・オオワシ

Oowasi1312 いままで電車と歩きでは遠いので行ったことのなかった湖北に今日は連れて行ってくれるという人があったので行ってきました。さすがに琵琶湖は南北に長く、最初琵琶湖のそって北上しはじめた時点では雨であったのが北側を走るころには雪にかわっており、最初立ち寄った場所では雪も強く降り出したので何も見つけることができずに移動することにしました。

Oowasi1112 道の駅で食事をとり有名なオオワシを見に行くことにしました。確かにオオワシはいたましたし、ものすごくいい場所に今日はとまってるようでしたが、↑ごらんのように雪と強風で写真にはちょっと・・・という具合でした。

Oowasi1612_2   しかし、適当に証拠写真のつもりで遠いのを撮っていたらそのうち雪もましになってきたのでおもいきって近い場所に移動して撮影することにしました。このオオワシは毎年ここにやってくるようですが、もうおばあちゃんなんだそうです。元気どすなあ(o^-^o)

Oowasi1812 最初に見たときとは向きがかわってる以外に動きもないようで、雪もいつのまにかやんでなんとかオオワシらしい姿も撮れたので今日は満足です。ちょっとパソコンと時間の都合があって他にも撮ってはいるのですが残りはまた順次載せていくことにしますので今日はこれまで。

February 20, 2012

キマユムシクイ

Kimayumusikui1112 昨年末ぐらいからいてるといわれてるキマユムシクイとかいうのを撮りに行きました。良い子の図鑑には名前すらのってないのでたぶん珍しいんではないかなあ・・・というぐらいしか認識してない鳥です。今日はここらへんに現れるといわれてる場所でお出ましを待ってると丘の下のトイレあたりにいてたという情報があり、さっそくそちらの方へ移動。明るい場所に来るという人もあるので丘に上りながら探そうとしてたらいつのまにやらジーパンに草の実がびっしりついてしまいえらいことに(。>0<。)鳥を探すよりも草の実を取ることに熱中してると暗いほうに行ってた人たちからこっちにおるでえという声が!ジーパンの草の実模様をそのまんまで臨戦態勢にはいりました。ぜんぜんじっとしてないメジロほどの小さな鳥がたしかに見え隠れしてました。この暗さと背景の明るさからを考えて設定をスポット測光にして臨みましたが、やっぱりうまくは撮れませんね。日のあたってるのも撮りましたがほとんど色がでてません。

Kimayumusikui1212 テレコンをかましたままでは80分の1や60分の1というスピードでしかシャッターがきれないことが多くてキマユムシクイの動きを止めることができずにほとんどがボツでした。もしまた撮影する機会があるならば大きさは犠牲にしてでも早いシャッターがきれるようテレコンはつけないでおこうと思うのでした。帰ってから調べるとキマユムシクイというのは旅鳥で日本海側の離島とか南西諸島などにやってくる数の少ない鳥だとか、そういえば数は知らんけどナンチャラいうモズもそんなことが書いてあったような・・・今年は冬鳥が少ないぶんこういった珍鳥で帳尻あわせをしてるような気がします。

Kijibato1112 ほかになんかおらんかなと思って探すものの今日はカモ類でさえ遠く数が少ないときてます。忘れた頃になにやら猛禽類が空を飛びますが気がつくのが遅くてまったく撮れません。建物の中から唯一見れるものといえば白い実のついたナンキンハゼにとまってるキジバトのみ。白いナンキンハゼの実がきれいに思えたので今日は普通のキジバトも撮ってみたりしてcoldsweats01 

さて、最近愛用のパソコンの調子が今ひとつ さえません。もう10年ぐらいつかってると思うのでそろそろ限界かな?電源をいれて起動しようとすると、動き出すまでに途中でブチッと途切れたり、作業中にもバッタリと気を失ってくれます。だいたいいまどきWin Meのパソコンなんて使ってる人なんかいてないよねえ・・・とっくの昔にCDドライブなんかも死んでる状態で なんにも読み込むことができへんし、データを救済しようと外付けハードディスクをつなごうとしてもどうもうまく認識できないみたい、それにもう容量が一杯で いらん画像データなんかを消しながらやってるんよね・・・こうしていても いつダウンするか心配になってきます。以前は中をあけて ファンの下にたまったゴミを取り去ったら なんとかなったこともあるけど 最近では コンセント抜き差し て気合をいれんとうま く動か nような ・・ アっ 

February 16, 2012

新淀川御三家

Hikuina1112 前回はハイタカは撮影したけれどそれ以外の鳥は探さなかったので今日も出かけてきました。できたらベニマシコ♂を撮りたかったのですが今日はそれらしい声の出演のみで姿はなしでした。昨年はここに行くとコホオアカ、ホオアカ、ヒクイナが撮影できたのですが、今年はコホオアカがいてないようなのでコホオアカの代わりにハイタカをいれて御三家というのはどうでしょうね。先ずは水路にいてるヒクイナから。ヒクイナの泳ぐ姿ってはじめて見ました。

Hikuina1212 ちょっと顔がきついので可愛く見えないかもしれません。でも、隣のバンと比べると小さいのがよくわかります。ゴミだらけの場所なのでゴミが入らない画像があんまりないんですよね・・・。

Hikuina1312 あまり人を怖がらないようですぐ目の前を歩いてきてくれましたが、あまりにも近すぎてうまく撮れませんし、つねに歩いているのでシャッターをきった時にはもうかなり前進してます。絵的にはバランスが悪いのでボツなのですが、赤いノイバラの実との取り合わせがよかったので載せておきます。ヒクイナは絶滅危惧種Ⅱ類の貴重な鳥なんですが、それがこんなに身近に見れるなんて淀川もええとこです。

Haitaka2112 それでハイタカは現場に到着したときはいてなかったのですが、いつのまにか隅っこの下の方にとまってました。

Hooaka1412 動かないハイタカをじっと見てるのも退屈なのですぐ近くの昨年ホオアカとかコホオアカを撮ったポイントへ。知り合いと話をしてたらいつのまにか目の前に。あわててカメラを構えるとちょっと移動してしまいました。

Hooaka1212 やや雲が多かったものの青空とススキの穂をいれてきれいなのが撮れました。最近空抜けの写真を撮ってなかったのでいつの間にかCCDにホコリがついてるのに気がつかず、カメラの手入れ不足でせっかくのきれいな画像なのに玉に瑕ですね。それにしてもベニマシコ♂が今年はどうしても撮れません。ここなら絶対に大丈夫という場所はないもんでしょうか。

February 12, 2012

ルリビタキ2号、3号

Ruribitaki2112 私としては珍しく2連休となったので一日ぐらいは家でごろごろもいいかもと考えてたのですが、お天気もよさげだったので今日も出かけてしまいました。今日のターゲットはベニマシコときめていつもの無人駅へGO。先ずはセイタカアワダチソウがこんもりと茂ってる上流のポイントへ。ゆっくりめの出撃だったのでポイントに到着すると同好の士が3名ばかりいてましたが何かを撮っている様子はなし。1時間ばかりここでベニマシコを待ちましたが水際でうろついてるのを一度見ただけで撮れません。今日はルリビタキもおったということで期待してたのですがシャッターをきらしてくれるものには遭遇せず。仕方ないので下流側に移動することに、ここは道にそって所々にヌルデの木なんかが生えていて実もよくついています。それを食べにジョウビタキなんかがよくいてるのですが、今日はなんと例年ジョウビタキが縄張りをはってる駅前通りを通過中にルリビタキ♂が目の前を横切りました。

Ruribitaki2212 ルリビタキ♂は今期2度目ですが、前回はちょっと距離があったのに今日はものすごく近かった。しかし、ものすごい枝かぶりで電線も邪魔をしてちょっと撮りにくかったんですよ。どうやらこのルリビタキは紫色の小さな実を食べてたみたいですけど、これはなんでしょうね。コムラサキかムラサキシキブの実のようですけど、色つきの実と青いルリビタキもいいですね。

Kogamo1112 ぬかるみの道を歩きましたが、かなり距離のあるゴチャゴチャの奥にベニマシコの姿は見たけれど撮れるわけもなく、草刈をされて隠れる場所もない一本道を歩くので30mぐらい前から鳥は逃げ出し収穫はなし。ルリビタキのメスはヌルデの木の上をちょろちょろしてたのは見ましたが撮れずでした。しかたなく渓谷の流れを泳ぐコガモを撮って引き返しました。

Ruribi2412 上流のポイントにもどって鳥をまっているとセイタカアワダチソウの中から何かが川のほうの茂みに飛び込んでいったのが見えました。川のほうをのぞくと、またルリビタキのオスです。こんどのは先ほどのものよりもどことなく色が薄いように思いましたがこちらは青い羽を存分に見せてくれました。つまり後姿ばっかりということ・・・。

Ruribitaki2312 あんまり愛想のよいほうではないけれど何枚か撮影させてくれたのち川べりの木に移動していきました。今年はなかなかルリビタキにお目にかかれないといわれてましたが、ここにきてやっとルリビタキも増えてきたみたいですね。でも、ルリビタキって大陸から渡ってくるんじゃなくて夏のあいだ高山ですごしてたのが下に移動してくるので日本の冬もここにきてやっと本格化したということになるのかも。

February 11, 2012

マミチャジナイとアオゲラ

Mamityajinai1212 マミチャジナイが集団ではいったらしいという情報をキャッチして久しぶりにヘルメットマウンテンまで行ってきました。ここはいつもかわった鳥がいてるわけではなく普通の鳥しかいてないというイメージがあるのですっかり忘れてました。でもどこに行っても鳥が少ない今期は普通の鳥でも目にできたらうれしいんですよね。

Aoji1112 先ずはアオジさん。道端に出てきて餌を食べてる姿を目一杯大きく撮影させてくれるなんてとってもサービスのいいアオジさんでした。

Mamityajinai1112 目的のマミチャジナイはというと傘型噴水のところから楠の広場にあがるところで発見。頭が濃いグレーなんでオスなんかな?マミチャジャないということはないよね。

Mamityajinai1312 よっしゃ、も少し近づいて撮ったろと思って前進すると前方から人が・・・。マミチャジナイは茂みの中に避難してしまいました。その後クスノキの中から下に降りることがなく枝どまりは撮りましたがぱっとしません。まあ。目的の鳥は撮れたのでほかのものを探しに広河原方面へ。ベニマシコがいてたらいいのにと思って探しましたが、今日は声も聞こえてきません。ホオジロとかただモズとか、ジョウビタキの愛想の悪いのを遠くに見ただけでした。

Akahara1112 公園内にもどってくるとマミチャジナイはさっきの木にはいてなかったけど、おっきい方の噴水そばの松の木にいてました。ただ、葉隠れ枝隠れでまともに撮れる場所ではないので撮ってません。そんな時ちょっと離れた木に何かが飛んできてとまりました。お、これも今期初お目見えのアカハラじゃありませんか。ちょっと遠いけどカシャcamera

Aogera1112 ここはこんなもんでしょうということで帰ることに。そういえば先ほど出会った人が5番トイレあたりで今日はアオゲラが目撃されてるということを言ってたので、そっち方面を回ってみることに。トイレ目前でハイタカらしい猛禽がそっちの木立に飛び込んでいくのが見えました。5番トイレは以前はきれいなルリビタキが出るのでよく行った場所ですが、猛禽がおるようでは鳥は期待できないなということで、そのまままっすぐ梅林へ。ここの梅林はジョウビタキやらルリビタキが以前はきてたのに今期はまったく鳥の気配なし。休憩所で腰掛けてカメラのレンズからテレコンをはずして帰りかけたとき前方の木に鳥が飛び込んで幹に張り付いたように見えました。コゲラにしては大きいのでもしやと思ってカメラを持って近づいていくとやっぱりアオゲラですやん!

Aogera1412 頭の赤いとこが見えないので後のほうに回ってみたらえらい枝かぶりでさっぱり。たぶんメスではと思うのですよ。最初のとこがまだましかな・・・元の場所に戻ろうとするとアオゲラはちょっと移動しました。

Aogera1512

さらに枝かぶりで見えない場所に・・・もっとぬけのいい場所にこんかいなあ・・・

Aogera1212 あら、またさらい高い場所へ移動したわ、今度はまだ見やすい場所やけどお腹ばっかしやねと思いながらもカシャカシャとってたら、あんまり補正してないことに気がつきました。いそいで測光パターンをスポット測光に切り替えて撮ったけど、2カットシャッターをきっただけで今度はお山のほうに飛んで行ってしまいました。たくさんシャッターをきったもののお腹ばっかりでしかも黒つぶれ気味の写真を量産してしまいました。またもせっかくのチャンスを今一ものにできないとは修行が足りませんわ(u_u。)

February 09, 2012

チョウゲンボウ♀

Tyougenbou1112 今期はまだベニマシコのオスを撮影してないのでベニマシコ狙いでキツツキの森までいったのですが、まったくのボースで一回もシャッターをきってません。ホオジロとかジョウビタキ、アオジといったものも姿は見たもののぜんぜん撮らしてもらえませんでした。おそらくベニマシコだったのではというのもチラリとは見たのですが、草の下の方を移動してたり飛んで逃げるのをちょっと見ただけで終了。しかたがないので昨日撮影したチョウゲンボウ♀を貼っておきます。このチョウゲンボウは2度現れて一度目は田んぼの向こうの建物の上に現れたので田んぼにいてたムクドリや雀、鳩なんかはすぐにどこかに行ってしまいました。チョウゲンボウのあとを少し追いかけてみたのですが逃げ足が速くて近くで撮ることはできませんでした。

Tyougenbou1212 まあチョウゲンボウをあてにしてたわけではないのですが、街中でチョウゲンボウは珍しいんですよね。猪名川が比較的近いのでおそらくそこらへんから飛んできたのでしょう。これで終りと思ってたらもう一度お出ましがありました。こんどは近くの会社の建物上のとまったので少しだけ追いかけてちょっとは大きめのんが撮れましたが、それでも高いとこにとまったのでこんなもんです。

Tyougenbou1312 んで、すぐにまた飛んで建物の向こう側にいってしまったのでこれ以上は追いかけるのはやめました。チョウゲンボウは何度も撮ってはいるけどたいていオスでメスのチョウゲンボウはあんまり撮ったことがないんですよね。

February 05, 2012

ハイタカとオオジュリン

Haitaka2112 先日、緑地でせっかく目の前の木に降りてくれたのにうまく撮影することができなかったハイタカのリベンジに行ってきました。リベンジとはいっても緑地ではなくて淀川にいてるというたいへん愛想が良いと噂されてるハイタカです。ポイントに到着するとハイタカはすでに枝にとまっており、あまり高くない木の中ほどにいてました。それにしてもとっても近いです。

Haitaka2412 どうも正面からだと枝かぶりがひどいようなのでやや離れた場所から撮ることにしました。人にきくとずっと同じ場所にとまっていて動きがないそうです。

Haitaka2512 しばらくしてやっと向きを変えてくれました。後から見ると羽のところどころに白い斑紋があるので幼鳥のメスであろうということでした。

Haitaka2312 時々伸びをしてエンジェルポーズなんかも見せてくれます。ここのハイタカは散歩の人なんかが雀や鳩に餌をやることを知っていてそれを狙って現れるのだとか・・・。今日は狩りの様子を見ることはできませんでした。

Oojurin1112 お昼ごろにハイタカは遠くに飛んで行ってしまったので、知り合いの人誘われてもう少し上手のノビタキを見に行くことにしました。この時期に夏鳥のノビタキが見られるというのはおかしなことですが、この寒空にここで越冬するつもりなんでしょうか?どうもノビタキの姿はみつからないので他に何かいてないかと探していたら今期お初のオオジュリンが現れました。

Oojurin1212 葦の中にいてる虫を探して葦をかじってまわりますが、なかなか撮り易い場所にはとまってくれません。「君、最近きれいになったね」ともっぱらの噂のアカハシハジロも見ておきたかったのですが、我々が探しに行く少し前に下流のほうに飛んで行ったそうなので今日は見ることはできませんでした。

Nobitaki1112 引き上げる途中でほかのカメラマンのかたがノビタキを見つけて撮っていました。しかし、ものすごく愛想が悪くてとても撮影できる距離まで近づくことができません。遥か彼方のんを撮ってトリミング大の証拠写真です。ということで本日はこれまで。

February 02, 2012

三度目の正直

Kuroturaherasagi1912 この池にクロツラヘラサギが現れたという情報があるたびにJRに乗ってプチ遠征をして今日で3度目、ついにクロツラヘラサギを写真に撮ることができました。以前南港野鳥園にクロツラが現れたときも撮ったことはあるのですが、あそこはなにを撮っても遠いうえにちょうどいつものレンズを修繕にだしていたので豆粒ほどのクロツラしか撮ったことがなかったんですよね。

Kuroturaherasagi1112 今日のように強風で雪も降ろうかという天気の日にこんなとこまで行くなんて無謀やとは思ったんですが、小さい鳥はこんな風の日は見つからないし、撮りにくいだろうと考えて多少離れていても大きい鳥を撮るのがよかろうと思ったからダメ元でクロツラ探しを決行したのでした。さて、池について今日はどうかなと思いながら池をのぞくとなんと今日はいてくれました。どうも池の東側の水辺を餌探しに首を振りながら北にいったり南に行ったりを繰り返してるようでしたが、この場所ではちょっと遠めかな・・・。

Kuroturaherasagi1212 も少し南側の開けたあたりでちょっとだけ上陸してくれました。それでもこれぐらいの大きさ。池の縁はガクッと下がってるもので下向きの首ぐらいがのぞくといった感じに見えることが多く、ちょっとここも撮影場所としては今ひとつ。

Kuroturaherasagi1312クルツラは あちらに行けばこちらに移動するといったふうでどうも思い通りには撮らしてくれません。南側の道路沿いは見通しはよかったけど、さらに遠い反対側に飛ばれたりしてうろうろさせられるばかりで寒さと強風の中、体力を消耗してしまいます。

Tobi1112_2

あれ?どこに行ったのか見失ったなと思ったらトビが2羽池に降りてました。クロツラはトビがきらいなんかな?さてどこに行ったのやら、まさかまだあんまり撮ってないのにどこか他の池に移動したんとちゃうかと心配になってきました。

Kuroturaherasagi1412_2いつのまにか 反対側のカモの溜まり場にいてるやないですか!あそこまで行くにはまた遠回りせんとあかんので遠いがな・・・でも、あそこならきっと近くで撮影できるはず。急ぎ足で歩いてついに大きめのんが撮れました。

Kuroturaherasagi1612 もう休憩タイムらしくて餌探しもせずにじっとしてました。何枚撮っても代わり映えしませんので、これから飛ぶぞ!というのを。

Kuroturaherasagi1712 飛んだ先からさらに移動してまた撮り易い場所にきてくれて、そこでまた休憩。一本足のサギらしいポーズをしてくれたのが撮れました。クロツラヘラサギは世界に2000羽ほどしかいてないといわれてる希少な鳥で日本でも絶滅危惧種ⅠA類に指定されています。大きなヘラのような嘴を左右に振り魚とかカエルなどを器用に捕えて食べるのだそうです。

Hakkatyou1112 スズメと一緒にいてたのでムクドリかなと思ったら、なんとハッカチョウでした。離れてたのでレンズを通して覗いてはじめてハッカチョウだということがわかりました。どうも水を飲みに来たみたいですね。ということでラーメンを食べに行ったり、コーヒーを買いに行ったりしながら寒さをしのいでの鳥見も無事終了。幸い播磨の国にいてる間は雪に降られることもなく日も差していたので3時ごろまで粘れましたが、強風がつらかった~sad

« January 2012 | Main | March 2012 »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ