« 幸せのアオシギ | Main | 背中しか見えない »

January 26, 2012

巴と六文銭

Tomoegamo1312 今日はトモエガモ♂を見に東の緑地に行ってきました。昆陽池にも1羽いてたらしいですけど、私が姿を見る前に猫にやられてしまったそうなので、遠いといわれてるのは知っているけれどしかたなく確実に撮影できる池のトモエガモを撮ることにしました。

Tomoegamo1112  阪神とJR、地下鉄を乗り継いでやっとたどり着き、池を見ると池のほぼ真ん中で首を後にまわして寝てました。じっとみてると眠った姿勢のまま流されて岸のほうに寄り出すとあわてて起きてまた池の中央に戻って眠るということの繰り返しをしているみたいでした。どれくらい遠いかというと400㎜×1.4で撮影しても上の画像ぐらいにしか撮れません。ちょうど池の中からとびだしてる杭の影に隠れてしまってよく見えなくなったので池をぐるっと一周してみることにしました。

Amerikahidori312 池の周囲で人に餌をねだるカモたちの中にアメリカヒドリとヒドリガモの交雑種と思われる個体を見つけました。以前この池にはカモに餌をやる人にヤンキーと呼ばれてたアメリカヒドリが1羽いてたことがあります。もしかしたらこのカモはそのヤンキー鴨の子供なのかもしれませんね。

Tomoegamo1412_3 池の北側に回りこんだときにモズなんかを見てるとさっきまでトモエガモがいてたあたりにトモエガモの姿がなくなってることに気がつきました。探してみるとなんとトモエガモは池の縁に上陸しているじゃありませんか!何枚か撮影したあとにまた池の中に入って泳ぎだしたのですが、あまり遠くに行かないのでまた戻ってくるかもと思ってみてると再びさっきの場所に。

Tomoegamo1512 じっとしてるので何枚撮っても代わり映えしないのですが、トモエガモを撮影するのは2度目ですし、上陸してるトモエガモは初めて見るので撮り捲りました。いやあ、トモエガモってやっぱりきれいですね。トモエガモの名前の由来はお顔の模様が巴紋のようだからということだそうです。巴紋は雲や水の流れを図案化した紋だときいたことがあります。よく神社や雷さんの太鼓の模様に描かれてますね。ちなみに我が家の家紋も三つ巴紋なんだそうです。

Ojirobitaki1112 トモエガモも撮れたことだし淀川あたりを覗いてから帰ろうと思っていたら、近くでオジロビタキが見れるという情報をキャッチしました。どうせ大阪の中心部を通るのでJRの駅で蕎麦でも食ってから行ってみることに・・・。あとで考えたらJRに乗り換えなくても地下鉄一本で目的地に行けたのに、都会の地図に疎いもんであきませんね。で、現地に到着するとカメラマンが5、6人。もうほとんど撮り終えた感じで、前に出て撮ってもええよというので最初テレコンをつけてたのですが、雪もちらつくし暗いのでテレコンをはずして撮ることにしました。 いくら腕のいい私でも30分の1などといったシャッタースピードでは撮れませんのでね。Ojirobitaki1412

それにしてもここは猫が走り回ってるような場所なのにオジロビタキがきてるとは驚きですね。ほかの人の話しではこのオジロビタキはすぐにペシャッとなった姿勢になってとまるので足が悪いのではないかといってました。

Ojirobitaki1312 今日はトモエガモもオジロビタキも今期初撮りだったので充実した1日でした。たくさんシャッターがきれたのでもう1枚おまけ↓

Ojirobitaki1512

さて、ここで問題です。大阪冬の陣で大阪方の武将としてお城の南側に出丸(砦)を築き、徳川軍の攻撃をよく防いだ武将は誰でしょう。ヒントは六文銭の紋所です。答えがわかると猫にやられる前に見れるかも・・・なにがあ

« 幸せのアオシギ | Main | 背中しか見えない »

「野鳥」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 幸せのアオシギ | Main | 背中しか見えない »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ