« November 2011 | Main | January 2012 »

December 2011

December 26, 2011

海のビロキン川のイカルチドリ

Birodokinkuro1111 前回ホオジロガモとちがうかなとかいた鳥の正体はじつはビロードキンクロという大阪近辺では非常に珍しい鳥であることがわかりました。画像をみせてもらった時、淀川に1日だけ登場してどこかに消えてしまったビロードキンクロ♂若に似てるともその時に言ったのですが、なにぶん私はまだビロードキンクロ略してビロキンを見たことがないので期待をもたせる内容の記事にはしなかったのです。しかし、浜にビロキン♀がいてるという情報が出たので実際に見て撮らねばということで本日クリスマス寒波の寒い中出撃!浜についてカメラにレンズをセットして防潮堤の上の散策路を歩くとすでにカメラマンが集まって撮りまくっていました。

Birodokinkuro1611 すぐに50mほど先に浮かんでいるスズガモの群れに向かって移動しだしたので、ちょっと退屈な時間が流れましたが、今日はそれほど波や風も強くないし、日もよく差してるのでじっとしてても我慢できないほどの寒さではありませんでした。

Birodokinkuro1211 このカモは非常によく潜水しますが、これといって芸をしてくれるわけでもないのでカメラマンの入れ替わりも早く日が中天に登る頃にはわりとがらんとなりました。南向きやから黒い顔に日が当たって目がでるのは午前中なんですよね・・・。でも愛想はよいほうでテトラポットのすぐ前まできて泳いでくれます。それにしても、鳥というよりは犬みたいな顔です。改めて見るとホオジロガモとは全然似ても似つきませんませんね。目の色も体色も顔つきも違います。ホオジロガモやなんて、よおそんなええかげんなことが言えたもんや ハイハイ

Isohiyodori7111 ビロキンの撮影にあきた頃にイソヒヨドリが飛んできました。ちょっとだけですけど波しぶきがあがったのを背景にしたのが撮れました。

Umiaisa6111 帰り際に浜辺近くで屯してたスズガモを見に行くとその中にウミアイサやハジロカイツブリもいてました。

Ikarutidori1111 せっかく西宮まで出てきたので帰りは少し武庫川を遡ってイカルチドリを探してみることにしました。武庫川は少し遡れば今でも石ころだらけの河原が広がっていてイカルチドリがいるとしたらこんな所のはず。適当な場所は多いものの平日は車も良く走ってるので原付を止める場所が見つけられずにかなり遡ってしまいました。兎に角河原に降りて流れにそって歩くと少し大きめのシギチ類が逃げていきます。おそらくこいつだなとは思うのですが、こちらが見つけるよりも早く感づかれて飛んでいくのでまともに撮れないし、確認もできません。なんとか流れの向こうにいてたのが撮らしてくれくれましたが、もちろん遠いのでトリミング大です。トリミングしてせめて目の部分がはっきりわかればそれで良しとしましょう。

Ikarutidori1211歩きにくいゴロゴロの河原をとうとう堰のところまできてしまいました。堰の中ほどにとまってるのはわかるものの遠くてちっこすぎます。ハマシギがなぜか一緒に撮って欲しそうに入ってくれましたので記念写真を1枚camera 雪も降り出したのでなんとかそれらしいのも撮れたことだし本日はこれまで。

December 24, 2011

ホオジロガモ♀

Hoojirogamo3311 昨日は出かけたものの急いで帰らないといけないことがあったので何も撮っていません。今日も午後から仕事に行くのでちょっと気になっていたことを確かめるだけのつもりでに甲子園浜まで行ってみました。休憩所に上がると時々お城なんかで顔をあわせる若い方がおられて声をかけるとカメラの画像を見せてくれました。そこにはホオジロガモと思われるホッペに白い卵型の斑のはいったカモが写っていました。ホオジロガモとは思ったもののちょっと違和感があったのでホオジロガモ♂の若いのんでは?と答えたのですが、その違和感というのはホオジロガモ♂にしては体に白い部分が少ないと感じた程度のことです。画像の角度によっては白い部分がほとんど写らないこともあるでしょうから、あとで考えてもやっぱりホオジロガモ♂・・・エクリプスかもしれません。撮った方もスズガモ♀かと思ったというぐらいですからホッペ以外の特徴ははっきりしなかったのかもしれません。じつは確かめたいことというのは今年も甲子園にホオジロガモはきてるのかどうかだったので探す前に結果がでてしまったような。

Hoojirogamo3111 周囲に目をやってみるとさっそく離れた場所を泳ぐ3羽のホオジロガモを発見。ただし、オスではなくメスばかり3羽でした。そういえば昨年見たホオジロガモもメスの集団だったような。ホオジロガモはよく潜水するので見つけたと思ってもすぐに姿が見られなくなるので次に目撃するまでかなり時間がかかりました。それにしてもオスと思われるホオジロガモはメスとは別行動をしてるのでしょうか。けっきょく今日はオスの姿はみつかりませんでした。

Hajirokaituburi6211 あとは相変わらずメスの姿しか見つけられないウミアイサとかハジロカイツブリ、カンムリカイツブリ、スズガモやホシハジロの群れに遠くを飛ぶミサゴにユリカモメぐらい。今日は珍しく浜辺近くをハジロカイツブリが泳いでるのを見れたのが珍しかったように思います。ここは南向きの海岸なのでうまくハジロカイツブリの赤い目が撮れないんですよ。でも、今日は近いぶんそれらしいのが撮れたような気もします。オスのホオジロガモは散々南千里で撮影してるので撮れなくてもいいけど姿は見たかったな・・・。

December 22, 2011

川でタシギ

Tasigi1111 今日は所用があって知り合いのいてる郵便局まで行き、用を片付けてから鳥探しを開始しました。ターゲットはまだ撮ったことのないイカルチドリなんですが、バイクを走らせながら石ころだらけの河原をみつけると降りていって探すということを繰り返します。イカルチドリは見つからなくてもベニマシコとかオオジュリンとか冬鳥がいてるかもという期待のもとに徘徊しましたが、どこに行ってもみつかるのはイソシギ、セグロセキレイ、ハクセキレイぐらい、あとはセグロカモメ1とカワセミ2、ホオジロ1でした。まあ、尼崎市内やからあんまり期待はしてなかったんやけど、尼崎の端まで行ってから藻川を引き返してバイクを置いてある橋の近くまで来た時にコガモが入り込んでいるクリークに鴨以外の姿を発見。若いバンのようだったのでレンズを通して見ようとするとなんとタシギの姿が目に飛び込んできました。こんなところにタシギとは!以前ヤツガシラ公園前の猪名川で何度か遭遇はしてるのですが、全く撮れなかったので今日こそはと撮りまくりました。

Tasigi1311 しかし、ほとんど草かぶりだし下を向いて餌探し中なもので顔の見えないものばかり。でも、今までは遥か彼方のタシギとかしか撮ったことがなかったので収穫ありでした。↑顔をあげたところが写ってるのをトリミングしてみました。この季節はチュウジシギやらオオジシギなんてのはもういなくなってるそうなのでタシギで間違いないかと思います。

Segurosekirei2111 このあと猪名川本流を遡って伊丹市内へと入りましたがこれといったものは見つからずセグロセキレイを撮って、諦めて帰りかけたときにチョウゲンボウが遠くでホバリングしてるのを発見。しばらく立って見てましたがかなり長い時間ホバってます。近づいて撮ろうと急ぎ足で接近を試みますが、時々草原の中に舞い降りるものの人が前方から歩いてきたりして飛ばれたりでさっぱり距離が縮まりません。

Tyougenbou3211 もうすっかり日が傾く頃に最も近づいてくれましたが、もろに逆光となったために諦めました。いつのまにかどこかに消えたなと思って川をのぞいてたらすぐそばの木にチョウゲンボウはとまってました。もちろん飛んで逃げられて今日は終了。まあ、タシギが撮れたから今日はこんなもんでええかな、うん。

December 20, 2011

来んよう行けとはこれ如何に

Ootaka1111 昨日はこれといった収穫がなかったので今日は時間的に余裕もあることだし午前中だけですが鳥見に出かけました。まだ撮影したことのないイカルチドリが目撃されてるようなので冬場は原付ではちょっと寒いけれど伊丹の日本列島の池に行ってみました。池に着いてみると今日はオオタカがいてるという話を聞きましたが、遠いオオタカよりもまずはイカルチドリ探し・・・どこにもいてませんな┐(´-`)┌ まあ、いてそうな場所はこちらからは行けない場所なので仕方ないっすねえ。となると、ミコアイサはどうかな?

Mikoaisa3111ミコアイサはいつも遥か彼方なのであんまり当てにはできないけれど今日もやっぱり遠いわ┐(´д`)┌ヤレヤレ 日本列島の形をした島の九州あたりでうごめいてるのが見えます。そのうちにやや池の西部に移動していくのが見えましたが、それでも遠い。ん???カメラを構えてた人にちょっと動きが・・・、ミコアイサ狙いなんかな? あっ、いままでミコアイサが遊んでたあたりの木になんかいてます。

Ootaka1211 さっきあった人がオオタカは白っぽいから肉眼でもいてるのがわかるといってたけど、しかし、この距離ではどっちを向いてるのかもわからんし、トリミングっつうても限界があるわな。なんとなく何枚か撮影して、ひょっとしたら森の中からならもう少し大きく見えるところがあるのでは思い、さっそく実行。

Ootaka1311 ちょっと抜けのいいところを見つけましたが、少しは大きく見えるものの顔の前に枝があってあきません。ということで今日も遠くの鳥を撮ってすっきりしないまま時間切れ。イカルチドリはまた猪名川を少しづつ移動しながら探すことにします。

December 18, 2011

ネタもつき運もつき

Huunoki お天気はいいものの手袋が欲しくなるような気温になりました。越冬蝶を求めて今日は緑地まで行ったもののまったく蝶の姿を見かけませんでした。これからムラサキシジミなんかは出てきてくれそうな時間になって雲が出てきてしばらく日がささない時間が続いたのもその一因ですね。毎年のように撮影してるけれどフウノキの紅葉はまだ見れるようだったので一枚撮ってみました。日が翳ったので冬の緑地名物のアオバトでも見れないかと思って日本庭園に行きすわってると頭の上をそのアオバト♀が!ちょっと離れた高い木の上にとまったのでいそいでそっちに移動したところカメラを構える前にカラスが飛んできてアオバトはどこかに逃げていってしまいました。ついてませんな・・・遠くてもシャッターをきってればトリミングでなんとでもなったのに゚゚(´O`)°゚

Tugumi111しかたないので霊園の方に行ってみましたが今日は人影もまばらでいつものアメリカヒドリ♂1にヨシガモ♂4ぐらいしか目にしてません。ただ一つ今期初撮影になったのが普通のツグミでした。まだ地面に降りて餌を探すようなことはないと思いますが、写真を撮らしてくれるぐらいには人になれてきたのかもしれません。

Amerikahidori3111  ほかにこれといった収穫はなかったのでアメリカヒドリのパタパタでも

Yosigamo3111 ついでにヨシガモも。前からパタパタを撮ると羽が小さく見えて、なんか不細工に見えます。ということで、冬鳥はここんとこぱっとしたものが撮れずに今日も終了。

December 15, 2011

時の町のハッカチョウ

Hakkatyou1111 前回丸坊主だった西の溜池をまた探索に出かけたが本日もお目当ての鳥には遭遇することはありませんでした。ということで他に何かいてないものかと移動してると何やら頭の上で鳴き声が・・・ハッカチョウですやん。しまってあるカメラとレンズをまた出すのは面倒くさいとは思ったけれど、なんにも撮れなかったことを考えると保険のつもりで撮っておこういうことでカシャcamera

Hakkatyou1211 すぐにどこかに飛んで行ったんですが、次々と建物の後ろから現れて飛んで行くので建物の裏にまわるとまだ2、3羽残っておりまた屋根の上へ。淀川の橋の下のハッカチョウはまとまった数で見ることはなかったけれどここのハッカチョウは10羽ほどの集団で移動してるみたいですね。

Hakkatyou1311 ハッカチョウが羽を広げると大きな白い半円の模様があるので飛んでいてもすぐにわかります。帰りの電車でも外を見てると飛んでいるのがわかりました。今日は結局シャッターをきったのはハッカチョウだけでしたが、お目当ての鳥の来るため池にたってると河口でミサゴを撮ってたというカメラマンがいてるかもしれないという話を聞いて来られてましたので完全に抜けたわけではなさそうです。よく見つかる河口には少なくともいてないみたいですね。またどこかお気に入りの池にいついてるのが見つかったらいってみたいと思います。

December 11, 2011

ウミ猫と虎フズク

Umineko1111 新規開拓というわけではないけれど午前中に電車に乗って香露園浜に行ってきました。いつもは海というと原付に乗って甲子園浜に行くんですけど今日はウミネコを撮りたくて少しだけ西に、甲子園にもいてるけどたいていものすごく遠い場所にいてるので・・・。

Kouroenhama111 電車を降りて夙川沿いにぶらぶら歩くとやがて目の前が開けて浜に到着。ユリカモメがいてるのは遠くから見てもすぐにわかったけれどお目当てのウミネコがいてるかどうか・・・。なんと干潟の先っぽあたりにいてるのはぜんぶウミネコでした。手前にいてる背中の色の薄いのはユリカモメです。さて、どれぐらい近づかさしてくれるのか心配でしたが、ユリカモメが人から餌をもらうのでまったく逃げようともしないせいかウミネコも右に同じといった感じ。

Umineko1211 ウミネコって猫のような声で鳴くというけれど、猫に似てるかな~?といった声で鳴いてました。鳴くときはなんか下を向くみたいでしたね。ごま塩頭でなくて真っ白できれいなんを撮りたかったので今日は早々と目的を達成(o^-^o)

Kanmurikaituburi2111 河口をはさんで芦屋側のビーチの前にスズガモの群れがいてるようなので行ってみるつもりやったのですが、二日ほど前に淀川にトラフズクがおったという情報が気になってたので、知り合いに携帯できくと昨日はいてなかったけど今日はでてるらしいというので急いで駅に引き返す途中に鴨やカモメではない異質な感じの鳥が。ええ~っ、こんなところにカンムリカイツブリが!海がすぐそことはいえこんな浅くて狭い川にも入ってくるんや、へえ~・・・。急ぐのですぐ目の前のカンムリカイツブリはちょっとだけ撮って一路淀川を目指して電車内の人に。

Torahuzuku1311 目的地にやっとたどりついてトラフズクはというとすぐ目の前の木の中にいてるのはわかったけれどどこから撮っても枝かぶり、葉隠れ状態でした。遠くにさがってトリミングしたのが上の画像。寝転がった状態だったらなんとかまともに撮れるかな?

Torahuzuku1211

↑これは横から見た画像ですが、なんとか目の開いたのが撮れました。昼間やからフクロウ、ミミズクの類いはたいてい目を閉じてるんですよね。トトロのモデルでは?という話をよく聞くけれど確かに横から見るとトトロに似てます。

Torahuzuku1111

耳状の部分を羽角というんだそうですが、やっぱりこの羽角が撮れんことには目があいててもミミズクの写真としては得点低いですよね。たまたま横を向いてちょっと目をあけてくれたのが今日の写真としてはましな気がします。トラフズクは今まで撮ったことがなかったので今日は収穫大でした。折角なので来年が寅年やったら年賀状に使うのに、残念ながら来年は辰年だそうです。

December 04, 2011

ヨシガモ@紅葉

Yosigamo3211 お天気も回復したようなのでアメリカヒドリの池に行ってみました。アメリカヒドリは前回いっぱい撮りましたので今日はヨシガモの方がメインです。池の西側から見たメタセコイヤの紅葉の映りこみが赤くてきれいだったのでそこを通りかかるのを狙ってみました。

Amerikahidori2111 アメリカヒドリは今日はあんまりきれいな場所を泳いでくれなかったのですが、目が出てたし緑色の模様もそこそこきれいに見えたので何枚か撮ってます。

Yosigamo3111 ヨシガモのペア。オスははっきりとした模様ですぐわかるのですが、メスの方は地味で一緒に泳いでないと種類がわかりません。

Yosigamo3511 赤と緑の間の映りこみの上のヨシガモもなかなかいけてます。ちゃんと目がでてるのがなかなか撮れないんですよね。

Yosigamo3411_2 緑一色の中のをと思ったのですがうまく撮れてません。

Kawasemi5111 最近はこの池にはカワセミはこなくなったと聞いてたのですが、珍しく飛んできて指定席のミズカンナにとまりました。

Mursakisijimi6111緑地に行く前に立ち寄った昔、ヤツガシラで賑わった公園で撮ったムラサキシジミ♂。今日は日がさしたり曇ったりする中、日光浴のために何度も目の前に現れてくれました。ムラサキツバメもいてたらいいのにと思ったのですがすぐに日が翳ってしまったせいもあって探せませんでした。

December 02, 2011

ホオジロガモ♂

Hoojirogamo3311 今日は朝から曇り空で出かけるかどうか布団の中で考えてるといつのまにかまた寝てしまったようで気がついたら11時になってました。まあ、ハズレのない場所に行けば昼からでも大丈夫だろうと思い今日は南千のホオジロガモ♂を見に行くことにしました。ここのホオジロガモは昨年は飛来しなかったのですが、今年は一日だけ現れてすぐに近くの服部緑地の池に移動してたはずねんですがいつのまにかまた南千に戻って来たということです。

Hoojirogamo3611  そういえば何年か前、緑地でカワセミを撮ってると散歩の人がホオジロガモとミコアイサ♀がいてると教えてくれて見に行ったことがあります。その時もホオジロガモはあとで南千に移動したはずです。

Hoojirogamo3211 ホオジロガモの頭は緑がかった光沢のある黒なのですが、さすがに曇天の下でははっきりとした緑色の光沢がでません。それに近くで大きく撮れたものはすべて水面が白く光っているので白黒画像ばっかりでした。

Hoojirogamo3411 ここのホオジロガモは遠くでパタパタするか水の中に潜るかしかしないのであまり面白みがないんですが、以前春先に甲子園で見たホオジロガモはメスを相手に首をのばしたら頭をふくらましたりイナバウアーみたいに首をそらして背につけたりといろいろディスプレイをしてくれました。オス一羽ではそんな芸は見せてくれそうにないのでとりあえず水に潜る瞬間です。

Kawasemi5111 ここに来ると必ずといっていいほどカワセミを見かけるので、ナンキハゼの紅葉をいれたのを一枚。このカワセミはまだ若いんでしょうね。あまり人をおそれないないし、愛想よく何度も飛んできました。前から見たのではあまりきれいな個体ではありませんでした。まあ、おったということで・・・。

December 01, 2011

ムラサキシジミがいっぱい

Murasakisijimi4111スーパーに買い物に行っての帰りに団地の中を通ると、今日はあちこちでムラサキシジミをみかけた。お天気もいいし暖かな日だったので羽を開いて日光浴する姿も見られた。仕事に行くのであまり時間はないのだが、30分ぐらいならいいかなと思いカメラに300㎜のズームレンズをセットしてまた団地へ。

Murasakisijimi4211 角度によってはちょっと赤味があるようにも見えるがきれいなムラサキシジミのオスです。完全手持ちではあるがシャッタースピードを400分の1に設定して撮影しました。かなりたくさん撮ったつもりだったのですが手がプルプルと震えているのわかるし、シャッターのきれが悪く指に力が入ってしまいボツを量産してしまいました。せめていつもの一脚を利用してると振るえおさえることができるのに・・・腕がおちましたわ┐(´-`)┌

Murasakisijimi4511 こっちはムラサキシジミのメス。オスよりも茶色の部分が多く前羽の青い部分の縁が角張った感じです。

Murasakisijimi4611 シャリンバイの葉の上に2頭とまっていました。複数のムラサキシジミが一枚の葉の上にとまってるのははじめて見ました。羽に大きく欠けがあるのが痛々しいですが、鳥にでもつつかれたのでしょうか。今日は短い時間の内にムラサキシジミを10頭近く見つけることができました。ムラサキシジミを撮るには今が一番いい時期かもしれません。この天気が続いてあちこち見て歩くとそのうちに念願のムラサキツバメのメスの開翅が見られるような気がします。

« November 2011 | Main | January 2012 »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ