« 遥かなる鳥の呼び声 | Main | クイナとアメリカヒドリ »

November 25, 2011

甲子園浜冬の定番メニュー

Kousien111 昨日は何も撮れなくてすっきりしませんでしたので今日は少し時間もあることだし甲子園まで原付を走らせて冬の水鳥の様子を見てきました。昨日もえらい風が強かったけれど今日も浜辺は風がきつく波もたっていました。なんのためにあるのかわからないけどどこから見ても遠い突堤にはカモメの仲間がグチャッと集まってます。

Segurokamome3111 時々頭の上を大型のカモメが飛ぶのを狙ってみましたがうまく撮れません。足がピンクで黄色い嘴に赤斑が見えたのでセグロカモメだと思います。

Umineko111 いつもミサゴがとまっている2本の杭のあたりの岩礁にいてたのはたぶんウミネコだと思います。足が黄色いことと嘴の先が黒く見えたのでウミネコと判断しましたがなにぶん遠いので・・・。セグロカモメなんかはわりと近い目のものを撮ったことはあるのですが、はっきりとウミネコとわかるのを撮ったことがないので撮りたいんですよね。どこか近くでここならバッチリと撮れるという所はないもんでしょうか。

Umiaisa3111 風や波がおさまったころ堤防沿いをウミアイサ♀が通りがかってくれましたので。レンズに捉えてピントを合わしシャッターをきろうとすると潜るのでなかなか撮れません。

Hajirokaituburi3111 ハジロカイツブリもいてました。目からレーザービームが出るのではないかと思うぐらいの真っ赤な目がうまく写らないが残念です。それに体が小さいのにあまり近づいてこないものだから大きく撮ることが難しいんですよ。

Kawau2111 そろそろ時間ですので帰ろうとしたら目の前を大きな魚をくわえたカワウが泳いでいきましたのでちょっとだけ追いかけて撮ってみました。こんなに大きな魚をこのカワウは丸飲みに・・・したのかどうかまでは見てません。海にいてるのにウミウじゃなくてカワウなんですよね。ここ近年甲子園でもホオジロガモが見られるので今年も来てくれたらいいのですが、今のところ姿はありませんでした。

« 遥かなる鳥の呼び声 | Main | クイナとアメリカヒドリ »

「野鳥」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 遥かなる鳥の呼び声 | Main | クイナとアメリカヒドリ »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ