« 尼崎は今日もコサメだった | Main | 赤とんぼとアオイトトンボ »

October 06, 2011

赤とんぼとメスグロヒョウモン♀

Natuakane2111 久しぶりに三田まで行ってきました。まずは稲穂の上を飛び回るナツアカネから。今年は暑い日が長く続いたせいかナツアカネもまだあんまり田んぼには飛んでいませんね。ぜんぜんちかづいてくれないものだからかなりトリミングしてます。

Natuakane2211 ナツアカネのオスです。成熟した個体は頭から尾の先まで真っ赤か、ちょっと小ぶりの赤とんぼですがあちこちで姿をみることができます。よく真っ赤なショウジョウトンボを夏に見られる赤いトンボだからナツアカネだと紹介してるblogがありますが、ちょっと調べてから書けばいいのにね。ナツアカネが里におりてくるのは秋になってからですよ。

Natuakane2311 で、問題はこいつ。腹部の上がきれいな赤だからアキアカネかも?と思ってよくみると胸の黒条の上が途切れたようになってるのでナツアカネ♀だというのがわかります。小さいのでナツアカネだとは思うのですが、個体差があるのではと思って撮って帰って調べてみてやっぱりハズレだというのがわかった次第です。アキアカネよりもナツアカネの方が先に山から里に降りて来るんですよね。それに、最近はアキアカネは数が少なくなってるトンボなので探しても遭遇しないことがしばしば・・・。

Takanetonbo1111 道路沿いの田んぼで2度タシギに逃げられ田んぼは諦めて公園に向かいました。今日はタシギが田んぼの真ん中あたりに降りたのを目で確認してから接近を試みたのにもかかわらず、ここらへんと思って寄っていって見ても何もいてません。どこかに行ったのかと思いもっと近づくと飛んで逃げられました。ほんとに、いつになったらタシギがちゃんと撮れるようになるのか(`ε´) さて、公園にたどり着くといきなり目の前を緑色に輝く目をしたトンボが横切りました。たぶんタカネトンボだと思うのですが、エゾトンボ科のトンボって違いがよくわかりません。とまって横向いてくれると違いがわかると思うんですけどね。縄張りを張ってグルグルと飛び回るタカネトンボに足止めされて、なかなか先に進めませんでしたが、今日の収穫はなんといってもこれ!

Mesugurohyoumon2111 メスグロヒョウモンのメスがやっときれいに撮れました。ヒョウモンチョウ類は初夏に羽化したのが真夏の間休眠するので、このメスグロヒョウモンは休眠から覚めた個体ですね。休眠明けの個体はたいていボロボロの羽のものが多いのに、この個体はなかなかきれいな羽をしています。オスはほかのヒョウモンチョウと同じように黄色っぽい色をしてるのにメスはこのように黒っぽい色をしてるのがメスグロヒョウモンの名の由来です。

Musugurohyoumon2211 どうやら産卵場所を探しに降りてたようで、その後しばらくはうろうろしてましたが、なかなか撮らしてくれません。ここらへんのヒョウモンチョウ類の中では最も手強いのではないでしょうか。そういえばメスグロヒョウモンのメスって初夏に見たことがありません。初夏にはオスを見たことはあるのですが、やっぱり敏感ですぐにどこかにいなくなってしまいました。

Himeakane1111 で、メスグロヒョウモンがいなくなってから現れたヒメアカネ♀、アカネ属の仲間では最小なのだそうですが、あんまりナツアカネとかわらんような気がします。

Risuakanemesu2111 背景にヒガンバナの咲き残りの赤を配してリスアカネのメスを撮りました。今年はまだリスアカネのオスに遭遇していません。そういえばコノシメトンボにも遭遇しましたがやっぱりメスでした。ということで、田んぼから山の公園までよく歩きました。

« 尼崎は今日もコサメだった | Main | 赤とんぼとアオイトトンボ »

昆虫」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 尼崎は今日もコサメだった | Main | 赤とんぼとアオイトトンボ »

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ