« オオルリ、キビタキ、ノゴマ♀ | Main | 曇天のお城では »

October 27, 2011

キトンボとノシメトンボ

Kitonbo2211 ごく普通の赤とんぼといわれているノシメトンボを撮りたくて京都のトンボの名所、深泥池に行ってきました。夏場はここに来るとベニイトトンボがたくさんいてるのですが、さすがに10月も終盤ともなるとベニイトトンボはいてませんでした。しかし、キトンボはお昼近くになるとけっこう飛んでいるのが目撃できました。キトンボの腹部もけっこう赤みを帯びてきれいになっていて、やっぱり赤とんぼの仲間だというのがわかります。

Akiakane2111 池に浮いてる?木の上にとまってるキトンボを撮っていたらすぐそばにアキアカネが低いところにとまったのでそっちも撮影しました。これはなかなかきれいな個体でしたがすぐにどこかに飛んで行ってしまってあんまり撮れてません。アキアカネも普通の赤とんぼの代表格なのに大阪あたりではたくさん見かけるというのが難しくなっているトンボです。

Nosimetonbo1111 お目当てのノシメトンボはというと池に張られたロープの上に1匹だけ見つけましたが、あまりにも遠くてトリミングしても今ひとつの距離でした。ちなみに上のノシメトンボはオスです。赤とんぼというわりには海老茶色というか赤味がかった茶色のトンボに見えます。

Nosimetonbo1211 ノシメトンボのメスは池の横の公園にいてました。上からの画像を撮りたかったのですが、いいところに自動車がとまっていたためにまともなのが撮れてません。こう見るとリスアカネのメスによく似てます。胸の太い黒条が羽の付け根ににまで達してることと、腹部の模様で黄色っぽい部分が少ないところが違うかな?

Uranamisijimi2111 帰りに植物園に入ってみました。今日は中学生でしょうか、写生大会で団体が入っていてどこにいっても座り込んでるわ、走りまわってるわで落ち着きません。描いてる絵は小学生とかわらんレベルに見えます。適当に描いて自由に遊ぼうと考えてるんかマジで下手くそなんかよくわかりません。小学生だったら小うるさくても走り回っていても許せるんですが、中学生ともなるとめちゃくちゃうっとおしいです (#`Д´) 今日はやたらたくさんウラナミシジミが飛んでましたので一枚camera 萩の花はもう季節外れだと思うのですが、今が盛りの品種もあるんですね。きれいでした。

Ikarimonga111 ん?なんか見たことのない蝶が飛んで行ったと思って追いかけたら、テングチョウみたいなのがとまりました。これはよく蝶と間違えられるというイカリモンガという蛾です。昼間飛んでるし、羽を閉じて止まるし、触角も細いのになぜか蝶には分類されないんですよね。幼虫の食草は上の写真にあるようにシダ植物だそうです。

Nobitaki2111 深泥池の奥地で今年初めてジョウビタキを見つけたのですが、撮れませんでしたので外のこじんまりした畑にいてたノビタキを撮りました。ポールとかロープどまりばっかり撮ってますが、セイタカアワダチソウにとまるのを撮るなら今なんやけどなあ・・・。

« オオルリ、キビタキ、ノゴマ♀ | Main | 曇天のお城では »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« オオルリ、キビタキ、ノゴマ♀ | Main | 曇天のお城では »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ