« 赤とんぼとメスグロヒョウモン♀ | Main | 飛行場近辺の蝶 »

October 09, 2011

赤とんぼとアオイトトンボ

Konosimetonbo3111 今日もいいお天気だったので午前中、近所の小田南公園まで散歩に出かけました。外周の林?の中を歩いたけれど渡りの鳥には全く遭遇しなかったのでまた池の赤とんぼの撮影です。まずはコノシメトンボ♂を見つけたので狙ってみました。コノシメトンボのメスはあちこちで見かけていたのですが、ここにきてやっとオスの登場です。真っ赤な体に羽の端にある黒いノシメ斑が気を引きます。

Risuakane3111 そしてこれも今年はメスしかお目にかかっていなかったリスアカネ♂ 。コノシメトンボとちがって赤くなるのは腹部だけです。ノシメ斑もやや薄めですね。

Tairikuakane1111 この公園の池ではうるさいほど飛び回っているタイリクアカネ♂ 。アキアカネとちがって羽に赤っぽい筋がはいってるので羽に微妙に色がついてるように見えます。もうあちこちでタンデムになって産卵活動をしてます。赤とんぼの中ではわりとよくホバリングをしてくれるのでカメラの練習相手にはピッタリです。

Aoitotonbo3111 赤とんぼのほかに目立ったのはこのアオイトトンボ 。草や木にとまってくれるといいのですが、この池は石ぐらいしかありませんので絵的にはいま一つです。でも、周囲のどこからでもトンボがいてるのがまる見えになるところが利点かな?

Aoitotonbo3211 独り者のアオイトトンボのオス。目のブルーがきれいなのがいいですね。これを撮ったときには横に蜘蛛がとまってることに気がつきませんでした。さて、ここらへんで撮影できる赤とんぼもあとはアキアカネとノシメトンボだけですが、アキアカネは数は減っているとはいっても最普通種ですからそのうちどこかで出会うと思うのだけれど、ノシメトンボとなるとどうもここに行けば会えるという場所が思い浮かびません。京都あたりではノシメトンボが増加傾向にあるらしいので北の方を探ってみようかと思っています。

« 赤とんぼとメスグロヒョウモン♀ | Main | 飛行場近辺の蝶 »

昆虫」カテゴリの記事

Comments

羽化したばかりのとき複眼が褐色で,やがて青くなるなんて後から分かりました。
青い複眼と金属光沢のアオイトトンボは魅力的です。
このアオイトトンボ科の仲間は翅を開いたまま止まる習性があります。

itotonbosan こんばんは

そこらへんにいてそうでいてないアオイトトンボ。
近所の公園にいてるのに気がついた興奮しました(笑)

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 赤とんぼとメスグロヒョウモン♀ | Main | 飛行場近辺の蝶 »

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ