« 筒鳥の丘へ | Main | 田園オールスターズ »

September 11, 2011

池のイトトンボ

Musujitotonbo1111 せっかくの日曜日だけど午後から仕事があるので午前中だけ近所の公園に行ってみました。渡りの途中の夏鳥でも繁みの中にいてないかと思ったのですが、今日はスズメしかみつかりませんでした。それでは池の方に赤とんぼでもいてないかと思ったけれど、こちらのほうもダメでシオカラトンボにギンヤンマ、ショウジョウトンボと夏のトンボばかりが飛び回っています。今日は小さいけれどきれいな水色のイトトンボに注目してみました。

Musujitotonbo12111 イトトンボの仲間ではクロイトトンボ、オオイトトンボ、セスジイトトンボ、ムスジイトトンボの4種類が非常によく似ているのですが、この内クロイトトンボは成熟すると濃いブルーになって見間違えることもないのでこの池で見られたムスジイトトンボとセスジイトトンボを紹介したいと思います。上の画像がムスジイトトンボで、赤丸をつけたところが他の3種類のイトトンボとはっきり違うところです。肩縫線黒条とよばれる黒い線の中にも一つ小さなうすい色の線がちょろっとあるのがわかりますでしょうか。目の色もはっきりとしたブルーのように見えます。

Sesujiitotonbo11111 で、こっちがセスジイトトンボ。肩縫線黒条の中に細くて淡い色の線が長くはいっています。体色や目の色もやや緑がかってるような・・・気のせい? クロイトトンボはいてませんでしたが、いままで何度も見てるのでいてても写真には撮らないかも。でも、オオイトトンボとなると今まで一度もこれはオオイトトンボに違いないというのにお目にかかったことがありません。内陸部に多いという話ですので山の上にでもいってみないとダメなのかも。大阪近辺でここにいてるのはオオイトトンボだというのを知っていたら教えて下さい。

Aoitotonbo2111 ほかのイトトンボはというとアオイトトンボがいてました。オスのアオイトトンボは白い粉をふくのでオオアオイトトンボとの違いがすぐにわかります。

Ajiaitotonbo2111 アジアイトトンボもいてました。イトトンボの中ではアオモンイトトンボが圧倒的に多いのでアジアイトトンボはいてても目立ちませんね。と いうことで本日はこれまで。

« 筒鳥の丘へ | Main | 田園オールスターズ »

昆虫」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 筒鳥の丘へ | Main | 田園オールスターズ »

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ