« 夏の終り、秋の始まり | Main | 筒鳥の丘へ »

September 06, 2011

う~ん 秋葉セセリやね

Aobaseseri1111 ついに念願のアオバセセリを撮影できました。wink しかし、思っていたよりも大きな蝶だし、最初はコジャノメかなにかがとまったと勘違いするぐらいに地味だったんですよ。しかも、日当たりがいい場所だったものでなんか色飛び気味。

Aobaseseri1211 セセリチョウの仲間ってすぐに羽を全開してとまってくれるんですが、このアオバはやや半開気味に開くものの全開はなしでした。羽の表側の色もよくわかりません。鱗粉もかなり落ちてしまったようで茶色く見える部分が目立ちます。

Aobaseseri1311 でも、背中のあたりとか羽の中央部はまだ緑色に見えます。いままでアオバセセリはフィルムを使っていたときにニセアカシアの花で吸蜜してるのを撮ったことはあるものの逆光黒つぶれだったので、まともに静止した姿を見たのは今回が初めてなんです。しかし、このすれた羽では青葉セセリというよりも秋葉セセリといった感じで嬉しさ半分に、悔しさも半分です。think まあ、そのうちにきれいな個体に会うこともあるだろうからとは思うけど、なかなかお目にかかれないだけに実に残念です。bearing

Kurotubamesijimi3111 ほかに珍しいものといえばこのクロツバメシジミ。前回はすぐに上の方に飛んで行ってしまいましたが、今日は角度はともかく目の前の蝶を可能な限り接近して写せました。

Kurotubamesijimi3211_2 羽の表も撮れたんですけど、直射日光のせいでかなり飛んでます。

Tubamesijimi1111 近くにいてた普通のツバメシジミ♀も撮ってみました。

Tubamesijimi1211 で、普通のツバメシジミのメスの羽の表側はこんなんです。尾状突起の上にオレンジ色の斑紋がちらっとあるのがお洒落ですね。

Miyamaakane1111 今日は道を歩いていてもけっこう遭遇したのがこのミヤマアカネ♀です。きれいな赤い色をしたオスを探したんですけど、ついに見つけることはできませんでした。すでに水辺にでてメスがやってくるのを待っているのかもしれませんね。

Hsujigurosiroyou3111 これはスジグロシロチョウ。ここではよく見かける蝶ですが、街中ではお目にかかることのない蝶です。

Sujigurosirotyou2211 どこが筋黒やねん!という人のために羽の表側もちょっとだけ。ね、筋黒でしょう。春型のは裏面からみてもはっきりと筋があるのですけど、この時期のんはこんなんですわ。普通のモンシロチョウよりも大型です。

Himejanome1111 地味な蝶で見落としがちでですが、コジャノメによく似たヒメジャノメもいてました。後翅にある大きい蛇眼紋の上に小さな紋がならんでますけど、小さな紋が三つ並んでいたらヒメジャノメだといわれています。コジャノメの場合は四つあるそうなので一度探して比べてみて下さい。

« 夏の終り、秋の始まり | Main | 筒鳥の丘へ »

昆虫」カテゴリの記事

Comments

アニキさん おはようございます♪
アオバセセリ ゲット!
おめでとうございます(*^_^*)
私は未見ですが隣の町の園地でいつかは・・・と思っております。

まちちこさん コメントありがとうございます。

アオバは食草のアワブキのはえてるような場所に足繁く通われると
いつか撮れるかもしれません
もしスミナガシを目撃したことがあれば、食草が同じですのでそこも要注意ですね。
ここも対岸でスミナガシを撮ったことがりました。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 夏の終り、秋の始まり | Main | 筒鳥の丘へ »

November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ