« 田んぼの鳥たち | Main | スミナガシ »

August 09, 2011

マユタテアカネ♀

Mayutateakane1111 今日はまた暑い日でどこにいくか決めかねてたこともあって出かけるのが遅くなってしまいました。この暑いのにあんまり歩くのはつらいなあと考えて行き先は山の上のハーブ園です。電車の乗り換えのとき以外はあまり距離を歩く必要もないのが選択理由です。で、ロープウェイを降りてうろうろしましたが、この暑さのせいかこれといったものには出会ってません。でもこの暑いのに赤とんぼを見つけました。赤とんぼにもいろいろ種類はありますがわりとよく見かけるものの一つ、マユタテアカネ♀です。赤とんぼといってもこの時期ではまだ赤みが薄いのですがメスはこの時期のほうがきれいではないかと思います。

Mayutateakane1211 で、もう一枚マユタテアカネ♀。ん?どこか違うぞ、とすぐに思われたかたは観察力があります。羽の端っこを見てもらうと黒っぽくなってるのがわかります。マユタテアカネのメスには2タイプあって羽の端に黒いノシメ斑とよばれるものがあるものと何にもない無色型のものとあるのです。どちらが多いのかはわかりませんが、個人的にはノシメ型のほうがよく見かけるように思うんですよね。

Mayutateakane1311 それでこれがマユタテアカネのオスです。まだお腹のあたりも赤くなっていないのでメスと見分けにくいかもしれませんが尾の先がちょろっとはねあがってるのがオスです。もちろんアマユタテというぐらいですから顔の真ん中にお公家さんの眉のような点々があります。

Tumagurohyoumon1111 ほかに見たものというとこの夏の暑さも南方系のツマグロヒョウモン♂にはなんの影響もないようで元気に飛び回っていました。

Kuroageha1111クロアゲハもいてますが日当たりのいい場所は苦手らしくてすぐに木陰にはいってきます。ナガサキアゲハも飛んでるのは見たのですが今日は撮影できませんでした。できたらカラスアゲハとかミヤマカラスアゲハなどを撮りたいのですけどね・・・。

Kotyabaneseseri2111  ハーブ園は花の蜜を吸いに来る蜂をよく見かけるところなんで、青い蜂なんぞを期待してたのにまったく見つかりませんでした。もっともこの暑さでは日当たりのいいところでじっと探すなんてことはようしません。ちょうど日陰になった場所の女郎花にコチャバネセセリがきてたので撮ってみました。女郎花というと秋の七草ですがこの真夏の時期にもう咲き出しているんですね。

« 田んぼの鳥たち | Main | スミナガシ »

昆虫」カテゴリの記事

Comments

マユタテアカネの眉紋は眉というより
鼻の穴に見えてしまい可笑しくなってしまいます。
腹端の突起は上に反り上がり,
胸の黒条はぽつんと孤立した状態なので同定は楽でした。
もっと成熟した赤いマユタテアカネを写したくなりました。

itotonbosan いらっしゃいませ

マユタテアカネはどこでもよくみかけるアカトンボなので見つけるのはわりと簡単なんですが、
池の縁で撮ろうとするとお顔が池の中側を向いてとまってることが多いので顔の眉斑がうつらないし、
成熟したのは胸が茶色になってるので胸の模様がよくわからなかったりします。
撮影可能な期間は長いほうなので秋口にでも探すときれいなのが撮れると思います。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 田んぼの鳥たち | Main | スミナガシ »

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ