« エリマキシギの若様など | Main | 夏の終り、秋の始まり »

August 28, 2011

オオセイボウと南方系の蝶

Ooseibou2211_2 秋の七草の内のひとつ、オミナエシによくやってくるというオオセイボウを撮りに行ってきました。以前一度だけシャッターをきったことがあるのですがその時はボケボケの画像しか撮れなかったのでそのリベンジです。鳥の方もコルリがお城に現れたというし、興味をひく赤とんぼもいてるらしいので時間があったらお城にもと思ったのですが思いのほかこのオオセイボウは強敵で時間をとられてしまったし広い有料公園ですので移動にも時間がかかるので今日はここだけにしました。

Murasakitubame2111  この公園では2度目ですが、ムラサキツバメに遭遇しました。暗い場所なので羽を広げることはないなとは思ったものの、もしかしてという希望から30分近く睨んでましたが今日のところは諦めました。黒くみえる素早い蝶に遭遇したらとにか追いかけてみるとこのムラサキツバメということもあるので目的地までの移動中といえども油断できませんね。

Ooseibou2111 やっと目的地に到着したもののお天気が良すぎでじっとオオセイボウの登場を待つのはつらく、オオセイボウは時々やってくるものの女郎花にとまる時間は非常に短くファインダーの中に捉えるのにも苦労しました。今日は自分としてはあまり使わないオートフォーカスで撮影したうえにとにかくオオセイボウにピンがいったら後向けでもいいから画面から姿が消えるまで連写でシャッターを押し続けるという作戦にでました。

Ooseibou2411 小さな蜂のことですのでどっちみちトリミングせずにはおられないのですが、やや大きめにやっと捉えることができたのはもう2時でした。ここまで奮闘すること1時間半時々休憩をいれてますが暑さで非常に疲れました。女郎花は秋の七草だけどこの暑い時期に咲いているんですね。そういえば同じ秋の七草でも桔梗なんかもうすっかり終わってました。

Nagasakiageha2111 そして驚いたことにもうヒガンバナが咲きはじめてました。秋の彼岸の頃に花を咲かせるのでその名がついてるのにまだ9月にもなっていないのに咲きはじめてるなんて・・・ヒガンバナはアゲハチョウの好む赤い色をしてるのでやはりナガサキアゲハがさかんに蜜を吸いに来てました。

Kurokonomatyou2111 ナガサキアゲハも南方系の蝶ですのでついでにもう1種類、クロコノマチョウも。最初梅林の北側のトイレ近くを通ったときに目の前を横切って側溝の中にとまったのでカメラを用意して撮ろうとして逃げられたやつかもしれません。そのすぐ近くにいてました。

Kosiakitonbo1111 トンボはまだ夏のトンボであるコシアキトンボ♂がいてました。蝶が南方系だったのでトンボも南方系のタイワンウチワヤンマとかウスバキトンボでも撮れればよかったのにね。

« エリマキシギの若様など | Main | 夏の終り、秋の始まり »

昆虫」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« エリマキシギの若様など | Main | 夏の終り、秋の始まり »

December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ