« ゼフィルスの森へ | Main | 清流のトンボ »

June 26, 2011

ついに見た青緑の輝き

Midorisijimi1211 いつかは見てみたいと思っていたミドリシジミの羽の表をはじめて見ることができました。これで写真の写りがよければ言うことなしやったんですけどね・・・。梅雨前線やら台風の雨やらでお天気が不安定な中、今日はミドリシジミを探そうときめて今までに行ったことのない所に行ってきました。ここは公園としてはまだ新しいはずですが、近くには湿原などもありサクラバハンノキなども生えているのできっとミドリシジミがいてるであろうという読みがあたりました。

Midorihyoumon2311 ついてあまり歩かないうちに栗の花で吸蜜するミドリシジミを発見。ここにはあまり栗の花が咲いてはいなかったせいか、この木にはあとでまた他のミドリシジミも飛んできました。

Midorisijimi1511 メスと思われるミドリシジミがずっと栗の木でねばっているのでほかのミドリシジミを探しているときに見つけたミドリシジミ。この時点ではわからなかったのですが雨に降られて雨宿りしたあとに見に行くと場所が少し高い場所に移動しており、その羽が青く光ったのでこの個体がオスであることがわかりました。

Midorisijimi1311 羽を全開したために表側が見られなくなり後に下がって撮ったのを限界ちかくまでトリミングしたミドリシジミの画像。緑というよりはブルーに見えます。

Midorihyoumon2111 さて、ミドリシジミ以外で撮影した蝶はまずミドリヒョウモン♂が建物の藁葺き屋根にとまってくれました。

Midorihyoumon2211 表側はこんなんです。太線の性標があるので表からみてもオスだとわかります。

Uraginsujihyoumon111 Uraginsujihyoumon1211 さて問題は上の2枚の画像。撮影した時間が違うので別個体かもしれませんが、これがウラギンスジヒョウモンなのかオオウラギンスジヒョウモンなのかよくわかりません。居合わせた蝶の愛好家と思われるかたのご意見ではウラギンスジヒョモンだということですが羽の表も撮れないことにははっきり違いがわからないんですよね。ヒョウモンチョウに自信があるかたは教えて下さい。

Nohanasyoubu111    Sasayuri111_2

ついでに花も。左はカキツバタにしては季節が違うのでノハナショウブだと思います。で、右側がササユリかな?ほんのりピンクで清楚な美しさがいいですね。

Sujigurosirotyou2111  大きなモンシロチョウと思ったらスジグロシロチョウの夏型みたいです。羽を開くとはっきりと黒筋が見られます。

Kiitotonbo1111 黄色いハートマークはキイトトンボのタンデムです。今日見たイトトンボはキイトトンボだけでした。もしかしたらハッチョウトンボでもいてないかと思ったのですが残念ながらみつかりませんでした。

« ゼフィルスの森へ | Main | 清流のトンボ »

昆虫」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« ゼフィルスの森へ | Main | 清流のトンボ »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ