« 鴛鴦とマヒワ | Main | シラコバト撮り捲り »

April 03, 2011

チョウゲンボウの雄と雌

Tyougenbou2311  世間の人たちが普通に持っているという携帯とかいう機械を買った。買ったばっかりでまだ取り扱い説明書をちらっと見ただけで、どういじくったらいいのか何ができるのかよくわからないまま今日は懐にそれをしのばせて鳥見に出かけた。お城まで行って見るつもりだったが気まぐれをおこして途中の淀川で電車を降りて干潟をのぞいてみた。

Kotidori1111_2 何日か前にオオソリハシシギがいてたそうだが今日は貝掘りの人たちがけっこう来ていてシギチの姿はほとんどなかった。コチドリが水際まで出てきたのでとりあえずカシャcamera

Benimasiko5111 今年はまだチョウゲンボウを見ていないのでそこからさらに北上。鉄橋あたりにはカメラマンの人影はなくてチョウゲンボウもいてるのかいてないのかよくわからなかった。干潟でご一緒になった方々がアリスイを待っていたがじっとしていると今日は風があって河川敷は寒く、ふらふらとそこらを一周することにした。しばらく行くと川べりの背の低い木のあたりでフィッ、フィッという鳥の声が・・・足をとめて雑草越しに見てるとベニマシコがあらわれました。しかも一羽ではなくて5羽ほどが群れになっていました。

Benimasiko5211 それにしてもここのベニマシコはいつみても地味ですなあ・・・。それでも何もないよりもましなので何枚か撮影。たいていすぐにどこかに飛んでいくのに同じ場所にいてるので先ほどの方々に教えてあげようと思い、初めて携帯で電話をかけてみました。ちょっとドキドキ・・・(^-^; 携帯の番号は以前名刺をもらってたのでそれを見てかけてみました。携帯をかけおわるぐらいに他の鳥が飛んできてベニマシコはいっせいに飛んでしまいました。遠くに飛んで行ったわけではないので他の方の到着を待って捜索するとやっぱりまだいてました。一応ボウズではなくなったのでまた干潟方面に引き返しましたがやっぱりこれといったものはいてません。チョウゲンボウの夕方の部の登場を期待して一人だけまた北上・・・こんどはチョウゲンボウはいてました。

Tyougenbou2211 たしかここらへんに飛んできたようなと思って探すと・・・ちょっと暗い場所に入り込んでました。その時は気がつかなかったけれどあとで画像を見たら手には、いや足にはムクドリか何かをつかんでいました。ここのチョウゲンボウの好物といったらバッタかトカゲだと思ってたが鳥もちゃんと襲うんやね。

Tyougenbou2111 このあと一旦チョウゲンボウは行方不明となり再び現れたのを見ると頭は灰色だし尾羽も灰色で端が黒く背面の斑点は小さい目なのでオスだということがわかりました。

Tyougenbou2511

その後またチョウゲンボウはどこかに飛んでいき、また戻ってくるまでそこらを見てまわってるといつの間にか先ほどの場所へ。よく見ると羽の黒い斑点も大きく尾羽も灰色ではありません。今までちゃんとメスを撮ったことがなかったけれどこれがチョウゲンボウのメスなんやあと思って撮り捲ったがじっと同じ場所を動きません。オスが戻ってきて餌をくれるのを期待して待ってるんでしょうかあまりにも動きがないので根負けして、またうろついていると再びオスのチョウゲンボウに入れ替わってました。

Tyougenbou2711 けっきょく今日は餌の受け渡しも交尾も撮ることはできませんでしたが、兎に角チョウゲンボウのオスもメスも撮影できたので収穫ありでした。それにしても桜の花も咲き出したというのにこの寒さはちょっとこたえました。

« 鴛鴦とマヒワ | Main | シラコバト撮り捲り »

「野鳥」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 鴛鴦とマヒワ | Main | シラコバト撮り捲り »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ