« イソヒヨドリ | Main | イタチとカワアイサ »

February 20, 2011

鴛鴦@トンネルのむこうがわ

Osidori2311 どこかにタゲリが近くで撮れるとこはないもんかと思って、周囲が田んぼだらけの三田まで行ってきたんですけど、以前タゲリの集団を見かけたことのある田んぼのあたりには姿なし。今日はタゲリどころかいつもよく見かけるケリもいてませんでした。

Tasiggi111_2 仕方がないので夏場にアマサギとかチュウサギがたむろしていた線路近くの田んぼでタシギでもと思って行ってみると、一歩田んぼの畝に足を踏み入れただけでタシギはたくさん近くから飛び出してくるものの遥か遠くに行ってしまうため全然撮れません。すぐ近くにいてるはずなのにどうして見つけられないのか本当に不思議です。午前中はほとんど収穫のないまま午後からどうしようかと考えたすえ、ちょっと福知山線をバックして武庫川渓谷へ。

Mahiwa4111 ここならきれいな赤いベニマシコが撮れるであろうとふんでいたんですけどね・・・いつもの泥濘の道は道端の潅木や雑草が刈り取られており、ただでさえ一本道で鳥に逃げられ易いのに身を隠す木陰さえありません。ベニマシコのきれいなオスはすぐに見つかったものの枝かぶりで躊躇してたら逃げられてしまい、その後まったく見つけられずに声さえ聞こえてきませんでした。足湯の向こうまで行って地べたにマヒワがいてたのでそれを撮ってると川のほうから気になる鳥の鳴き声がします。

Osidori2111 なんとここでは初めてお目にかかりますがオシドリがいてるではありませんか。ところが川のふちに立って撮ろうとするとすぐに飛んで行ってしまいます。もう夕方ですのでちょっと焦りながら何度か行ったりきたりして何枚か撮ったんですけど、いい感じに撮れたと思ったのに後で見るとアングルがあきません。中央のオシドリのペアは右を向いているのに画面の左側に空きがあります。ピント合わせに注意がいってたためにオスのオシドリが真ん中にきてしまい、全体的なバランスがだめになってますね。オシドリの顔の向いてる方にあきがあった方がこの場合不自然な感じがないはずです。

Osidori2211 左側を削ってみました。2羽の間に間があるのでちょっと違和感がありますがこれ以上はどうしようもないので悪しからず。下流側にいてたオシドリが飛んだのでこの2羽も一緒に飛んで行ってしまい、いい場所にとまってくれてたのに残念です。

Osidori2511 天然物のオシドリは本当に敏感でのぞいてるのがわかると全く撮らしてくれないので群れの先回りをして目の前を通りかかるのを待って撮影する方法でやっと集団が撮れましたがもうスピードがのびなくなっておりほとんどの画像はボツでした。やっとなんとか数枚を撮ったところでこの群れもやっぱり飛んで行ってしまいました。本当に感のいい連中ですわ!

Kusasigi2111 今日もいてたクサシギ。以前は下流の橋のあたりでよく見かけたんですけど、最近は上流の橋のあたりでイソシギさんと仲良くしてるのを見かけます。

« イソヒヨドリ | Main | イタチとカワアイサ »

「野鳥」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« イソヒヨドリ | Main | イタチとカワアイサ »

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ