« January 2011 | Main | March 2011 »

February 2011

February 27, 2011

きつつきの森のベニマシコ♂

Benimasiko4211 この冬はハギマシコという本州中部以北にやってくる冬鳥が関西にもやってきています。いずれの撮影地も遠くて車が必要とあって私には行けそうもなかったのですが、次に関西にやってくるのはいつになるかわからないので今日人に頼んで一番近い山に連れて行ってもらいました。ところが時すでに遅しというやつで山の上に登りついたものの全く姿を見ることができず、暖かくなったのでもう北に帰ったようでした。まあ、一時間ほど山の上にいただけですので絶対にもういないとは言えないかもしれませんが、たぶんもうダメでしょうね。ということで丸坊主というのもなんなので最近人気のきつつきの森に転進です。

Kogera111 ここでのメインはアカゲラでポイントに着いたらすでに現れていたもののちらっと姿を見ただけですぐに枝だらけの奥に引っ込んでしまいなんにも撮れません。眼下の笹薮の中から現れるベニマシコも遠くてちっこいだけにちょっと撮ろうという気になれません。そこで前回ここに来た時にベニマシコを撮った場所にちょっと移動していろいろ撮影しました。まずはアカゲラがだめならコゲラがいるさということでコゲラです。目がものすごくかわいいのが撮れました。Miyamahoojiro2311 たくさん現れたものの愛想がよくないミヤマホオジロ♂。もうちょっと距離をつめないと今ひとつ写りが悪いんですよね・・・。でも、近づこうと少しでも動くと飛んで逃げてしまいます。

Miyamahoojiro2211 たぶん ミヤマホオジロのメスでいいと思います。メスだかオスの若いのんかはっきり違いがわかりませんがメスということにしときます。

Benimasiko4111 ベニマシコがいてるかどうかはわからなかったので一旦アカゲラ待ちのポイントに引いて休憩しながらアカゲラを待ってみてやっぱり現れる様子がないので本格的にベニマシコ狙いに専念しました。でも、なかなかいいところには出てくれないし、もう一つ近づけません。それでも今日はきれいなベニマシコ♂が撮れマシコ(笑)

Benimasiko4411 ちょっとトリミングしてますがこんなもんでよろしいかと思います。アカゲラはまた日を改めて朝から行ってみることにします。

February 26, 2011

ウミアイサ♂

Umiaisa1111 先日はカワアイサのオスを撮ることができたので今日はウミアイサを撮りにでかけました。といってもウミアイサのオスがいてるかどうかは行ってみないとわからないんですけどね。いつものように休憩所?でカメラにレンズをセットして東に向かって歩いて浄水場前で海をのぞいたら、なんとそこにお目当てのウミアイサのオスがいてるじゃありませんか!いそいでシャッターをきったら補正がマイナスになったままだったので暗い写りになってしまいました。

Umiaisa1211 ウミアイサのオスはメスと行動を共にしていて連れ立って岸からどんどん離れて行きます。スズガモの群れのあたりにたどりつくとそのまま首を後にまわして眠ってしまいました。距離もあることだし後ろを向いたままではどうしようもないのでまた動き出すまでほかの鳥を撮ることにしました。

Hoojirogamo2111 テトラポットの陰にホオジロガモのメスがいててこれも人間を警戒してか岸から離れて行きます。

Hojirogamo2211 ホオジロガモのメスは5羽ぐらいの団体さんで行動しているのもいててテトラポットの陰から出たり引っ込んだりしていました。今日はオスの姿をどうしても見つけることができませんでしたがどうしたんでしょうね。オスだけ先に移動してしまったのか、お気に入りのメスとどこかにしけこんでいるのならいいのですけど、鳥インフルエンザにかかって天国まで旅立ったなんてことはないでしょうね。

Hajirokaituburi1111 今年もハジロカイツブリを見つけました。小さい上にすぐに水の中に潜ってしまうのでなかなか手強い鳥です。そろそろ夏羽に変わりだしているようで中には金の髪飾りがそこそこのびているものもいてました。

Hajirokaituburi1211 ちょっとトリミングしてますが赤い目と金色の髪飾りをきれいに撮るのは難しいんですよねえ・・・。

Umiaisa1311 で、再び活動しだしたウミアイサ♂です。カワアイサのオスもそうだけど黒い頭は緑色の光沢があってきれいなのでなんとか緑っぽく写るように撮りたいんですよ。でも、ここは南向きの浜なので見る角度を変えて横の方から撮影するとかしないと緑色に見えません。

Umiaisa1511 ウミアイサのメスです。バサバサの御髪にギョロ目でなんかこわい顔に見えます。午前中限定の鳥見だったので今日はこんなところでいいかな。

Isohiyodori2111 今日も現れたイソヒヨドリ♂。この鳥を見つけるとついつい追いかけて撮ってしまうので時間がないのに困ります。

February 23, 2011

イタチとカワアイサ

Kawaaisa2411 是非近くで撮ってみたいと思ってたカワアイサ♂が現れるようになったそうなのでまたヤマセミダムの下流に行ってきました。一番カワアイサが集まっている川の中ほどの岩場をのぞいてみましたが今日もいてるのはカワアイサのメスとかマガモ、ヨシガモばかり。今日はお留守かなと思いましたが、せっかくここまでやって来たのだからヤマセミを大きく撮ってから帰ろうかと思ってダムの下へ。

Yamasemi3111 ヤマセミは発電所の立ち入り禁止の赤い枡形の看板の上に乗ってるのがすぐにわかったのでお一人様限定の場所に行って撮りましたが背景が明るい上にこのヤマセミはほとんど動きがないのですぐに飽きてしまいました。以前この場所にとまってるのを撮ったときと違うのはヤマセミの冠羽が立っていることぐらいです。とにかく大きくは撮れたのでヤマセミの目標はクリアしました。

Sousityou1111 その後ほかのカメラマンが集まっている場所で枝どまりのヤマセミなんかを待ってみましたが対岸の木の葉裏に隠れるようにとまったりするのでいいものはなし。暇つぶしにうろうろしているとソウシチョウが現れて地面でどんぐりなんかを食べだしたのでちょっとだけ撮影。ソウシチョウが地面で餌拾いをしだすと車やらハイカーやらが通過するのでまともに撮れたのはありませんでした。

Itati1111 先日もイタチが魚を捕るのが目撃されてたらしいのですが今日もイタチは現れました。私が見たときには食後の日光浴みたいでまったり気分でくつろいでいました。

Itati1211 イタチが水辺に現れるとそれまでここらへんをうろついてたカワアイサは岸から離れ、イタチはどうするのか見てたらいきなり水の中に滑り込むように潜っていきました。この時は魚は捕れなかったようですが、このあと飛んできたヤマセミに注意がいってる間にうまく魚が捕れたようで大きな魚をくわえて走る姿も目撃しました。シャッターはきったものの魚をくわえたイタチの頭がちょうど枝とかぶってしまったので残念ながらボツでした。

Kawaaisa2111 カワアイサ♀の魚とりの場面もあったみたいなのですがあいにく近くにいてなかったので撮れませんでした。時間を見るともう4時をまわっているので遠い枝かぶりのヤマセミばっかり見てても仕方がないなと思い帰路につくことに。立ち入り禁止の看板のヤマセミはこの時点でもやっぱりあそこでじっとしてました。でも、誰も撮りにいかないので人気ありませんな。遠くの点のような枝かぶりよりも場所によっては大きく撮れるヤマセミの方がええと思うんやけどね。さて、駅までの行程の半分ほど来たときに前から頭の黒い白い鳥が飛んでくるじゃありませんか・・・カワアイサのオスや!そのカワアイサ♂はさあ~っと目の前を通りぬけて上流に。ここまで戻って来たのに上流にまた行くかどうか迷いましたが、やっぱり最初の目的を果たさないで帰るのは悔いが残ると思い再び上流へ引き返すことにしました。

Kawaaisa2311 やっとトイレ近くまで来てメスと一緒にいてるのを見つけましたが、今度は川の流れに流されるように下流に移動していきます。またまたカワアイサを追いかけて下流へ。早足で歩いてもなかなか追いつきません。何度か動きが遅くなり追いつくたんびにシャッターをきりまくりました。

Kawaaisa2211 けっきょくカワアイサは最初にカワアイサがたくさんいてた川の中の岩場まで来て移動が終りもう就寝準備を始めたようです。

Kawaaisa2811 カワアイサのオスの頭は緑がかった光沢のある黒をしているのですがもう日が当たっていない状態ではうまく色がでませんね。

Kawaaisa2511_2 時計を見ると5時15分をまわってカワイサ♂も後を向いてお眠りモードに入ったので私もやっと家路につくことができました。

February 20, 2011

鴛鴦@トンネルのむこうがわ

Osidori2311 どこかにタゲリが近くで撮れるとこはないもんかと思って、周囲が田んぼだらけの三田まで行ってきたんですけど、以前タゲリの集団を見かけたことのある田んぼのあたりには姿なし。今日はタゲリどころかいつもよく見かけるケリもいてませんでした。

Tasiggi111_2 仕方がないので夏場にアマサギとかチュウサギがたむろしていた線路近くの田んぼでタシギでもと思って行ってみると、一歩田んぼの畝に足を踏み入れただけでタシギはたくさん近くから飛び出してくるものの遥か遠くに行ってしまうため全然撮れません。すぐ近くにいてるはずなのにどうして見つけられないのか本当に不思議です。午前中はほとんど収穫のないまま午後からどうしようかと考えたすえ、ちょっと福知山線をバックして武庫川渓谷へ。

Mahiwa4111 ここならきれいな赤いベニマシコが撮れるであろうとふんでいたんですけどね・・・いつもの泥濘の道は道端の潅木や雑草が刈り取られており、ただでさえ一本道で鳥に逃げられ易いのに身を隠す木陰さえありません。ベニマシコのきれいなオスはすぐに見つかったものの枝かぶりで躊躇してたら逃げられてしまい、その後まったく見つけられずに声さえ聞こえてきませんでした。足湯の向こうまで行って地べたにマヒワがいてたのでそれを撮ってると川のほうから気になる鳥の鳴き声がします。

Osidori2111 なんとここでは初めてお目にかかりますがオシドリがいてるではありませんか。ところが川のふちに立って撮ろうとするとすぐに飛んで行ってしまいます。もう夕方ですのでちょっと焦りながら何度か行ったりきたりして何枚か撮ったんですけど、いい感じに撮れたと思ったのに後で見るとアングルがあきません。中央のオシドリのペアは右を向いているのに画面の左側に空きがあります。ピント合わせに注意がいってたためにオスのオシドリが真ん中にきてしまい、全体的なバランスがだめになってますね。オシドリの顔の向いてる方にあきがあった方がこの場合不自然な感じがないはずです。

Osidori2211 左側を削ってみました。2羽の間に間があるのでちょっと違和感がありますがこれ以上はどうしようもないので悪しからず。下流側にいてたオシドリが飛んだのでこの2羽も一緒に飛んで行ってしまい、いい場所にとまってくれてたのに残念です。

Osidori2511 天然物のオシドリは本当に敏感でのぞいてるのがわかると全く撮らしてくれないので群れの先回りをして目の前を通りかかるのを待って撮影する方法でやっと集団が撮れましたがもうスピードがのびなくなっておりほとんどの画像はボツでした。やっとなんとか数枚を撮ったところでこの群れもやっぱり飛んで行ってしまいました。本当に感のいい連中ですわ!

Kusasigi2111 今日もいてたクサシギ。以前は下流の橋のあたりでよく見かけたんですけど、最近は上流の橋のあたりでイソシギさんと仲良くしてるのを見かけます。

February 15, 2011

イソヒヨドリ

Isohiyodori1111 夕べ寝る前はどこにいこうかいろいろ考えてたんですけどね、朝起きたら寒いし、時間も遅めになってたので原付とばして行ける甲子園にウミアイサやホオジロガモでも見に行こうと思いついて出かけたんです。ところがついて見たらウミアイサどころかいつもにまして鳥の数が少ない。スズガモの群れも沖の方にいてる群れはわからないけどわりと近い目の群れは数も少なく、その中にはウミアイサもハジロカイツブリもホオジロガモもいてません。オカヨシガモはいてるけどコガモも少なくてものすごく張り合いがありませんでした。そうした状況で唯一時々現れてはどこかに消えるイソヒヨドリが相手をしてくれました。

Kousienhama 端まであるいて河口の浜を見ていると黒い鳥を発見!お、真っ黒なカモとはいったい?と思ってよく見るとたんなるオオバンでした。以前ここにはクロガモとかいうカモがいついていたと聞いたことがあったのでちょっと期待してしまいました。海にもオオバンがいてるんやねえ・・・。

Segurokamome111 ミサゴなんかも飛ぶんやけどここではもろに逆光になるので残念ながらパス。岩礁の上に並ぶウといっしょにセグロカモメと思われる鳥が餌を食べてました。ウはセグロカモメの食べてる魚には興味がないんでしょうか。

Isohiyodori1211 何度も登場してくれるイソヒヨドリですが海に向かってとまられると目がなかなかでなくていいのは撮れないんですよね。飛んでった先を目でおっていると木にとまったのが見えたのでいそいで追いかけましたが、こんどは木の枝が体にかかっていてちょっと・・・。でも、イソヒヨドリの枝どまりはあまり見たことがないので収穫ありかな。

Isohiyodori1311 目の出たイソヒヨドリが撮れたので今日はこれまで。イソヒヨドリはそこらにいてるヒヨドリににてるけどヒヨドリはヒヨドリ科の鳥でイソヒヨドリはツグミ科の鳥なんだそうです。けっこういい声で鳴いてたように思います。浜風とバイクですっかり体が冷えきってしまったのでこのあとは帰って布団の中で寝てました。

February 13, 2011

赤、あお、黄色

Benimasiko3411 いつも同じ所にばっかり行っていては同じ物しか撮れないので今日はいままで行ったことのない場所に行ってきました。尼からJR福知山線に乗ると武田尾あたりまではこれといった自然を撮影できる場所がなかったので途中にもなんか自然公園でもあったらいいのにと思ってたんですよね・・・。最近になって以前はゴルフ場とかレジャー施設だった場所が荒れ放題になっているのを市が買い取って、住民が手を加えて緑地として最近オープンした場所があるということで行って見ることにしました。

Benimasiko3111 駅からバスに乗ってすぐの場所なので根性があれば歩いていけるかと思うのですが、ずっと上り坂の住宅地になるのでバスを使ったほうが楽でいいです。高校前に有料の駐車場もあるので車でもいいですね。別に中にはいるのには料金はいらないのでアオジがやたら沢山いてるなと思いながら展望台方面へ。南側にも入り口があってそちらの前のセイタカアワダチソウにはベニマシコもやってきてました。しかし、ここのベニマシコもなかなか強敵で時々展望台方面とか高い木の上から下におりてきますがかなり向こうのほうの草叢の中に隠れてなかなか姿をみせてくれません。

Benimasiko3511 色の薄いのはわりと近くで撮れたのですがきれいなオスはよってきませんので遠めのやつをトリミングで。これも もうちょっと色が濃いともっときれいなんですけどね。

Miyamahoojiro21111 元ゴルフ場なので以前は芝植えられグリーンがあったと思われる広場もいまは芝が柴刈りの場と変っていていろんな潅木が繁茂してる中をのぞくとミヤマホオジロがいてました。地面近くのブッシュの中にもぐりこんでいることが多いのでなかなか写真には撮れませんが遠い目にやっと撮れました。

Miyamahoojiro2311 たぶんメスと思われるのを追いかけていたら画面の中にジョウビタキが乱入してきました。ジョウビタキとミヤマホオジロのツーショットが撮れるとは意外でした。この芝のあたりはジョウビタキの縄張りみたいでずっとパトロールしています。

Ruribimesu1111 ルリビタキのメスもいてましたが、オスには遭遇しませんでした。今日はちょっと薄味ですが赤、青、黄色の三色がそろいました。

Kasiradaka2111 今日のおまけといっては失礼かもしれないけれど、カシラダカが撮れました。カシラダカの頭の冠羽がはっきりたってるのを撮りたいと思っていたら、今日はちゃんと冠羽が立って見えるのが撮れました。冠羽がたってないと頭高ではなくてカシラヒクなんですよね。

February 11, 2011

雪のふる町を

Kantubaki1111 雪が降ってるねんから家でじっとしてればいいのにね、やっぱり雪の中散歩に行ってみました。街中で雪が積もることはまれなことなので雪がらみで何か撮られへんかと思って期待してしまうんよね。山の方と違って私が外に出たころにはもうよく降ってるのに雪はどんどん溶けていってるのがわかります。カンツバキに積もる雪も早々とシャーベット状に・・・。

Yuki111 近所の公園では雪の降る中 元気なお子様たちがあそんでいました。子供の頃雪が降ると寒いのに何度も窓やベランダから外を見てたなあ・・・。

Segurosekirei1111 傘をさしてたので今日は一脚もなしで、このセグロセキレイは休憩所の柱に手をあてて撮ってます。ぶれをおそれてスピードを640分の1秒で撮ったんですが、降ってる雪をいれて写すにはもっとスピードを下げた状態で撮ったほうが雪に動きがあってよかったかと思います。

February 07, 2011

タイミング

Kawasemi2511 100羽以上のレンジャクがやってきてたという天満に行ってみたが、今日はもうレンジャク部隊は梅田の観覧車に遊びに行ってしまったということで留守番のレンジャクを2羽見つけただけで何も撮らずに撤収。もう一日早ければ撮れたかもしれませんが、餌ももうないことなので期待はしてなかったんですよね。当てがはずれたのでどうしたものかと考えた結果昼から緑地に行ってみることにしました。

Hosihajiro111 今年はなんかここのカモは数が少ないように思うんですけど、久しぶりに普通にいてるホシハジロにカメラを向けてみました。茶色い頭に黒い胸、明るいグレーの羽とオスはなかなかお洒落な出で立ちだと思うんですよ。

Kawasemi2111 いつもの暗い小鳥の森の水溜りにカワセミがやってきました。ちょっと距離があるのですが飛び物を期待して今日はテレコンを使ってません。

Kawasemi2211_2 飛び出しにタイミングを合わせることはできませんでしたが、連写してると餌をくわえて戻ってくるのが写っていました。ここでは最初から戻ってくるのを狙って撮ったほうがいいかもしれませんね。たぶん下の倒木にとまると思うので狙うことは可能だと思います。

Kawasemi2311  餌の小魚はいてないはずなんですが海老のようなものをくわえてでてきました。暖かくなるとおたまじゃくしぐらいはいてるかもしれません。

Kawasemi2611 今日はどこを歩いてもタイミングが悪くて降りて餌を食べてたアオバトに気づかずに飛ばしてしまうし、コイカルがいてるというあたりに行っても工事車両が大きな音をたてていてなんにもいてません。最近はカワセミ池のあたりによくアオバトが来るときいたのでそちらに期待して行ってみました。アオバトは確かにやってきましたが対岸の高い木にとまったのは見えました。しかし、ちょっと目を離したすきにどこかにいなくなってしまいここでも撮ることはできませんでした。しかし、この池では久しぶりのカワセミに遭遇しました。今日のこの子は嘴の下の方が赤いのでメスだということがわかります。

Kawasemi2711 ダメ元でここでも飛び物を狙いました。ピントやスピードには問題があるものの初めてまともに飛び出しが撮れたように思います。餌を狙って飛んだのではなくてもう一羽カワセミが飛んできたので追いかけるために飛び出したのでうまく正面に捉えることができたのかもしれません。

Enaga111 夕方になると風も冷たく感じるようになったのでたくさん飛んでいるエナガを撮って今日は終了。ごく普通のものばっかり撮るのもありですよねえ(^-^;

February 06, 2011

千里の道も

Ooakahara1311 寒さも一段落ついたのか今日はわりと穏やかな一日でした。で、どこに行こうかと思案した結果、まだ撮ったことにない鳥のいてる所を優先しました。今日のターゲットはオオアカハラ。春や秋の渡りの時期によく見られるアカハラに似ているけれどアカハラよりも頭部が黒く、お腹のオレンジ色も濃いといわれています。千島列島などで繁殖して日本には冬鳥としてやってくるとか。この時期アカハラを見ることはないと思うけど越冬するアカハラがいてないわけではないので絶対にこれがオオアカハラだとはいいきれないかも・・・でも、その道の人がオオアカハラだといったとかで私もやっぱり右に習えということで。この道をもう少し先にいった所が少し前にキレンジャクが数羽来ていた場所なのだそうで、その時は行かなかったのが今となってはちょっと悔やまれます。

Ooakahara1511 なかなか近づけない上にお好きな場所が人の闊歩する道沿いなもので人が通るとすぐに飛んで行ったり隠れたりしてしまいます。なかなか公園内に入ってくれませんし、団地の駐車場などといったところもなぜかお好きなようで止まってる車の前や後にも出没してました。さすがにじっとしてると寒くなるし間ももたないのですぐ近くの公園に行ってみることにしました。

Osidori2511 今年はこの公園の池にはオシドリが多く来ているとかでおよそ50羽。今日は時々空を飛ぶオシドリの姿も見られました。いつもは樫の木の下などに隠れていてパラパラと時々前に出てくるのを遠くからフェンス越しに撮るのですが、今日は池の東に設けられた鳥見用のサンクチュアリの窓から狙って見ました。でも、ここの窓って高さといい向きといいものすごく使いづらいんですよね・・・。おまけにのぞくところからは鳥なんかほとんど見えません。今日は隠れてる木の前に出てくれるオシドリがいてて本当にラッキーでした。

Kawasemi1111 この窓の下にある小枝にカワセミがとまっていました。枝かぶりで今ひとつでしたがここでカワセミはあまり撮ったことがないので何枚か撮ってみました。

Osidori2211 オシドリを一羽だけちょっとトリミングしてみました。とてもきれいだけれどやはりもっと近くで撮れないとテレコンつけた私のレンズではボヤ~ッとしてしまいます。本当はオスとメスの並んだのを撮りたかったんですがいい角度で撮れたのがありません。

Osidori2311 おきまりのパタパタも撮ってみました。もうちょっとスピードのあがる場所でやってほしかったなあ・・・。

Ooakahara1111 帰りにもう一度オオアカハラのところへ。オシドリ公園に行ってる間に2度ほどお出ましがあったようですがまたも不在。人と話をしているとやはり駐車場の車の陰から出てきました。その後こちら側に飛んできてすぐにまた団地の裏に飛んで行ったのでもうあかんかなと思ってると夕方近くに私の目の前の楠木に飛んできてとまりました。慌てて何枚か撮りましたが残念ながら空抜けで補正があまく黒つぶれ気味だったのでパソコンで少しいじってます。でも、顔が黒いのでぱっとしません。じつに良いところにとまってくれてただけに悔いが残ります。

February 01, 2011

赤いのん

Kohooaka1111 昨年の暮れに撮ったコホオアカは小さくしか撮れなかったのでリベンジに行って来ました。現地に着いたものの今日は河川敷は風もあるしカメラマンの一人もコホオアカポイントには立っていません。これはちょっと行く場所の選択を誤ったかなと思いましたがとにかくなんか撮らんことにはバス代を払ってきたかいがない。うろうろしたもののジョウビタキ♀とかツグミぐらいしかあそこにはいてません。雲雀の声がよく聞こえるもので後の土手を見ていると一羽動きのない鳥を発見。近いづいていくとこれは雲雀ではなくてコホオアカじゃありませんか。ホオアカということもあるので近づいてよく見ると目の上の先に茶色味のある白い眉斑といい胸の縦斑といいはっきりとコホオアカです。

Kohooaka1211 しかし、ずっと地面で餌を探しているし短い枯れ草が体を隠すので全体がうまく撮れません。なんとか体全体がきれいに出てキャッチライトも入ったのが一枚だけ撮れました。撮りまくったものの何枚撮ってもジベタリアンでは代わり映えしないし、飽きてきたのでセイタカアワダチソウの茎にでもとまってくれるとありがたいのに・・・。しばらくして飛んで行ったのですが、残念ながら川の方に飛んで行ってしまったのでコホオアカはこれでお終い。

Hikuina1211

水路に沿って歩いてるとカメラマンが一人、鉄橋近くにたっておられました。何かいてるのかなと覗き込んだときに赤っぽい鳥が目の前を横切りました。ありゃ、こんなところにヒクイナが!

Hikuina1111_2 ヒクイナって昨年は服部緑地によく出てたので何度か撮ったけれど、今日見たヒクイナは私の記憶のヒクイナよりもなんかちっこいんですよね。しばらくバンなんかと一緒にうろうろしてましたがやがてどこに行ったかわからなくなったのでもう少し先に行って見ることにしました。

Benimasiko1111 なんか聞き覚えのある鳥の声がよく聞こえるなあと思ってると水路の向こうの木にベニマシコ♀の姿を発見。メスでもいいから撮ってから帰ろうと飛んで行った先に行くとなんとベニマシコのオスもいてるじゃありませんか!

Benimasiko1311 ベニマシコってすぐ草むらの中に隠れるので見失いがちですが、しばらくじっとしてるとまた姿の見える場所に。手前にメスの姿が写ってるのがわかりますか?

Benimasiko1411 もう一羽、メスよりもオレンジっぽいのがいてました。どうやらこれもオスやと思うんですけどこれから赤くなるんですかね。ん~・・・ニューハーフだったりして(そんなもんいてません ハイハイ)

Hikuina1411 ベニマシコが行ってからヒクイナのいた場所に戻ってしばらくするとまたヒクイナが現れました。今度はかなり大人しくてじっとしてる時間が長いんですけど、動いてくれないと寒いし間がもちません。Hikuina1511 パンをくわえてひっこんだままじっとしてるのでどうしようもなくなって今日はこれまで。

Keri1111 今日のオマケ この河川敷では初めて見たケリです。田んぼにいてるというイメージがあるので今日久しぶりに見たとき何かわからずに、もしかしたら珍鳥かも?と思ってしまいました(笑)

« January 2011 | Main | March 2011 »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ