« November 2010 | Main | January 2011 »

December 2010

December 28, 2010

ホオアカ&コホオアカ

Hooaka110 二十数年ぶりに大阪の市バスに乗りました。昔、城北公園に花菖蒲を撮影に行って雨だったので帰りは市バスを使ったことがあり、それ以来の大阪の市バスでした。大阪駅から市バスに乗るとバス停は青乗り場、赤乗り場、黄色乗り場にわかれていて青乗り場と赤乗り場の2番に守口車庫行きがあった。今日は赤乗り場から市バスに乗り目的地へ。ゆっくり目に現地に着くともう三脚を構えた人たちがたくさんいてて今日は9時すぎにはもう第一ステージがあったらしい。

Hooaka1510 大半の人たちはホオアカよりもコホオアカを撮るのが狙いのようだが、私はホオアカもまだ一度も見たことがなかったのでどちらが来ても初物です。思っていたよりも開けた場所だし、こう人がいては思い切って接近した撮影はできませんが、ホオアカのほうはそこそこの大きさで撮影できたと思います。ただ周囲の人もコホオアカとなるとはっきりと識別できる人は限られてるようで、私も初めてなのでコホオアカには頭央線があるぐらいしかしりませんでした。

Hooaka1310 ところが頭央線はホオアカの方にもあることがわかりました。これでは自分が撮ってるのがホオアカなのかコホオアカなのかわかりません。周囲の人が撮影したコホオアカを見せていただいて、親切な解説つきでこれがコホオアカだというのがやっとわかりました。↓

Kohooaka1110 大きく撮影できたのがないのでトリミングした画像です。頭の頭央線はホオアカよりも太くて目立つ感じで目の上の眉斑はわりとはっきりと白く見えます。胸の縦線はホオアカのそれよりも長くて、なによりもお腹の色がホオアカが褐色味があり、胸のあたりにはっきりと境界があるのに対して、コホオアカはかなり白く見えます。

Kohooaka1310 横から見るとコホオアカはこんなんでした。目の下の褐色部の縁取りもはっきりとしてるような・・・。コホオアカは少数が日本に旅鳥もしくは冬鳥としてやってくるだけで珍しいのだそうです。へえ~・・・

Hooaka1410 一番近くで撮れたジベタリアンのホオアカ、背中側ですがノートリミングです。そういえば眉斑も白というよりは灰色のような・・・。

Arisui5110 アリスイもいたんですけど、ボケボケだったのでトリミングなしで雰囲気だけご覧下さい。

Nutoria3110 今日のオマケは久しぶりに見たヌートリア。しかし、どこにでもいてますなあ

December 25, 2010

巣立ち?

Kijibato110 22日に仕事に行こうとドアを出るとなにやら街路樹の上にパタパタするものが目に入りました。よく見るとそれは親バトに餌をねだっているキジバトの雛鳥でした。街路樹もすっかり葉を落としてしまいキジバトの巣が丸見え状態に。へ~え~、こんな場所にキジバトの巣があったんやと思いながらも時間がないのでそのまま仕事へ。その後巣にキジバトの雛の姿は見れたのですが親の姿はなし。この寒さと強風でどうしているかなと思い今朝見てみると雛鳥の姿もなくなっていました。雛鳥といってもすっかり大きくなっていたので巣立ったのであればいいけれど、丸見えの状態だったのでもしやカラスにでも襲われたのではないかとちょっと心配になりました。

Kijibato1210 木の下から見たのでは雛鳥の首しかみえないのでマンションの階段の踊り場からみると枝かぶりだらけなんですが、やっと体のほうも見ることができました。こう見るともう立派なキジバトですね。まだ首の青いマークはありませんでした。

Kijibato1310 いつのまにか巣から出てたのでまた外に出て羽づくろいをしてる姿を撮ってみました。このあとまた巣の中にもどって寝てたのでまだ飛び立ちはしないのかなと思ってました。これを撮影したのが24日の午前でしたのでいなくなったのはその後ということでしょうか。できたらまた親バトに餌をもらったりする姿を撮りたかったんですよね。ハトは親鳥のそのうから出るピジョンミルクとよばれる栄養のあるミルクをもらって短期間で大きくなるそうです。せめて親バトとのツーショットを撮りたかったなあ・・・。

December 23, 2010

ちょっと期待

Mejiro1110 相変わらず鳥屋さんのブームとは関係のないところばかり歩いています。今日も朝が遅かったもので今から出かけても何かしらの収穫があるかもしれないと考えていつものトンネルのむこうがわを歩いてきました。駅前でまずメジロを撮影。久しぶりにメジロをとりましたが赤い木の実とよくあいます。柿の実みたいやけどなんかちっこいんですよね。柿でええのかな?ウグイスにアオジ、ジョウビタキなんかがうろうろしてましたが撮らしてくれそうにないので諦めて対岸にむかいました。

Benimasiko6210 いつもの泥濘の道をボチボチ歩いていると今日は珍しくカメラマンが何人かきていました。いつもは多くて2、3人に出会うぐらいなんですけど、今日は一日で7,8人と出会いました。カメラマンに出会うよりもベニマシコに出会うことを期待して歩いてるんですけどね。そのベニマシコはというとメスには5羽ぐらい遭遇したのですが撮らしてくれたのは一羽のみ。ベニマシコの声と思われるのはときどき聞こえてくるのでけっこう入っていると思うんですけどオスとの遭遇はまったくなしでした。赤いオスとかウソ♀を撮影されたかたもおられたので運と意欲があればもっと収穫がありそうな場所です。

Mahiwa4110 マヒワの群れも飛んでいるのをよく見かけましたが手じかなところで撮らしてくれたのはメスが一羽のみ。たまたまベニマシコと同じ画面に入ったのでちょっとかぶってますが記念写真を一枚。同じ餌を食べるので仲が悪いのかと思ったらそうでもなさそうです。縄張り意識はあまりないのかもしれません。

Benimasiko6310 ほかに撮れた鳥がいてないので一枚トリミングしたのもいれておきます。撮影できたのはこれだけなんですけど、今日はちょっとサプライズがありました。今まで行ったことのないあたりをのぞきに行ったらバーダーさんに出くわしてヤマセミが行ったり来たりしてたとか。カメラマンも2名待機してました。ところがもう夕方で、出て来てもシャッターはきれないかもしれないと思いながらも30分だけまってみることに・・・。一人になってタバコに火をつけたときに正面からいきなりヤマセミが飛び出しました。あらら・・・すぐに見えないところに行ってしまいましたので場所を移動して木の隙間ごしに川を見てるとやっぱりおんなじような感じでヤマセミが飛び出しました。どうも木にとまる時は見えないところに潜り込むみたいです。駅で出会ったほかのカメラマンのかたもさっきの泥濘の道のコーナーでヤマセミに遭遇したとか。今年の冬はベニマシコ、ウソ、ヤマセミが期待できるかもしれません。

December 21, 2010

普通のん

Aoji5210 最近は山の上にハギマシコやらオオマシコなどが出てるらしい。撮りに行きたいところやが足がないので遠くまで行くのはちょっと・・・・。ということで無理のない程度の山に行ってみました。ここも何年か前にはオオマシコがおったというんで賑わった所なんで、もしかしたらという期待もちょっとだけありましたが、見事に期待は裏切られました。ということで撮れた普通の鳥たちです。先ずはアオジ♂。お腹の黄色がきれいですね。おまけにノビまでしてくれるサービスのよい子でした。

Hoojiro5110 ホオジロ♂はたくさんいてました。ススキの種が好きなんでしょうね。これだけホオジロがいてるならミヤマホオジロも一緒にいてそうなもんですが、グチャグチャの向こうの枝にメスらしいのがとまってるのはみつけましたがはっきり見えんのでパス。

Joubitaki6110 ジョウビタキ♂はいてたけどルリビタキはみつかりませんでした。あとはビンズイをみつけてファインダーに捉えたものの向きが悪いのでためらってたら歩き出してそのままどこかに飛んで行ってしまいました。今期はまだ撮っていないのでこれはちょっと悔やまれます。

Enaga5110 最後にエナガの群れが飛んできたのでなんとか背景に色があるのを撮りたかったんですがダメでした。ということで雨が降り始めたので終了。

いままで撮りためた野鳥がだいたい150種ぐらいになったのでマイフォトの写真を時々更新していってます。古いフィルム時代のものもあるのですが、もっと写りのいいものが撮れたらこれもデジタル画像のものに入れ替えるつもりです。遠征もせず近場で電車と歩きだけで撮った素人写真ばかりですけど、こんなにいろんな鳥が撮れるということで参考にしていただけたらと思います。なかにはどこに写ってるねん?とか種別に疑問のあるのも撮ってるんですけど悪しからず。

December 12, 2010

南下してきたのかチョウゲンボウ

Tyougenbou2210 ここ2,3日風邪気味で鼻水タラちゃん状態。屑箱を鼻紙でてんこもりにして横になってたけれど今日はわりと体の調子もよくお天気もよさそうなのでちょっとだけなら大丈夫かもと思って淀川へ。オオジュリンぐらいならいてるかなと思って河川敷を散策していると前方からチョウゲンボウが2羽飛び立ちました。ありゃ、下に降りてたんや!一羽は道路脇の国土交通省の建物の塔にとまったのが見えたのでできるだけ近寄って撮影することにしました。

Tyogenbou2110 これぐらいならなんとか見れる大きさかなと思ったところでシャッターをきってたら飛ばれました。でも、ちょっとかっこよかったのでボツにせずアップします。

Tyougenbou2410 飛ばれたらそれで終りになるかと思いきや、すぐに戻ってきました。いつのまにか私の背後にはギャラリーが並んでいて、今日は探鳥会があったようです。ひょっとしてずかずかと前進して撮るもんやから邪魔したのかも・・・。淀川のチョウゲンボウというとここらへんではニッペのあたりまで行かないと撮影できなかったのにずいぶんと南の方まできてるんやね。好物のバッタも数が減ってきたので場所を変えたのかな?このあと低空でこっちに向かって突進してきて目の前でホバしたり、餌の受け渡しもあったみたいやったんですがいい場面はまったく撮れませんでした。

Isosigi5110 今日のおまけ。すぐに逃げられることが多いのであまり近くで撮ることがないイソシギさん。今日は大人しくモデルになってくれました。

December 07, 2010

草刈まっさお

Ruribitaki7110 どんよりとしたお天気の上に風も強くて、こんな日はどこに行ったらいいものか困ります。近場の公園なんかも一応見てまわったあとなんで昨日はアカゲラが出たという公園まで行ってみることにしました。着いてみるとなんとギャイーンという草刈機の音がします。え~っ!葦やら笹薮だったところがほとんどなくなっていて周辺の木々も散髪されて寒そうな風景にかわっていました。これではアカゲラどころか普通の鳥もおらんわ・・・しかし、ちらっと見た青い鳥が撮れるのではないかと思ってヌルデと思われる木の近くで立ちん坊。思った通りルリビタキ♂が現れました。お天気がもっとよければ実を啄む姿も撮るんですが肉眼でみても黒つぶれだったので下の方にとまったのを少々。

Ruribitaki7210 今度はヤブサメを撮った公園の方はどうかなと思って行ってみると、ルリビタキ♀が出て来てくれました。それと、今期初めてイカルの群れを見つけました。

Ikaru5110 ただみんな背の高いユリノキかと思われる木の上の方にとまっていて近づいて下から撮るとやっぱり黒くなるので離れた距離から撮影です。ここにイカルが増えてるということはその内にコイカルが混じった群れがこの近くで見られるかもしれませんね。

Tugumi6110

駅近くの公園でカワセミでも撮って帰ろうとすると柿がいっぱいなってるところにヒヨドリ以外の鳥がやってきました。う~ん・・・普通のツグミですな。でも柿の実や周囲のクヌギの葉を入れて撮るときれいなんですよね。

Kawasemi5110 カワセミはというと、遭遇した知り合いの人と話しをしてると飛んできてネットの上に。そこでは遠すぎるので次に飛んだ先でしばらくじっとしてたのを撮ったんですが、どうも今ひとつ

Kawasemi5210_2 また飛んで柵の上にとまったのを花壇の花を背景にして撮れると教えてもらい、しゃがんで撮ったのがこれ↑。やっぱり今ひとつ近づけないのでトリミング大。寒くなってきたのでここは撤収。

Kanmurikaituburi5110 帰りの電車を途中下車して淀川を除いてみるとカモの群れの中に一羽白いのが浮かんでいます。ちょっとだけ顔をあげてくれたのが一枚撮れました。お久しぶりのカンムリカイツブリです。わりと岸から近い場所にいてました。

Mozu5110 曇りの日の夕方はなにがいててもよくわからないので一駅ぶんだけ川沿いをそぞろ歩き。鉄橋近くでモズがたそがれてましたが風が強くてヘアスタイルがかわってました。ここらへんは葦やらススキやらが河原に群生してる場所なんですけど、なんのために設けたのか水路が間にできてました。前来たときはこんなものなかったんですけどね。へんにいじるよりは自然のままの方がいいように思います。

December 05, 2010

収穫なし、しかし

Hoojiro4110 撮影に出てかならず何か撮れるという保証はないけれど、それでもなにか目ぼしいものを一枚ぐらいは撮って帰るんですが今日はもうほとんどシャッターをきっていません。紅葉の季節もほぼ終わった武田尾は駅から出るともうひや~っとしていて静かなもんでした。草の実なんかはたくさんあるところなのでそれなりに鳥はいてるんですけど、ファインダーにとらえることができませんでした。道端に出ていたアオジホオジロをやるきなく撮っただけです。

Aoji3110 ルリビタキとかベニマシコといったここでは定番の冬鳥もいてることはいてるんですけどね一本道のはるか先にそれらしい姿が飛ぶだけでした。ところで気になったことがあります。いままでここではお目にかかったことのないソウシチョウがあちこちにいてました。といっても姿はちらりとしか見てないんですけど、いたるところで鳴き声がきかれました。ソウシチョウはきれいな鳥だけど特定外来生物とかいって、日本の生物の生態系をこわすとかで駆除しなければいけない生物なんだそうです。たしかに今年はあちこちでソウシチョウが見られてます。元々籠の鳥だったのが放鳥されたり逃げたりしたのが繁殖したものでたしかにすごい繁殖力をしてます。ソウシチョウは野鳥の範疇には入れないのだそうですが日本ではもう輸入も販売もしていない鳥なので日本で繁殖していれば私はやっぱり野鳥だと思うんですよ。将来そこらへんにいてる鳥になっても野鳥ではないというんでしょうかね。

« November 2010 | Main | January 2011 »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ