« 採りつくされたのかクロツバメシジミ | Main | キビタキ »

October 07, 2010

秋の渡りと幻のトンボ

Ooruri5110 先日近所の公園でトンボを撮ったときのこと、飛び回るトンボの中に羽の付け根が赤黒く見えるトンボがいてました。その時はきっとネキトンボだろうという思いさっさと引き上げたのですが、どうもそのトンボのことが気にかかって、そういったトンボがいてるのかどうか調べるとハネビロトンボというのがそれに該当します。ハネビロトンボというのは南西諸島とか九州、四国南部など南方にすむトンボでたまに台風などの風にのってほかの地域にも現れるとあります。もし、あの時見たトンボがハネビロトンボだとすると珍しいものが近所の公園にいてたことになるので是非確認したいものと思ってたのですが、ここんとこお天気が雨だとか他の探索とかで公園に行ってませんでした。今日はお天気もよく早い目に用事も済ましたので公園まで出かけますと、今日は渡りの鳥たちもよく入っていて、いきなりオオルリをみつけたり、目の前にキビタキがとまってたりしました。

Nekitonbo2110 なんにもいてなければずっと池の縁であのトンボが現れるかどうか待つのですが、こういろんな鳥が姿を見せてくれると鳥を撮らずにはいられません。したがってトンボ探しと鳥探しを交互に繰り返して2時間ほど遊びました。上の画像はネキトンボなのですが、さあ あのトンボはやっぱりネキトンボだったのではと考えられなくもないようにも思えます。ほかにはまだショウジョウトンボもいてたのでそれと見間違えたとも考えられます。結局のところハネビロトンボは見つからず、今日のところは幻のトンボということになってしまいました。真実はどうなんやろうね?

Kibimesu2110 夏鳥たちはコサメビタキもいてたし、このキビタキ♀やもしかしたらエゾビタキだったかなというものもいてました。

Kibitaki5110 いいところで弾切れになってしまい振り向いたところが撮れませんでしたが、今期初撮りのキビタキ♂です。すばしこくて明るい場所では撮らしてくれなかくて暗がりでじっとしてた後姿にシャッターをきってシャッター音に反応したところです。顔の黒い鳥はやはり目に光がないとなんかわかりませんね。オオルリ♂も顔に影がかかってる上にマイナスに少し補正してたので画像処理でごまかしてみました。近所でいろいろ見られるようになると秋の渡りも本番に突入したという気になります。

Aoitotonbo2110 池では赤とんぼにまじってアオイトトンボもメスをゲットして産卵活動にがんばっていました。アオイトトンボのオスは成熟すると白い粉をふくのでオオアオイトトンボと間違えることもないかもしれませんが、メスだと違いがはっきりしないように思うんですよ。

« 採りつくされたのかクロツバメシジミ | Main | キビタキ »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 採りつくされたのかクロツバメシジミ | Main | キビタキ »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ