« イソヒヨドリ@ABA | Main | 秋の渡りと幻のトンボ »

October 05, 2010

採りつくされたのかクロツバメシジミ

Jorougumo110 珍蝶クロツバメシジミを撮ろうと思っていつものトンネルのむこうがわに行ってきました。午前中はいつもの場所でうろうろしてみたものの姿なし。午後からもう少し食草のツメレンゲたくさんはえてる場所まで歩きましたがやっぱりいてません。ということで目標物を発見することさえできずでした。最後にコジュケイでも歩いてないかなと思ってぬかるみの一本道も歩きましたが草むらに隠れていたコジュケイ4羽を飛ばして本日は終了。と、いうことでまるボーズです。何もここで撮らなくてもというものと秋の野草なんかは撮ったのでそれでも見て下さい。上の画像はジョロウグモ。大きくて立派なのはメスなんだそうです。メスのジョロウグモは時には小さなオスのジョロウグモを喰ってしまうこともあるそうです。お~ こわ sad クロツバメシジミも人間のネット屋に採り尽されてここの狭い範囲では絶滅したのではないかと心配になります。2年前、3年前に撮影した時には夏の暑い時期だったので季節的なずれがないとはいえないけれど、クロツバメシジミというとやっぱり秋なんですよねえ・・・。そういえばジョロウグモがよく見られるのもやっぱり秋です。

Tumerenge1210 これがクロツバメシジミの食草ツメレンゲです。もう花が咲いているものもありましたが、これからが花のシーズンです。

Tubamesijimi110 ポイントからちょっと離れた場所にいてたツバメシジミ。一瞬クロツバメかと思いました。

Yamatosijimi2110 いつもの茶店で一服してるときに見つけたヤマトシジミ。交尾中のペアをうらやましそうにじっとみつめるオス。

Mizuhikisou110_2

道端に咲いていたミズヒキソウ

Kinmizuhiki110 これはキンミズヒキ・・・だと思う。適当にネットで調べてたぶんこれやと思う名前をかいてますので間違ってるかもしれません。

Akityouji110アキチョウジだな たぶん。野草の名前も覚えたいとは思うけど、頭に入れたしりから抜けていくような・・・。人間の名前なんかもっとひどくて、鳥見の時などご挨拶いただくのに顔と名前がまったく一致しなくて適当に流して失礼することもしばしば・・・ごめんなさい ヾ(_ _*)ハンセイ・・・

« イソヒヨドリ@ABA | Main | 秋の渡りと幻のトンボ »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« イソヒヨドリ@ABA | Main | 秋の渡りと幻のトンボ »

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ