« 今年の初谷は | Main | 卯の花と蝶 »

June 05, 2010

鳥も蝶々も撮れない放題

Kojanome110 6月というと蝶屋さんにとっては年に一度のゼフィルスとの出会いの月なのでまだ早いかなと思いながらもクヌギやナラガシワ、コナラなどが多くはえている生駒方面に行ってみました。春先にソウシチョウを撮影に行った時は神社側の展望台まで登ったので今回は川をはさんで反対側の額田山展望台をめざします。とぼとぼと赤い橋までくると今日は平日なのですがネットマンがいてました。蝶までの距離に応じて3本も捕虫網をもってるとは用意周到ですね。ネットマンとはターゲットが競合するのであまり話すことをせずに川向こうの桜広場で一休みです。川の上の木でオオルリが鳴いているのが見えましたが距離がありすぎの上枝かぶりなので見ただけ。なんとここで藪の中から大きな声と羽音とともにコジュケイが目の前に現れました。せっかくファインダーの中に捉えたもののまだ電源もいれてなくてもたもたしてるうちに散策の人が登ってきてコジュケイはどこぞに飛んで逃げてしまいました。コジュケイの連敗記録更新中(ρ_;) コジュケイを撮り逃がしたショックが抜けきれないまま山道を行きますがウツギの花かなにかに黒系のアゲハを発見。やや距離があるもののなんとか見れる範囲なので何枚か撮影したのですが、スピードが思っていたほど伸びてなくて全部ブレブレのボツ!山道で肉体的な疲労感の上に精神的ダメージも加わってここまで来たのに今日はボーズかもしれないという不安が頭をよぎります。ちょっと一息いれようとベンチに寄ると2頭のコジャノメが追いかけあいをしていました。とりあえず撮れるものはなんでも撮ろうかという気になってましたのでとまったのをパシャcamera 今季初のコジャノメです。

Daimyouseseri110_2 展望台よりも上に行くとやや開けた場所があってそこでテリを張っていたダイミョウセセリも撮れました。ダイミョウセセリには関西型と関東型というのがあって、後翅に白い斑紋が並ぶのが関西型。このダイミョウセセリは白の斑紋がはっきりしませんが一応斑紋があるので関西型ということでよろしいかと・・・。

Kurokonomatyou110 初谷でもそうだったけれどなぜか普通の蝶、モンシロチョウとかキチョウとかにほとんど遭遇しませんでした。ヒメジョオンなどの蝶の好む花も咲いているのですが吸蜜にやってくる蝶の姿はなし、鳥枯れならぬ蝶枯れ状態で、蝶の数も少ないと感じました。おそらく5月に低温の時期が続いたので蝶の羽化の時期も遅れがちなのかもしれません。気温も上がったことだし来週にはゼフィルスも見られるかもしれませんね。撮影はできませんでしたがトイレの前にミスジチョウがとまってました。ここはカエデの木も多いので本家ミスジチョウもいてるんですね。ミスジチョウ撮りたかったなあ・・・。最後にソウシチョウでもいてないかなと思って梅林に寄ってみましたが暗くてよくわかりません。なんかそれらしいのはちらっと見えたのですが愛想なしでした。枯葉を踏みしめて歩いてると足元からなにか飛びました。今期初撮影のクロコノマチョウです。大阪城公園あたりでも目撃されることがあるのでものすごく珍しいという感じはしませんが、周囲の枯葉に同化していて偶然に飛ばないと見つけることはできません。

« 今年の初谷は | Main | 卯の花と蝶 »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 今年の初谷は | Main | 卯の花と蝶 »

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ