« 奈良観光で鳥探し | Main | ツマキチョウが撮れない »

April 12, 2010

きょうのヒレンジャク

Hirenjaku2210 奈良のヒレンジャクがいまいちでしたので、今日は京都まで足をのばしてみました。ここは駅からも近いし、今日は飛んで行っても遠くにはいかずに川沿いのどこかにいてるので撮り放題といっても過言ではないと思います。ただ、高い場所を飛び回るし枝かぶりと曇り空で黒つぶれみたいなのを量産することにはちがいないかも・・・。まあ、水場に降りてくるヒレンジャクを待って撮れば問題はなしなんですがね。

Hirenjaku2110 まずは初めて撮ったヒレンジャクのフンから。運河のような細い川ぞいにはヒレンジャクの好きな寄生植物のヤドリギが沢山ありますので、それを食べたレンジャクはねばねばの糸のように長く垂れ下がるヤドリギの種を含んだフンを出します。それが木に付着してそこから芽を出すという仕組みですね。

Hirenjaku2510 朝方は小雨模様だったので出かけようかどうしようか迷ったのですが、また降られたら駅からも近いことだし帰ったらいいなと思って出かけて正解でした。ここにいてる間は雨にも降られずにすみました。水面に映る若草の緑もきれいでした。

Tumakityou110 ほかの人は気がつかないと思うのですが、モンシロチョウに混じってツマキチョウがよく飛んでいました。なかなかとまってくれないしすぐに飛び立ってしまうものですからちゃんと撮れなくて、離れた場所から撮ったボケボケの証拠写真だけです。

Tabesanae110 トンボも見つけました。羽化して間もないのでしょうね。本来なら羽を開いた形でとまるはずなのに閉じた状態で花にとまってました。下から見上げた写真だけなので種類はちょっと自信ありませんが、たぶんタベサナエではないかと思います。

Hirenjaku2810 ヒレンジャクに話を戻します。水場以外では下のほうに降りてこないので見上げた画像ばかりになるし、お腹ばっかり撮ることになるのですが、やや背面から撮ったのが日が差したときに撮れたので一枚 camera

Hirenjaku2710 ヒレンジャクの水浴びも撮れました。

Hirenjaku2310 3時ごろから水場によく降りてくるようになりましたが、対岸を歩く人もいてるし、観光用の三十石舟なんかも通るのでレンジャクもねばねばのヤドリギの実を食べて水を飲みたいでしょうに用心深くてなかなか降りてきませんでした。

Husimi1210 この町も二十年以上前、京都によく花の写真を撮りに行ってたときに訪れたことがあります。川をはさんだ対岸からみえるこの酒蔵の風景を撮るのが目的でした。今日はまだ土手には黄色いからし菜の花があまり咲いていませんでしたが、よく晴れた日に黄色と緑の土手と古い酒蔵を平行に撮るという構図が素敵なんですよ。

Sugidama110_2 Yadorigi110 

ある酒造メーカーの前を通ったときにそこの売店前で杉玉をみつけました。杉玉は新酒が出来たことを知らせるために軒に吊るすものだそうです。そういえばレンジャクの大好きなヤドリギもこんな風にまるっこい姿になりますね。

« 奈良観光で鳥探し | Main | ツマキチョウが撮れない »

「自然」カテゴリの記事

Comments

アニキさん、こんばんは!
奈良リベンジと思っていたら京の都だったんですね。
いろいろな情報をお持ちでうらやましいです。

鳥さんもいいなあ!と思いましたが僕的には
酒蔵っていうのも気になります(^^;

ツマキチョウ、この前チャンスがあったのですが
残念ながらネットの向こうからこっちに来てくれなかったんですよ。

tenraさん

いや べつに人が行ったあとをなぞってるだけで情報なんてほとんどはいってこないんですよ。

tenraさんが気になるのは酒蔵というよりもその中身なんじゃないですか?

ツマキチョウはやっぱりカラシナのはえてる川沿いでよくみかけますね。
ただ、圧倒的にモンシロチョウが多いので見分けられません!

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 奈良観光で鳥探し | Main | ツマキチョウが撮れない »

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ