« 駅前のベニマシコ | Main | 初めてのカササギ »

March 09, 2010

ジョウビタキ♀とカシラダカ

Joubitaki3110 とくに撮りたいものもないので久しぶりに三田まで行ってみました。いつもの公園のバードバスの丘には今日はカメラマンが一人いてるだけでした。前回来たときにはここにコジェケイがやってくるとかで数名のカメラマンが待機しておりバードバスにも鳥がやってきやすいように木や餌が用意してあったのですが今はもう普通に水が入ってるだけ。ここはジョウビタキ♀がいついているので、そのかたは枝に餌をつけて飛び物の撮影をしておられました。ぼ~っと見ててもしかたないので私も仲間入りをさせていただきました。

Joubitaki3220 以前はよく大阪城公園の梅林でオスのジョウビタキを相手にカメラマンが放列をつくっていたものですが最近は三脚の使用禁止とかでたぶんやってはないと思うんですけど、どうでしょう。この飛び物の撮影は面白いので熱中してしまいますがなかなか難しいものがあります。鳥の画角への侵入角度とか予想しておかないといけないし高速で連写しないとブレブレになるしで、せっかく撮れてもきれいに羽を開いてないとつまらない絵になってしまいます。お手つきならぬ足つきも減点ですね。

Yamagara110ここはヤマガラもよく現れる場所で、なんとヤマガラまで餌の虫を狙って飛び込んできました。ヤマガラの食事というとヒマワリの種とか植物系のものとばかり思ってましたがこういった虫も食べるんですね。ジョウビタキに追いかけられながらも隙を狙ってやってきてます。

Joubitaki3310 公園内のほかの場所にジョウビタキ♂がいてました。さっきの飛び物がオスだったらもう少し粘ってたかもしれません。今日はあまり公園内でほかの鳥にお目にかからないし、ありきたりで最近はあまり撮ることもないのですが目の前にいてくれるとやっぱり撮ってしまいます。Kasiradaka110 ジョウビタキを撮って池の傍に出ようと階段下に降りたところでなにか飛び立ちました。それが遠くにいかずに頭の上の木にとまってくれたのでバックしてもとの場所に。ホオジロかミヤマホオジロと思ったらこれはカシラダカですね。ちゃんとした画像が撮れてない鳥だったのでちょっとラッキーかなと思いながらカシャ camera でも、カシラダカらしい頭の上の短い冠羽が立ってないみたいなのでチャンスがあればまた撮りなおしたいものです。後ろから見るとカシラダカの背中、尾羽の付け根の部分は鱗模様になっていてホオジロとははっきり違うのがわかります。

Hoojiro110 帰りがけに畑のあたりでみつけた普通のホオジオロ♂お腹のあたりの色も淡い茶褐色をしていています。もう夕方なのでブルーのオオイヌノフグリの花も閉じてしまっていますが咲いていたらきれいな絵になったかもしれません。この花が咲くともう春だなあと思います。そういえば一羽だけですがツバメが飛んでいるのを見ました。

« 駅前のベニマシコ | Main | 初めてのカササギ »

「野鳥」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 駅前のベニマシコ | Main | 初めてのカササギ »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ