« わてがナニワトンボでおます | Main | ハズレの日 »

August 23, 2009

ナガサキアゲハとベニイトトンボ

Nagasakiageha219

まだ夏の昆虫たちが見られるのではないかと思って農業公園までいってみましたが、あれほどたくさんアキニレの木にとまっていたハナムグリの姿もなくセミの姿もまばらで、そこはかとなく秋の気配がただよっているような・・・。そうなると撮るものがあまりないなあと思ってると裏のクサギの花がちょうど満開でした。クサギの花はアゲハチョウをよぶ花ですのでそこで待っていれば何か撮れるだろうと思って見ているとボロボロのキアゲハのほかにナガサキアゲハ♀を見つけました。ただ今日は畑のゴミなんかを焼却していたので煙が邪魔をして条件がよくありません。適当に何枚か撮ってここはこれまでです。

Musikui19

午後からどうしようかと考えた結果、前回狙ったけれど撮れなかったベニイトトンボを撮ろうと思って緑地公園まで足をのばすことにしました。ベニイトトンボはすぐに蓮のお池に2匹発見したので適当に撮影し、つぎに柳の木に産卵にきてたコムラサキを狙ったのですがこれは思いのほかに素早くまったく撮れませんでした。しかたなく再びトボトボと歩いてるうちに雨が降り出して木陰に雨宿りしてると、私と同じように木陰に飛び込んできた鳥が・・・。春の渡りのとき以来のムシクイさんのご登場です。鳴き声なしなので下からでは種類はわかりません。そういえばどこかではもう秋の渡りがはじまっていてコルリが見られたそうです。

Beniitotonbo19

緑化植物園の池でもベニイトトンボを見つけました。蓮の花の咲くお池と周辺では見たことのあるベニイトトンボですが、ここで見たのははじめてです。ベニイトトンボの生存できる池というのは非常にすくなくなっているのでこれも絶滅危惧種なのですが、ベニイトトンボの卵が産み付けられた水生植物がほかの公園の池などに植えられることによって、いままでいてなかった池でも見られるようになったという例もあるそうなので彼らはけっこううまく人間と共存してるのかもしれません。

Agasakiageha229

温室のあいてる窓から見える花に外からナガサキアゲハ♂が蜜をすいに訪れてました。温室の窓の下の隙間を見ると温室の中にもぐりこんでしまったものの外に出れずにおなくなりになった昆虫たちのミイラがたくさんはさがっていることに気がつきました。温室というのはでかい昆虫トラップみたいな役割をするんですね。合掌

Nutoria19

もう夕方ですので霊園でカワセミでも見てから帰ることにしました。すわってると池の中になにか異質なものをみつけました。ヌートリアがいてるという話はきいてたのですが、ここでみたのは初めてです。いま霊園の池は菱が大繁殖して池の水面を覆っているのですがどうやらそれを食べているようです。最近ここのカワセミはこの菱なんかが水面を覆っていて水の中が見えなくなってるので、餌の魚が撮れずにあまりこなくなったといわれてるので草食のヌートリアに食べてもらってるとちょうどいいかもしれませんね。でも、このヌートリアはどうやってこの池に侵入してきたのでしょう。天竺川の壁をよじのぼってきたのでしょうか。

« わてがナニワトンボでおます | Main | ハズレの日 »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« わてがナニワトンボでおます | Main | ハズレの日 »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ