« ヤマセミの親子 | Main | わてがナニワトンボでおます »

August 18, 2009

夏の終り?

Miyamaakane19

とくになにが撮れるというわけではないのですが、午後からでかけたので駅を降りるとそこはもうフィールドになるということが便利な武田尾に行ってきました。今日は廃線跡ではなく対岸の湿った方の道を歩いて少しでも直射日光を避け、湿った道に吸水に降りて来る蝶でもいてたら撮影しようという作戦です。

Hagurotonbo19 Hagurotonbo29_2

夏にこの道を歩くと足元から湧いて出るかのようにこのハグロトンボが飛び立ちます。蝶のように吸水するわけでもないのに、湿った暗い道の上が大好きなんでしょうか。左の腹部がきれいな方がオスで、右の地味な方がメスです。いつもはきれいなオスしか撮らないので今日はメスをきれいに撮ってみました・・・代わり映えしまへんか(笑)

Himekimadaraseseri19

おそらく今日見た蝶では一番数多く見たのではないかとおもわれるヒメキマダラセセリです。すぐに羽を開くので羽の裏側を撮ろうと思ってねばりました。小さな体ですが、なかなか気が強いみたいで、クサギの花のあたりで縄張りをはっていたのは大きなクロアゲハが飛んできてもすぐに追い払いに飛び出してくるので、おかげで今日はアゲハチョウの類いはほとんど撮れませんでした。(腕が悪いだけやがね)

Daimyouseseri19

一頭だけダイミョウセセリをみつけましたが、いままで見たダイミョウセセリよりも大きくて最初はほかの蝶かと思ってました。ここではわりとよく見かける蝶ですが、探そうとすると見つからないですね。

Miyamaakane39

河原でオナガサナエでも探そうかと思ったのですが、その行く手を阻むものが現れました。ミヤマアカネは以前にもここらで見かけたことがあったのですがこちらが歩むのをやめるとその場でホバリングしたりとまったりするので一本道だと迂回できなくていつまでも前を飛んでいました。せっかくですから是非一度は撮影したいと思ってたミヤマアカネのオベリスク姿勢をねらったんですが、どうしてもこっちを向いてくれません。横からみるとこんなんやということがわかったということでまた9月にはいったら仁川方面で探していい角度のを撮らしてもらうことにしました。それにしてもアカトンボの類いはもうこんなに赤く色づいてるんですね。今日はこのほかにもアキアカネ、ネキトンボ、コノシメトンボを見ることができました。

Tukutukuhousi19

アカトンボが秋の始まりを告げるなら、夏の終りをつげるのはこのツクツクホウシでしょうね。人が近づくとなきやんでしまうし、黒っぽい地味な体色のせいか今まで撮ったことがないように思います。ところでツクツクホウシはオーシーツクツクと鳴くのかツクツクホーシと鳴いてるのか考えたことありませんか?つまり鳴きだしはオーシーなのかツクツクなのかどっちなんでしょう。答えを何かで読んだことがあったように思うのですが忘れてしまいました。

Tobi19

今日のおまけ。いつもは武田尾の渓谷の上を飛んでいるトビですが、珍しく電線にとまっていました。松の木の上でとまってるのは見たことはあるのですが、今日はどうしたんでしょう。ちょっと近づいて1カット撮影しただけですが、こちらに気がついたのかなにを落としてすぐに飛んでいってしまいました。ふ~ん

« ヤマセミの親子 | Main | わてがナニワトンボでおます »

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« ヤマセミの親子 | Main | わてがナニワトンボでおます »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ