« 蓮と若鷹 | Main | 梅雨明けが待てない »

July 26, 2009

アオバズク兄弟とジャコウアゲハ

Aobazuku219

1週間以上前に神社のアオバズクの雛が巣立ったということはきいていたのですが、雨が降ったりして写真を撮りに行くことができませんでしたので、今日やっと様子を見に箕面に行ってきました。4羽巣立ったときいてたのですが、そこにいてたのは3羽の子供たちと片親だけ。もう一方の親と一羽の雛はどこにいったのでしょうね。見えないだけかな?それはともかくこの子たちはかなり高い場所にとまっていて、400㎜で撮ってもやっとこの大きさです。しかもどう撮っても枝かぶりだし、かなり影が濃くでてるしで撮影には不向きな条件でした。手を入れることができる部分はいつものように画像処理でごまかしてます。

Apbazuku239

アオバズクの雛はいろんな表情を見せてくれるので見ててあきませんが、驚くのがこの首の動きですね。なんか首だけが上下逆さまになるぐらいに首をかしげます。

Aobazuku229_2 

ぶれぶれのボケボケ画像で申し訳ないですが、アオバズク得意のエンゼルポーズです。顔がおじいさん顔に見え、とても子供とは思えなくて面白いのでアップしました。

Jakouageha29

時間があまりましたので寄り道をして服部緑地によってみました。円形花壇近くの暗がりでジャコウアゲハを発見。しかし、あまりにも暗いので今日はストロボ撮影です。暗いのでお休みモードに入りかけてたのか同じ木の周囲をぐるぐると回っていました。すぐに羽を広げたポーズでべたっととまるので特徴的な胴体にある赤い斑紋を撮らせてくれません。なんども接近しては逃げられを繰り返してやっと撮影したのですが、大幅にピンがあまくてこれは機会があればまたリベンジしたいものです。下の写真が一応証拠写真です。

Jakouageha19

この画像ではもうひとつですが、体の赤い模様に毒々しさを感じませんか。実際にジャコウアゲハは体内に幼虫の時に食べた食草の毒素を蓄積していて、鳥などに食べられないようにしているのだそうです。アゲハモドキという蛾はこのジャコウアゲハに擬態してるといわれてます。

« 蓮と若鷹 | Main | 梅雨明けが待てない »

昆虫」カテゴリの記事

「野鳥」カテゴリの記事

Comments

しばらくです。
相変わらず、素晴らしい映像ばかりで、目をぱちくりしています。
そんな中で、アオバズクが・・・・
ゆっくり、拝見させていただきます。

しばらく、自分のホームページなどのことにかかりっきりでしたので・・・
また、伺います。

ふくろうさん いらっしゃいませ

夏場は撮影できる鳥が少ない中、神社の御神木の洞に巣をつくるアオバズクは貴重な存在ですね。
でも、こういった大きな木も少なくなってきてるとか・・・。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 蓮と若鷹 | Main | 梅雨明けが待てない »

December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ