« 初夏の武田尾で虫探し | Main | とどかぬ思い »

June 09, 2009

惨敗、有馬富士

Harabirotonbo19

今日もまた曇り空で最近は天気運がいまひとつです。それでも何か撮れるだろうと三田まで行ってきました。曇りのほうがゼフィルスなんかは木から降りてるのではないかと思ったのですがまったく姿をみませんでした。となると鳥を狙おうと思って丘の上にいくと案の定そこでホトトギスの声が!しかもかなり近いところで声がしました。遠目に声のする方角を見上げますが姿はなし。ずっと鳴き続けてくれるといいのですが、あんまり鳴いてくれません。ツバメとかヒヨドリとかが飛び回るので逃げたのかまだそこにいてるのかもわからず見上げる首がいたくなってきます。このままではらちがあかないので少しづつ近づいていきました。鳴き声のした木の真下あたりに来ても結局姿は見えずでとうとう飛んで逃げられました。逃げるのだけはなぜかわかるんですよねえweep

Harabirotonbo29

ということで、目ぼしい収穫がないけれどなんなりと撮ってます。公園に行くまでに林道わきの田んぼの横にある小湿地でハラビロトンボを見つけました。オスもそうだけど黄色いメスのお腹が広がってる姿がとくにユニークで体色も美しくて気に入ってます。

Namihikage19

曇天の空の下でも元気に飛び回るのがヒカゲチョウ。ナミヒカゲとクロヒカゲを撮りましたので見比べてください。区別がつくでしょうか。上のナミヒカゲの方が色が淡いのですが見方によっては色による区別は難しいですね。

Kurohikage19

露出の補正ミスでクロヒカゲの方が色白みたいに写ってしまいました。後翅裏側に並ぶ蛇の目紋の前に黒っぽい筋がはしっているのですが、クロヒカゲの方が蛇の目紋に沿うように食い込むような深いカーブになっています。

Ruritateha19

手すりの上で羽を広げるルリタテハです。近づくと飛んで逃げるのですがすぐに戻ってくることが多いのでサービスのいい蝶で好きです。今日はお天気もぱっとしないのと同じように撮れたものもぱっとしませんでした。次回に期待したいと思います。

« 初夏の武田尾で虫探し | Main | とどかぬ思い »

昆虫」カテゴリの記事

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 初夏の武田尾で虫探し | Main | とどかぬ思い »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ