« コマドリ1号、2号 | Main | 大阪城のクロアゲハとコルリ »

May 03, 2009

新緑とナガサキアゲハ

Nagasakiageha19

今年はまだキビタキのきれいな成鳥を撮ってないので午前中だけ尼崎市内の公園に探しに出かけました。残念ながら若鳥ばかりで完全に黒くなったキビタキは見つけることはできなかったが、黒くて美しい成蝶は見つけました。黒いアゲハチョウの仲間は良く似ているので見分けるのが難しいところがあるのですが、このナガサキアゲハとアオスジアゲハだけは誰にでもわかると思います。上の写真はナガサキアゲハのメスですが、アオスジアゲハもナガサキアゲハも後翅の先にちょろっと突き出た尾状突起がありません。自然界ではメスよりもオスの方が美しいことが多いのですが、ナガサキアゲハはメスの方が人間の感覚からすると美しく見えます。ナガサキアゲハのメスにはご覧のように後翅に白い斑紋が入りますが、オスの羽の表は黒一色です。ちなみに今日はオスのナガサキアゲハもつつじの花に吸密する姿をカメラに収めることができましたので一緒に載せておきます。

Nagasakiageha29

ナガサキアゲハのオスの表側は前も後も黒一色なんですが裏側は羽の付け根と後翅の先に赤い斑紋があるのがわかります。アゲハチョウの仲間はつつじの花でよく蜜を吸うので春のアゲハチョウはつつじの花の咲く場所に行くと見つけられると思いますので一度実物を探して見て下さい。ナガサキアゲハは南方系の蝶ですので以前は近畿地方以西の蝶だったのですが、温暖化とともに勢力範囲を北にのばしており、おそらく関東でも見られるのではないでしょうか。街中ではおそらくクロアゲハよりもナガサキアゲハの方がいまやよく見られる蝶になったと思います。普通のアゲハチョウ同様柑橘類を食草にしており、この公園でも種類はわかりませんがミカンの木に産卵に訪れていました。

Kibitaki219

一応キビタキも撮影したので、ちょっとまだ羽に茶色い部分を残す若様の囀るところです。

Hanamuguri19

今日のおまけはハルジョオンに集まってたハナムグリです。飛んでる姿も一緒にいれたかったのでほかのハナムグリに飛びつくところを狙ってみました。レンズにテレコンをかましたまま撮りましたが、ない方がよかったかも・・・また機会があれば狙ってみたいと思います。

« コマドリ1号、2号 | Main | 大阪城のクロアゲハとコルリ »

昆虫」カテゴリの記事

「自然」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« コマドリ1号、2号 | Main | 大阪城のクロアゲハとコルリ »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ