« ラブ・バード | Main | 大阪城梅林にて »

February 15, 2009

埋立地のツクシガモとミサゴ

Tukusigamo219

南港の野鳥園のツクシガモがかなり遠くて今ひとつだったもので、ここならもっと近くで撮れるのではないかと思って地元の埋立地に行ってきました。ツクシガモはすぐに見つかったのですが池をのぞいただけで一斉に飛び立ってしまい、それでも数羽だけが残って撮らしてくれました。埋立地にはいくつかの池が点在するのですがホシハジロなんかがたくさんいてる池にはツクシガモはまったくいてなくて、その隣の池がツクシガモ様ご一行の貸切の宿泊池のようです。

Tukusigamo239

おそらくしばらくすると飛び立ったカモたちも戻ってくるとは思うのですが、ここはラジコン飛行機を楽しむ方々が来る場所なので飛行機が飛び始めるとすぐには戻ってこないかもしれないなあと考えて、しばらくほかの池を見てまわることにしました。堤防の向こうの海に出れる階段を見つけたのであがって周囲を見渡すと釣り人もいてるけれど岸からわりと近い場所に鳥を発見。

Hajirokaituburi19

岸から見ると沖の方に太陽があるのでどうしても影がでてしまいますが、目の赤いハジロカイツブリです。以前甲子園浜で見て以来の鳥でした。ほとんど岸に沿って潜ったり現れたりしてくれてましたが、なかなか撮らしてくれません、潜るたんびに走って前進して海を覗き込むようにして撮りました。

Misago49 

再び階段まで戻って周囲を見渡すとトビも飛んできますが、ほかにもなにか猛禽が飛んでいるのがわかりました。とにかくそっちの方に移動するとミサゴが大きな魚をつかまえて飛んでいくのが見えました。その方向に針路を変更して探して見ると、なんとミサゴは電柱の上で獲物の魚を足で押さえて周囲をうかがっていました。

Misago19_2

ミサゴって見たことは何度かあるけれどまともに撮ったことがなかったんですよね。それにトビはともかく猛禽類に遭遇することってほとんどないので私としては珍しいものが撮れて満足です。トリミングすればいくらでも大きくできそうな距離なんですが、やっぱりできるだけ接近して撮りたいし、今日はさいわいほかにカメラマンもバーダーもいてません。気になるのはラジコン飛行機と大阪湾を飛ぶヘリコプターぐらい。貸切状態ですので逃げられても可ということでどこまで接近を許してくれるのか何度かトライしました。このミサゴは電柱の上で食事をするのが習慣なんでしょうか。飛び立ってもすぐにほかの電柱の上にとまります。

Misago39

ここはずらっと一直線に電柱が並んでいる場所なんですが、ミサゴから電柱二本目までは接近を許してくれますが、それ以上近づこうとすると鳴き声をあげます。おそらく「それ以上近づくんじゃねえ」ということだと思います。接近しようとして睨まれました。さすがに眼光するどい猛禽類ですね。すでに血みどろになってる魚がすごみをまします。

Umetateti19

いつまでも食事の邪魔ばかりしてるのも気の毒なので帰路につきました。工事中の埋立地って車の通る道筋以外は歩きにくいのでツクシガモの池にカモ達は戻ってきてましたがカモの方には行かずに外にでることにしました。上の写真ではわからないと思うのですが15羽ほどのツクシガモが逆立ちしてお尻だけを水面にだしてる状態でした。

« ラブ・バード | Main | 大阪城梅林にて »

「野鳥」カテゴリの記事

Comments

アニキさん ハジロカイツブリもミサゴも
好いのが撮れましたね!

すーやんさん ありがとうございます。

ミサゴの飛び物がもっときれいに撮れたらよかったのですが馴れてないのでこんなものでしょうね。
街路樹の縞々トトロを探してみたかったなあ

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« ラブ・バード | Main | 大阪城梅林にて »

December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ