« 昆陽池のコイカルとミコアイサ | Main | さむ~い服部緑地 »

January 06, 2009

やっとトモエガモ

Tomoegamo49

トモエガモを見てみたなあと思って、以前飛来したことがあるという三田の公園に行ってみました。あんまり期待してなかったのですが、ついてすぐにカモを見ているカメラマンになにか珍しいものがいてるのかと聞くと「トモエガモ」と返事がかえってきた。なんか期待通りの答えだったのでちょっと驚きましたが、予想が当たることもあるんやなあと思いながら、「今そこにいてたけど対岸にいったよ」ということで池を半周してみました。ところが池を半周してもどこにいてるのかわかりません。

Amerikahidori19

アメリカヒドリは相変わらずいてるのでとりあえず撮影して、トモエガモはよくマガモについて泳ぐときいてたのでマガモのいてる場所なんかを覗き込みながら歩いてみました。しかし収穫のないまま雨も振り出したので管理センターに行くと先ほどのカメラマンのかたが休息中で、観察小屋のところにいてると教えてもらいました。雨があがったので行ってみましたがやっぱりわかりません。また池を半周してさきほどの観察小屋のところに戻ると今度はそれらしいものをみつけました。

Tomoegamo19

一緒にいてるオナガガモよりも一回り小さい感じで少し色がちがうし、さきほどのカメラマンのかたがエックスになってるのでヒドリガモとの違いがわかるといってたことの意味がやっとわかりました。後を向いて眠っているので後頭部しか見えないけど白いラインがエックスになってるということだったんですね。このトモエガモはずっと眠っていてまったく顔がわかりません。風もあって寒いのであまりじっとしてると体が冷え込んできます。周りのカモが動き出すときやっと顔を拝めました。このお顔がトモエガモの名前の由来ですので、どうしてもお顔を拝見させていただかなければ帰るわけにはいきません。なるほど巴紋のような顔の模様をしてます。トモエガモは乱獲ですっかり数を減らしたカモで環境省のレッドリストでは絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。食べるとおいしいのでしょうね。

Tomoegamo39_3

こら、トモエどけ!コン、ギャーギャーギャー・・・。オナガガモが移動するので邪魔になるトモエガモを追い払いますが、トモエガモはすぐにまた眠りにつきました。けっきょくお顔をあげた写真が撮れたのは2回だけでした。あ~、さぶかった~。

Miyamahoojiro219

バードバスにやってきたミヤマホオジロのメス。日が差してきて、影がでるような状態では絵的にあまりよくありませんね。

Yamagara19

ちょうど鳥に餌をやったりバードバスに水をいれたりというお世話をするおねえさんがやってきたので、たっぷりとヒマワリの種をもらえたヤマガラさん。やたらたくさんのヤマガラやシジュウカラなどがやってきて種をもっていきますので山盛りのタネもすぐになくなってました。

Riribitaki219

餌をもらえることを知っているのでしょうね、ルリビタキ♂も現れました。おねえさんとお話してるうちにもう夕方になってしまいましたので管理センターでコーヒーなどを飲んで体を温めてから帰途につきました。帰りがけにトモエガモのところにもよってみましたが、もういてませんでした。どこかほかの安全な場所で寝直しするのでしょうか。

« 昆陽池のコイカルとミコアイサ | Main | さむ~い服部緑地 »

「野鳥」カテゴリの記事

Comments

アニキさん トモエガモの初ゲット、おめでとう御座います(〃⌒0⌒)/~~
好い公園のようですね!

すーやんさん いらしゃいませ。

有馬富士にも甲山にも団体さんが年末のみ現れたそうです。
ほかのトモエはきっとわりと近場の池に今もいてるのではと思うのですよ。
一羽だけでも見れてラッキーでした。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 昆陽池のコイカルとミコアイサ | Main | さむ~い服部緑地 »

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ