« 水飲みのアオバト | Main | オオジュリンなど »

December 23, 2008

猪名川公園周辺

Ikaru218

数年前ヤツガシラが現れることで有名になった猪名川公園に行ってきました。到着するとすぐにイカルの団体さんに遭遇。カメラを出して見やすい場所に行ってかまえたとたんにそれまでいいかんじでとまってたイカルの大半が移動してしまって撮らしてくれたのはこの一羽のみ。ここでは時々姿を見る鳥なんですが木の高いところばかりにとまって適当な高さで団体をとる機会があまりない鳥でしたのに惜しいことをしました。わりと距離はとってたはずなのにちょっと手強いです。

Kawarahiwa18

猪名川の河川敷にも下りてみましたが今日は少し風があってモズぐらいはいてましたが、これといって撮りたい鳥もいてなくて昨年はオオジュリンがよくいてたあたりも何もみつけられませんでした。そこで猪名川公園から南方に連なる自然林の上をあるくことにしました。尼崎側と豊中側の二つに自然林がありますが豊中側のほうがちょっと明るいのでそちらを歩きます。ここはカラスのねぐらになってるような場所なんですが昼間は気をつけて歩くと意外なものに遭遇することがあります。以前はルリビタキやキクイタダキなんかも潜んでいたこともありました。今日はここではたくさんいてるはずのメジロの群れもお留守のようでアキニレの木なんかにはカワラヒワがやってきてよくその種をついばんでいました。

Ime18

公園の中にもいてたのですが見失って撮れなかったシメを見つけました。イカルのいてるところにはよくシメがいてるのですが、ここでもイカルの姿がありました。もう少し下のほうに降りてきてくれると撮りやすいのですが上ばっかり見上げてると疲れてきます。シロハラとかツグミなんかがさかんに出入りしてる繁みのあたりになにか来そうなのでねばってみたいとこやったんですが、野良猫に餌をやってるおじさんがいすわっていて猫がいてるようでは鳥もこんので断念。

Saiun18

あんまり収穫のないまま日も暮れ始めたので撤収するつもりで原付をおいてる場所まで移動してくると空はほんのりと茜色にそまってました。夕焼けを撮るには見晴らしのいい開けた場所にいけばいいのでしょうが、そんな場所を探してる時間もなさそうなので葉が落ちてしまって枝だけが見える木をねらって背景に彩雲をいれるということをやってみました。もう少し明るいうちに撮ったほうがよかったかもしれませんが十分に美しいと思います。

« 水飲みのアオバト | Main | オオジュリンなど »

「自然」カテゴリの記事

「野鳥」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 水飲みのアオバト | Main | オオジュリンなど »

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ