« 山家五位と翡翠 | Main | 晩秋の甲山森林公園にて »

November 14, 2008

ムラサキシジミ七変化

Murasakirenketu18

公園のベンチですわってると茶黒く見える蝶が砂場のあたりに降り立ったのが見えました。すぐにムラサキシジミであることがわかりましたがオスかメスかは羽を開いてもらわないとわかりません。午前10時前ですので朝の日光浴なんでしょうね。ゆっくりと羽を全開してくれました。前翅の紫色の部分が大きく丸みをおびてはいっているのでこれはオスです。

Murasakisijimi48

そのままゆっくりと向きをかえると輝いていた青い部分がめだたなくなりました。ムラサキシジミの羽も構造色になっているため角度によっては地味な色にしか見えないことがわかります。羽を開くのを期待してみてたのに今ひとつ美しくないと感じる場合もあるのです。

Tanpopo18

先日服部緑地に行った時に見つけたベニシジミモンシロチョウ。同じタンポポの花の上に2頭の蝶というのが面白いと思ったのですが、ここはベニシジミが占有している花みたいでモンシロチョウはすぐに追い出されました。ところがすばらくするとまた戻ってきてご覧の通り蜜を吸い始めました。

« 山家五位と翡翠 | Main | 晩秋の甲山森林公園にて »

昆虫」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 山家五位と翡翠 | Main | 晩秋の甲山森林公園にて »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ