« ヤツガシラ登場 | Main | 赤とんぼ飛来 »

September 02, 2008

北へ南へ

Nagsakiageha18

お天気が不安定らしいので遠出はしないで近所を見て回りましたが、雨が降るどころかいいお天気で相変わらず暑い日でした。公園の池にはシオカラトンボのペアが飛び回りギンヤンマも縄張りをはってパトロールを続けています。今日は珍しくナガサキアゲハがいてるなあと思いましたがとまってくれないと写真が撮れません。公園の滝口近くで目の前にムシクイの仲間と思われる鳥がとまりましたがカメラをかまえる前に逃げられてしまいました。鳥を探して暗がりを歩いてるうちに再びナガサキアゲハがゆっくりと飛ぶ姿をみつけました。しかも今度はペアです。メスが木の葉にとまってくれたのでやっと撮影ができましたが感度をあげてなかったのでシャッタースピードがありません。メスの背後を狙うオスの飛び姿もきれいに撮りたかったのですがたんなる影になってました。周りをうろついて撮影してたのでまた飛ばれてしまいそのままペアは解散。じっと見守ってたらナガサキアゲハの交尾が撮れたかもしれないのに失敗でした。

Taiwanutiwayanma18_2 久しぶりにこの池でタイワンウチワヤンマを見つけました。けっこう敏感でなかなか前にまわらしてくれませんでしたが、やっとのことで正面から写真を撮ることができました。ナガサキアゲハもそうですが、このタイワンウチワヤンマも南方系の昆虫で温暖化とともに勢力を北に広げているトンボです。名前にヤンマとつきますがヤンマの仲間ではなくサナエトンボの仲間です。蓮池なんかでハスの蕾の上で尾を高くあげる姿を見かけることもありますが、ここには植物はほとんど生えていないので石組みの岩の上で背景がきれいになるように撮ってみました。トンボがこのように尾をあげて倒立するような姿勢をとるのは暑さしのぎなんだそうで、こんな姿勢のトンボが見られるうちはまだまだ暑いということですね。

Hitaki18

暑い中時間はかかりましたが、やっと野鳥をファインダーの中に捕えることが出来ました。さっきとり逃がしたのとはちがうあきらかにヒタキ類と思われる鳥です。木陰で色もはっきりしないし胸の方も見てみないと種類を特定することはできませんが、コサメビタキのような気もするし、少しオリーブ色がかってるようにも思うのでキビタキのメスという線も考えられます。これらの鳥は日本での繁殖を終えて南に帰る途中ですね。もう秋の渡りの季節ははじまってるんだ・・・( ̄▽ ̄)

上の鳥はキビタキ♀であろうというコメントをいただきました。すっきりしましたconfident

« ヤツガシラ登場 | Main | 赤とんぼ飛来 »

「自然」カテゴリの記事

Comments

アニキさん この鳥はコサメのようにも見えますが
多分、キビタキの♀だと思います

すーやんさん やはりキビタキ♀ですか。
撮りなれてるすーやんさんがいうなら間違いないでしょう。
ありがとうございました。

なんと素晴らしいタイワンウチワヤンマの写真なのでしょうか?
まさに理想の構図で、見惚れてしまいました
ナガサキアゲハってなかなか見かけないイメージなんです
居るのですが一瞬だったりで今だにまともな写真ってなかったわたし
そろそろ秋の昆虫や花でもう一賑わいですね(-^b

nanamiさん いらっしゃいませ

真正面というもっともシンプルな構図がこのトンボには似合いますね。
写真がきれいに見えるには背景ができるだけ単色にちかいぐらいに省略されてるとかぼけてるのがいいと思います。
ナガサキアゲハが静止するのって確かにあまり遭遇しないような気がします。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« ヤツガシラ登場 | Main | 赤とんぼ飛来 »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ