« 夏の農業公園 | Main | 京都植物園の朝顔展 »

August 03, 2008

廃線ウォークの収穫

Kurotubamesijimi28

日曜日だけど、このくそ暑いのにハイキングする人は少ないだろうと思って虫探しに出かけました。いつもの廃線跡に行く前にクロツバメシジミのポイントによっていてるかどうか見てきました。秋になるとよく採集屋がネットを持ってたってるのですが、さすがに真夏には誰もいてません。捕虫網を持った子供連れもまさかこんな所にいてる小さな蝶がレアな蝶だとは気がつかずに素通りです。

Kurotubamesijimi18

少し離れてますのでトリミングしてますがツメレンゲに産卵にきてたメスが撮影できました。クロツバメシジミは多肉植物のツメレンゲが幼虫の食草なんですがツメレンゲの自生地があまりないのでこの蝶自体も少ないようです。このあとほかのツメレンゲの群生が見られる場所に行ったのですが、そこには1匹の蝶もいてませんでした。もっともこの暑さではどこかに隠れてるとも考えられます。

Biroudokamikiri

今日は廃線跡を歩いていても夏には必ずテリをはってパトロールしてるオニヤンマの姿もなく、黒いアゲハチョウを呼ぶクサギの花も咲きはじめでさっぱり。落ち葉の上を歩いていたクワガタにも逃げられてしまい暑いだけでぱっとしません。廃線跡のトンネルは風が抜けて涼しいのでトンネル前で休憩ばっかりしてました。やっと見つけたのが上のカミキリムシ。カミキリにはくわしくないので名前はわかりません。ネットなどで調べてるとビロウドカミキリというのがこれに近いように思います。

Tamamusihumei

しばらくしてから飛んできたのがこのタマムシの仲間らしい虫。ウバタマムシのような気がしたんですが縞模様がかなり不鮮明だし色黒。図鑑をみてもこれと同じ物を見つけることはできませんでした。知ってるかたがいてましたら教えて下さい。

Kabutomusi18

そしてついに見つけた本日の目玉!オスのカブトムシをGETです。鳥に食われたあとの残骸はよく見つけるのですが生きてる天然物は久しぶりです。よく見ると左の前足が欠けていて完品ではありませんし、トレードマークの角が小さいみたいでした。うれしいのでシャッターをいっぱいきりましたが暗くてピント合わせがうまくいかず気に入った写真はありませんでした。

« 夏の農業公園 | Main | 京都植物園の朝顔展 »

昆虫」カテゴリの記事

Comments

この暑いのにクロツの撮影とはご苦労さまです、って、どこかのブログのコメントで見たような…。
それはさておき、この時期くらいまでは、クロツの発生とシルビアの発生時期がほとんど同じかなと思っています。この後はダラダラとした発生になってきてよく判りませんが。
クロツの産卵の撮影、おめでとうございました。私はまだちゃんと撮った事がないので、うらやましいです。

otsukaさん いらっしゃいませ。

羽を開いたのを撮りたかったのですが、産卵シーンの撮影が撮れました。廃線跡にもいそうな場所を見つけましたので今秋はそこに期待したいと思ってます。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 夏の農業公園 | Main | 京都植物園の朝顔展 »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ