« 朝顔の花は | Main | 有馬富士公園のナツズイセン »

August 24, 2008

ついに尼崎にもクマソが!

Daimotu28

Kumaso48 新聞にれいのクロマダラソテツシジミが西宮市のほぼ全域で見られるぐらいに生育場所が広がってるとかいてありましたので、西宮の隣にある尼崎市内にもきっといてると思い探してきました。いつものお散歩コースをたどって大物まで行くとやはりいてました。上の写真の大きなソテツにちょっとすれたのが一匹飛んでました。じっとしてると蚊がよってきてこっちが虫の餌になりそうでしたのでそこはすぐに離れたのですが、問題はこの大きなソテツよりも中型のサイズで日当たりのいい場所にあるソテツでした。ソテツそのものにはあまり蝶はとまらないようでしたが、周辺の草木にはあちこちにこのクマソがとまってたり、チラチラ飛んでいます。

Youtyuu18

Kumaso58 かなりトリミングしてますが葉が落ちた茎の部分を見ていてついに幼虫をみつけました。ワラジムシ型の幼虫で色は赤っぽかったり緑がかったりしたのがいてましたが、蟻がこの虫にやたら寄ってきてるのをみつけました。ありんこってシジミチョウの幼虫と仲がいいんですよね。幼虫からでる分泌物が蟻の好物なんだそうです。交尾するとか産卵するクマソを探しましたが見つけられず暑くなってきたので家に帰ると、うちのすぐ横にある団地内の植え込みでまたクマソをみつけました。

Kumaso68

とうとう近所でこの蝶が見られるようになるとは・・・。クロマダラソテツシジミは迷蝶として時々南西諸島あたりで見つかることがあったけれど阪神間でみつかり、しかも大繁殖するとは驚きです。幼虫がソテツの新芽を食べてしまうのでソテツを扱う園芸店や造園業者には大問題です。観葉植物なのにボロボロの葉ばかりがついてるとなると価値がありませんからね。殺虫剤で退治できるとは思いますが、気がついたころにはもう飛んでいってしまってるだろうし、それに幼虫や成虫はともかく卵や蛹に殺虫剤がきくのでしょうか。株元にばらまくと植物が水分と一緒に殺虫成分をとりこんで食害する虫を殺すというアセフェート粒剤なんか家庭にある鉢植えのソテツにはいいような気がします。

Sotetu28

Kumaso88 午後から北部のソテツも見てきましたが、見つけたのは一匹だけで下草がわりのハイビスカスでなごんでました。クマソは成虫になるまでの期間はわずかに2週間だそうですからいてないと思ってもすぐに次の世代の蝶が飛び回るかもしれないので油断ができません。ソテツといっても名前だけ知っていてどれがソテツかわからない人のために今日はソテツの全体像をいれてみました。兵庫県は神戸から東、大阪府北部でソテツを持ってる人は要注意ですぞ!

« 朝顔の花は | Main | 有馬富士公園のナツズイセン »

昆虫」カテゴリの記事

Comments

尼崎市まで南下しましたか。写真を拝見するとずいぶん立派なソテツなので、これはものすごい数が発生しそうですね。
造園業者は薬剤散布などするのでしょうが、公園などではほったらかしになる場合が多いのではないでしょうか。

otsukaさん いらっしゃいませ

そうなんですよねえ・・・公園だと倒れたりした木は処分するけど、虫がたかってボロの葉の木はそれほど注目されないように思います。

家の庭にもヤマトシジミより多くのクマソが出現し、ソテツにまとわりついて離れません
この蝶の嗅覚は凄いのでしょうか?
苗を植木の奥に隠してもしっかり潜り込んで産卵されちゃいましたし、家の周辺どころではない状態になっています

北は猪名川町(一庫)まで出ているそうで確認に行きましたら見事に♀も見つかり幼虫も居ました・・・・・

造幣局でも見つかっているので、悲惨な秋になりそうです

Nanamiさん

クマソの拡散力はものすごいですね。
どうやって食草を的確に探し当ててるんでしょうか・・・臭い?
どうやら大阪城公園も陥落だそうです。

今晩は。お久しぶりです。
そちらでは、このシジミチョウが問題になっているんですね。クマソという言葉の意味が分からなかったのですが、なるほどです。調べてみたら昨年も被害があったみたいですね。しかも、半端じゃないみたいなので本当に悲惨な状況なのが、心配です。もともと南の国にいるチョウなのですか?もしそうなら、日本が暖かくなったのか、チョウが対応できるようになったのか、おそらく前者ですね。こんなところに影響がという深刻さが怖いです。

doudesyoさん

クロマダラソテツシジミ、略してクマソです。
単に温暖化で北上してきたものではなく、何者かが卵や幼虫のついたソテツを持ち込んだか、放蝶したのではないかと考えられます。昨年は石垣島や九州南部でも発生したのでそれが可能なんですよね。今年の発生が冬を越せたからだと耐寒性もあることになるし、今年になってからばらまいた奴がいてたのが原因となると寒さに弱いことになります。私は両方あると思います。

アニキさんご無沙汰しています。
クロマダラソテツシジミ、私も先日色々
なところを見て周り、今日はジョギング
がてら自宅近くから猪名川の堤防、ごみ焼却場、浄水場、そしてアニキさんの最後の写真のソテツ、その他民家のソテツを見て回りましたが、その全てでクマソの痕跡を確認しました。特にごみ焼却場のソテツには成虫及び幼虫がたくさんいました。
昨年私が見たときにはこのソテツにも競馬場のソテツにもいなかったんですが・・・
アニキさんが心配されているとおり、造園業者の方には大打撃だと思います。
実際I市の造園業者の方のソテツは酷い事になっていましたし・・・
困ったものですね。

julyさん いらっしゃいませ。

クマソを探して歩かれたのですね。
ご苦労様です。いま姿が見られないソテツにもきっと卵が産み付けられていて、そのうちに周辺でたくさん見られるようになるのでしょうね。短い期間で産卵と羽化を繰り返しながらどんどん生息範囲を広げていくのだと思います。

!o(゚Д゚)っえぇ~っ

そてつに 虫がつくとは思ってませんでした。
熱帯性の毛虫…(≧_≦;

温暖化なんですねぇ…しんみり

生態調査ありがとうございます(感謝
尼まで自転車距離圏なので…

だいじな おもいでの そてつ君 が 丸坊主にならないように これからきをつけまぁす…

でもぉちょうちょだから ちょこっとかじる程度 なら ゆるしてしまうかもぉ。

moinaさん いらっしゃいませ。

尼の近くとなるとほぼ確実に近くのクマソはいてると思われます。
「おもいでのソテツ」の思い出がどんなのか興味がわきますが、暖かいうちはこまめに薬剤を散布しておかないと新芽を食べられてボロボロの葉ばかりになりますよ。大きく硬くなった葉は大丈夫だとは思いますが・・・。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 朝顔の花は | Main | 有馬富士公園のナツズイセン »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ