« 初谷川ハイキング | Main | ああ、ウラナミアカシジミ »

June 15, 2008

アオバズクの睨み

Aobazuku28

おっさん なにメンチ切っとんねん。わしの顔に何かついてるんか おう!おまけに黙って写真なんか撮りやがって、なめとったら承知せんぞ 鼻の穴から指つっこんで奥歯ガタガタいわしたろか。だいたい写真撮るんやったら前もってカブト虫の一匹でも手土産に持ってきて挨拶するのが礼儀とちがうんかい。わしはなあ 夕べ鼠を一匹殺ったばっかりで気がたっとるんじゃい。お前も血祭りにあげたろか えぇっ?こう見えてもわしは通信教育で拳法を習てるねんぞ その体で味わってみるか北摂梟拳の妙技を。隙があるなら どこからなりとかかってこんかい! くっさあ~ えげつなあ・・・ 今日はこれぐらいで勘弁しといたらあ。

Aobazuku38 まあ 関西のアオバズクがこんなにお下品な言葉づかいをするかどうかはわからないけれど、半開きの眼にしわ寄せた顔で見つめられるとびびってしまいそうな迫力です。はじめてバスに乗って見に行きましたけれど、周辺にはスーパーやマンションなんかも建ってる郊外の小さな神社の低い枝にこのアオバズクはじっとしています。おそらく木の洞の中ではメスが卵をだいているんだろうとは思いますが、外で見張りをしているのは彼だけでした。近くの木ではムクドリなんかも巣を作ってるみたいでにぎやかですが、アオバズクの沈黙は続きます。

« 初谷川ハイキング | Main | ああ、ウラナミアカシジミ »

「野鳥」カテゴリの記事

Comments

あの神社ですね~今日私の知人たちが行っています
私もオオケヤキの雛が早く出ないか楽しみでなりません
この半開き眼は、まさに関西顔しているようにも見えますね

nanamiさん いらっしゃいませ。

雛も下のほうの枝に並んでくれるといいのにねえ・・・。
こわもてのアオバズクさん 本当に嘴に血糊がついてるときがあるらしいですよ。さすが 猛禽 こわあ~。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 初谷川ハイキング | Main | ああ、ウラナミアカシジミ »

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ