« May 2008 | Main | July 2008 »

June 2008

June 25, 2008

ハーブ園の蝶たち

Miyamakarasu18

Miyamakarasu48 Miyamakarasuageha38

Miyamakarasu28 雨は降ってないものの朝のうちは日が差していないのでどこに行くか悩んだ結果、神戸の布引ハーブ園に行ってきました。ロープウェイを降りてすぐの展望所の下の花文字を見ると昨年の夏と同じようにミヤマカラスアゲハらしき蝶を見つけました。「らしき」というのは普通のカラスアゲハのような気もするんですよね。ミヤマカラスは後翅裏側に白筋があるのですが夏型では白筋のはっきりしないのもいてるということだし、神戸のミヤマカラスではそれが顕著だという文章もネットで見つけました。これはミヤマか普通のカラスか悩んでしまいました。ここにじっとしてるとクロアゲハとかモンキアゲハなんかも飛んでくるのでいいのですが人もよく来るのでちょっと落ち着きません。

Monkiageha18

Kuroageha38 グラスハウスというガラス張りの建物の中に入ると中庭のインパチェンスにモンキアゲハがきてました。残念ながらかなりぼろくてこの蝶は片方の後翅がありませんでした。モンキアゲハは国内のアゲハチョウの仲間では最大の蝶です。それにしても赤いインパチェンスにはよく黒いアゲハがやってきますね。あんまり蜜がでそうな花には見えないのですがね。ボロといえば今日見た黒いアゲハはボロが多かったですね。左はラベンダーの花に吸蜜に訪れたクロアゲハ

Uragomadarasijimi18

Uragomadarasijimi28 今日一番の収穫はゼフィルスの一つでウラゴマダラシジミ。初めてお目にかかりましたが、そういう時に限って光線不足でスピードが延びずクリアな写真がとれてないんですよね。このあともかなりぼろいウラゴマダラシジミが一匹テラスで休憩していました。何か茶色い蝶が飛んだように思えたので目で追ったらウラゴマダラだったんですよ。ゼフィルスというとコナラやクヌギによくいてるというイメージがあるのですが、ハーブ園の周辺にはそういった木がなく、ゼフィルス類は見ることはないだろうと思っていたので意外でした。

Midorihyoumon28

Midorihyoumon18 レストハウスのあたりで見つけたミドリヒョウモンです。撮ろうとするとすぐに飛んでいってしまうのでちょっと苦労しました。かなり敏感なやつですが、なぜかヒョウモンチョウの仲間は木造のレストハウスみたいなところでよく見かけます。日当たりは好きだけど暑いのは嫌いだからでしょうか。それによくなにかすすってます。前の羽に太い黒線が数本あるのでこれはオスだというのがわかります。それにしてもヒョウモンチョウの仲間って羽の裏を見て図鑑と見比べないと区別できないものが多くて同定が苦手です。新鮮なミドリシヒョウモンだと羽裏の色ですぐにわかるので楽ですね。今年になって初撮影の蝶もいくつか撮りましたので紹介しときます。

Akatateha18 Himeakatateha18

左がアカタテハ。右がヒメアカタテハです。ヒメアカタテハの下に小さな子カマキリがいてるので大きくしてみてください。

Yabukiri18

最後に六甲山名物のアジサイの花にとまる若いヤブキリ?ちょっと背中の羽が変ですね。そういえば去年も同じようなものを撮った気がします。

June 20, 2008

6月の花菖蒲

Hanasyoubi18

6月も後半にはいり再び梅雨らしいお天気が戻ってきました。午前中は雨もやんでるようでしたので花菖蒲を見に農業公園まで行ってきました。花の盛りを少し過ぎたように思いますがまだもう少しは見られるようでした。

Kamakiri18

花菖蒲とともに梅雨時を彩る花として紫陽花がありますが、ここのはあまりきれいではありません。しかし紫陽花の花をのぞいて歩いていると小さなカマキリがいてることに気がつきました。まだまだ子供で背中の羽こそありませんが大人のカマキリと同じように小さなカマをもっています。

Hanasyoubu28

Hanasyoubu38 農業公園の裏側にはこういった菖蒲田があるのですがなぜかあまり人がやってきません。田植えの終わった水田を背景にしてなかなかいい雰囲気の場所だと思うのですけどちょっと落ち着かないのかもしれません。時々ご近所の人やカメラマンはやってきます。一枚目の写真も角度を変えて撮影した同じ菖蒲田なんですがどちらの写真がいいように思いますか?ご意見をお聞かせください。花菖蒲にとまる生物を探すつもりだったのですが急に大粒の雨が降ってきました。もうしばらくは持つだろうと思って出てきたのですが仕方ありません。手っ取り早く雨に濡れる花菖蒲を一枚撮って、しばらく雨宿りしてから帰りました。

June 16, 2008

ああ、ウラナミアカシジミ

Uranamiakasijjimi38

もう6月も半ばだというのにまだ一匹のゼフィルスも見ていません。そこでここならば大丈夫だろうと三田まで行ってきました。いつものように川にそってテクテク歩いて行くとところどころでヤマサナエが河原で縄張りをはってるのが見えます。山道にさしかかる場所では去年は一匹も姿が見られなかったグンバイトンボをみつけました。

Gunbaitonbo18_3 Kiitotonbo18_3

それと同じ場所でキイトトンボもいてました。グンバイトンボはきれいな川にすむといわれてるトンボですがこの川はあまりきれいな川ではないのですけどね。キイトトンボのほうも川にいてるトンボではないのですが上の池から流れてきたのでしょうか?

Harabirotonbo18 Harabirotonbo28

田んぼや休耕田の続く場所を歩いているとハラビロトンボが産卵してるのを見かけました。ハラビロトンボの産卵は初めて見たような気がしますが、アカトンボのように連結して産卵するのではなくてメスだけで卵を産んでいくんですね。オスはただじっと護衛をするかのようにその近くでホバリングしたりして見守っていました。左の黄色いのがメスで青いのがオスです。

Uranamiakasijimi28

本日の目的はゼフィルスを探すことのはずだったのですが、今日もまったく姿が見られません。写真に撮れなくても遠くにとまってるとか、上の方を飛んでるとかしてるのを一匹ぐらいは見られそうなところなんですがさっぱりで、とうとう夕方になってしまいました。夕方活動するゼフィルスを期待して公園内を来た時とは逆コースで歩きましたが成果はなし。池に張り出した竜神様?を祀ってる祠のあたりの藻にトンボがとまったように見えましたので橋を渡ってみるとお賽銭を入れる筒がかかっています。もう帰るとこやけど今日の旅の安全を祈願してお賽銭をいれ、祠に手を合わせました。するとどうでしょう、霊験たちまち現れ出でて火成岩の岩場にそったところに生えてる背の低いコナラの木に今年こそは見てみたいと思っていたウラナミアカシジミがポチッと止まっているではありませんかannoy しかもきれいな個体で適当な高さの場所でじっとしてました。ミズイロオナガシジミもアカシジミも見てないのにいきなりウラナミアカシジミとはびっくりです。偶然かもしれませんが、あれだけ探し回ってなにも姿が見られなかったのに最後の最後にこのウラナミアカシジミだけが見つかるなんて神様がお賽銭分だけ力を貸してくれたくれたような気がします。

June 15, 2008

アオバズクの睨み

Aobazuku28

おっさん なにメンチ切っとんねん。わしの顔に何かついてるんか おう!おまけに黙って写真なんか撮りやがって、なめとったら承知せんぞ 鼻の穴から指つっこんで奥歯ガタガタいわしたろか。だいたい写真撮るんやったら前もってカブト虫の一匹でも手土産に持ってきて挨拶するのが礼儀とちがうんかい。わしはなあ 夕べ鼠を一匹殺ったばっかりで気がたっとるんじゃい。お前も血祭りにあげたろか えぇっ?こう見えてもわしは通信教育で拳法を習てるねんぞ その体で味わってみるか北摂梟拳の妙技を。隙があるなら どこからなりとかかってこんかい! くっさあ~ えげつなあ・・・ 今日はこれぐらいで勘弁しといたらあ。

Aobazuku38 まあ 関西のアオバズクがこんなにお下品な言葉づかいをするかどうかはわからないけれど、半開きの眼にしわ寄せた顔で見つめられるとびびってしまいそうな迫力です。はじめてバスに乗って見に行きましたけれど、周辺にはスーパーやマンションなんかも建ってる郊外の小さな神社の低い枝にこのアオバズクはじっとしています。おそらく木の洞の中ではメスが卵をだいているんだろうとは思いますが、外で見張りをしているのは彼だけでした。近くの木ではムクドリなんかも巣を作ってるみたいでにぎやかですが、アオバズクの沈黙は続きます。

June 10, 2008

初谷川ハイキング

Benikamikiri18

Tegutyou28 蝶を撮影する人にとっては6月は年一化のゼフィルスを撮影するチャンスで忙しいはずなんですがちょっと風邪をひいてしまったみたいであまり外に出てません。しかし、今日は調子もいいみたいなんで妙見山の下を流れる初谷川にでかけました。谷に入る前に少し寄り道をして近所の農家の栗の木なんかも見てあるきました。ゼフィルスはいてなかったけれどベニカミキリをよくみかけました。蝶のほうはどこをとってもテングチョウばっかり。べつに嫌いではないけれどちょっと邪魔です。

Onagaageha18

谷に入ってすぐに一人の枯れた感じのカメラマンにアワブキというのはどの花ですかという質問を受けたのですが、この人はアオバセセリを撮ろうと思って初谷に来たそうです。残念ながらアワブキは私もどんなのかは知らないし、アオバセセリも遭遇したのは一度だけなんでお役には立ちませんでしたが、話し相手にとつかまってる間にオナガアゲハが近くにとまってくれました。ここはまだウツギの花も咲いているのでウツギの花にもアオバセセリは来ると思うんですけどね。このおじさんは羽を開いたカラスアゲハなんかも撮影してるようですが、ニコンのデジカメの画像操作がうまく出来ないようでした。今の機種はどうかは知りませんがニコンの画像操作は砂時計がでたりしてトロくさくてあきません。カラスアゲハ撮りたいなあ・・・。

Gomadaratyou18_2

この時期はゴマダラチョウがよく現れるので目の前に降りてきてくれたのを一枚。ちょっと羽に欠けがあるけれど大きくてなかなかいい感じです。

Kawatonbo18 Ootyabane18

ほかにもカワトンボとか正体不明のセセリチョウもとってるんですけど、とうとうカラスアゲハは最後まで撮れずじまいでしたし、ゼフィルスにもお目にかかれませんでした。正体不明のセセリチョウはチャバネセセリかオオチャバネセセリのようなんですが。白点がはっきりしない個体だったのでご意見をお聞かせ願います。ずいぶん黒いなと思ったので写真に撮ってみました。

Moriaogaeru18

奥に奥にと一本道を進んでいくうちに見つけたのがこれ。最初はゴミがひっかかってるんだと思ってたんですが、これはモリアオガエルの卵隗です。下には川の流れがあるので卵からかえったオタマジャクシは川の水の上に落ちてそこで大きくなります。大人になるとモリアオガエルは一生を木の上で生活するそうです。どこかにカエルがとまってないか探しましたけどわかりませんでした。サンコウチョウもいてるようですが遠くのほうでそれらしい声がきこえるのみ。ここでトラブル。愛用の400㎜ズームレンズがちょっとがたついてたんですが今日ついにぬけそうなぐらいにグラグラになってしまいましたので修理に出すことになりました。しばらくは予備の300㎜ズームで頑張ります。

June 06, 2008

梅雨の晴れ間に

Monosasitonbo18

週末はまた雨になるらしいので今のうちに服部緑地の様子をみようと午前中だけ出かけてきました。日本庭園の池の睡蓮の葉の上ではもうモノサシトンボのペアが産卵に現れてました。

Himejanome18

ちょっと地味ですがヒメジャノメです。ここの公園では小型のヒメウラナミジャノメはよく見かけますがヒメジャノメはあまり見たことがありません。コジャノメに似てますがコジャノメよりは色が薄いですね。あとで気がつきましたが小さく青光りしてるゴミムシのような昆虫が写ってました。なんという虫なんでしょうね。

Komurasaki18_2

コムラサキが柳の木の周辺に降りてきてツツジの葉の上にとまりました。せっかく羽を開いてくれたのですが角度が悪くて羽の模様がよくわかりません。もう少し下にとまってほしかったなあ・・・。今日はコムラサキが飛んでるのをよくみかけました。オスだと羽が角度によって紫色に見えるのですがメスは茶色のまんまです。これはメスかな?

Kosiakitonbo18

この季節に公園の中で一番よく見かけるトンボはというと、このコシアキトンボになるでしょうね。飛んでる姿はよくみかけても、とまってるのを見ることが少ないように思います。まだ出始めなのかあまり飛んでませんでした。

Kuroageha18

日がかげると飛んでる蝶もあまり見かけなくなりますが、草むらから飛び立ったと思ったクロアゲハがすぐにもとの場所にもどって休憩してました。山の中とちがって緑地公園でもクロアゲハに遭遇することは珍しいほうで撮影するチャンスも稀です。2時間足らずの散策でしたがけっこういいものが撮れました。そして最後に撮ったのがこれ。

Karugamo18

カルガモの親子なんですがちょっと遠いでのでトリミング大にしました。カルガモの雛ってたくさんいててかわいいけど、一羽づつ減っていくんですよね・・・。カラスに食べられたり、ヘビに襲われたり、悪食のブラックバスに飲み込まれたりと無事に成鳥になるのは何パーセントぐらいなんでしょうね。

June 03, 2008

雨の日は癒しの時間?

Kanyousyokubutu38

雨が降ると写真を撮りに出かけることができないので、せっかく仕事が休みだというのに手持ち無沙汰になってしまいました。家の片付けなり掃除なりをすれば時間がつぶれるのにそういったことはやる気がわかない。そこでかねてからやりかけてはいたけれど中途半端な状態で止まっていた園芸作業をすることにしました。先月まいた朝顔の種の発芽がおもわしくないので新たに少しまいて、買ってあった月下香の球根を鉢を買ってきて植付けです。その際に使用する土は古土を再生利用したものを半分使ってみました。ふるいにかけた土に殺菌のため熱湯をかけて干していただけのものです。新たに赤玉と腐葉土を加え有機石灰と根ぐされ防止剤のミリオンも使用。

Kanyousyokubutu18

最近はホームセンターに行くとポット植えの観葉植物なんかがおいてあるのを見かけます。こういったポット苗は寄せ植え用とか苗から育ててみたい人むけにあるみたいで以前も何種類か買ったことがあったのですが枯れてしまったものをどけて新たに赤いカラジュウムとこんもりと黄緑がきれいなネフロレピス、それに葉の形がおもしろいモンステラなんかを買ってきました。できたらポット苗の植物の名前なんかも書いててくれると調べなくていいのですが、昨今は観葉植物も種類が増えて名前のわからないものばかりです。

Kanyousyokubutu28

水の受け皿の上に並べてみました。このままでも素敵やと思うのですが黒ポットが見えるというのも興ざめですので鉢を使います。寄せ植えというからにはポットからぬいて土に植えたほうがいいとは思うのですがす、すぐに枯れるものもでてくるし過湿を好むのと嫌うものとかもあるので一緒に同じ土に植えるのではなく黒ポットをそのまま使用することにしました。こうしておくとポットごと抜き取って入れ替えが可能です。鉢の中にはごろ土と高さ調節と根がポットからでた時のことも考えて再生土に赤玉、ピートモスをくわえ、ミリオンをまぶしたものを下に入れてます。ベランダでずっとしゃがんで作業してるとメタボなお腹がつかえて苦しいし、体が固まってしまってすぐには動けなくなってしまいました。歩きまわらない趣味というのもおっさんにはけっこうきついです。

June 01, 2008

保久良神社の猪

Inosisi18

たまには今までに行ったことのない所に行ってみようかと思って神戸の保久良神社に行ってきました。山の上にある神社なので当然坂道をひたすら歩くことになるのですが、さすが日曜日で登山する人がけっこうたくさんいてました。ここは知る人ぞ知るホイホイが巣をかけるといわれてる所で、もしかしたらと思って急な坂道を登っていったのですが残念ながら声も聞くことができませんでした。山登りですっかり疲れてしまいさらにそれ以上上に登ろうという気力もわかないまま梅林に行くとなにやら前方にいてます。遠くからみたかぎりでは大きな犬のように思えたのでこんな上まで犬を連れて登ってくるとはと思ってたのですが近づいてみてびっくり、なんとイノシシじゃありませんか!たしかに周囲の木にはイノシシ注意の張り紙があちこちに貼ってありますが、いままでそのての張り紙がある場所で本当にイノシシに出会ったことがありませんでしたので写真に撮りたいとは思わないけれど興味津々でみてました。イノシシはべつに人がいても畏れないし、逃げもせずまた近づきもせずマイペースで草の根をほりかえしたり、木の幹に体をこすりつけたりしてました。登山の人たちも慣れてるのか騒ぎもしないで普通にベンチにこしかけてお弁当などを食べてました。

Rurisijimi18 Ageha18

山の上ではどうといったものは撮れなくて下に降りたあたりにある八幡様の境内で撮ったルリシジミと近くの民家にうわってるコバノランタナにやってきてたアゲハチョウ。ルリシジミって羽を開くときれいなんですが静止してる状態で羽を開くということをしないのでなんとか羽の表を撮ってみたいと思ってます。2匹のアゲハチョウはこのあと巴になってくるくると上空に舞い上がっていきました。

« May 2008 | Main | July 2008 »

December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ