« オオルリと桜Ⅱ | Main | 大阪城の駒鳥 »

April 12, 2008

ノビタキとツマキチョウ

Nobitaki18

春期限定の蝶ツマキチョウを探しに午前中猪名川まで出でかけてました。セイヨウカラシナの群落が競馬場裏にあるのでそこで蝶を探していたところ急に土手の上のあたりにノビタキのオスが舞い降りました。蝶撮影の予定でしたので300㎜のレンズしかつけてませんでしたが、それでも十分と感じるほど近くにとまってくれました。去年は中州の枯れ草のあたりに来てたのを撮ったのですが川向こうでしたので小さくしか撮れませんでしたし、今いちの場所でした。今年はいいところにとまってくれました。もっと青空が広がっているかカラシナの黄色にうもれたノビタキの絵が撮れたらいいのですが、その後こちらの思い通りのところにはとまってくれませんし、近づかさせてもくれませんでした。

Nobitaki38

オスだけではなくて近くにはメスもいてました。こちらはトリミングしてます。オスの方は夏羽なので顔も黒くて目がどこにあるのかわかりませんね。尼崎あたりでノビタキが見られるのですからいよいよ夏鳥の飛来も本番を迎えたといっていいのかもしれません。

Karasina18

どんな場所かというとこんなにたくさんのセイヨウカラシナの花が咲いているところです。残念ながら当初の目的であるツマキチョウはこの群落の中では見つけることができずでした。できたらまっ黄色な背景の中のツマキチョウを撮りたいものです。

Rumakityou18

それでも河原に降りると細々と咲いている花にはこのようにツマキチョウがやってきてました。ちょっと離れてたのでトリミングしてます。毎年のようにツマキチョウを探しに行きますが広々とした場所とかセイヨウカラシナの群落ではツマキチョウを撮ったことがありません。いつも小汚いというか雑然とした雰囲気の場所でのみ静止するツマキチョウを見つけます。私の探し方が悪くて見つけられないのかツマキチョウがそういった場所が好きなのかよくわかりません。

« オオルリと桜Ⅱ | Main | 大阪城の駒鳥 »

昆虫」カテゴリの記事

「野鳥」カテゴリの記事

Comments

セイヨウカラシナというぐらいですので、外来種なのでしょうか。それにしても凄い群生していますし咲いていますね。ノビタキもサービス満点で羨ましいです。私も夏モードのノビタキを撮りたいなと思っています。夏鳥たちがどんどん来ているようですね。これからも楽しみがありますね。

doudesyoさん

福島のほうではこの花は珍しいのでしょうか?
戦後にはいってきた雑草ですね。
この花が繁茂する河川は富栄養化がすすんでいるので河川の汚染のバロメーターのようにいわれてます。
珍しいと感じるということはdoudesyoさんは汚染の少ないきれいな川が流れる環境にお住まいということでいいことだと思いますよ。

アニキさんはじめまして。
nanamiさんのところから飛んできました。
HPを拝見させて頂いて家の近くだったので
思わずカキコさせて頂きました。
家は競馬場の近くなんです。
あそこにノビタキがいてるんですね~。
それにツマキも。今年はまだツマキを見ていません。今度行ってみます。
ご迷惑でなければまたちょくちょく寄らせていただきますね。

julyさん はじめまして

そうですか・・・お近くなんですね。
ノビタキは競馬場から出たり入ったりしてるみたいでした。
ツマキは河川敷に降りられたほうが目にするように思います。
お客様は大歓迎ですのでしょっちゅう見に来てください。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« オオルリと桜Ⅱ | Main | 大阪城の駒鳥 »

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ