« March 2008 | Main | May 2008 »

April 2008

April 29, 2008

大阪城のイソヒヨドリ

Isohiyodori38

今日の大阪城公園はいたるところでキビタキやオオルリの姿が見られ、市民の森なんかでは乱舞といっていいような場所もありました。オオルリやキビタキも好きだけどちょっと興味薄になってきたし、ムギマキが木のてっぺんあたりを飛んでる場所があったけど遠すぎで撮れそうにないので石垣の上で餌付け作戦決行中のイソヒヨドリを見に行きました。

Isohiyodori18

イソヒヨドリのメスがお立ち台にとまってる時に何かが横切ったと思ったのですがその時にはわからず、あとで写真を見たらモンシロチョウが写ってました。偶然ですけどお気に入りの一枚です。

Isohiyodori48_2 Isohiyodori58_3   

こうして見るともっと背景をぼかすためにもっと絞りを開いた方がよかったかなと思うのですが鳥の撮影中はそんなこと思い浮かびません。イソヒヨドリが登場するまで1時間半以上もじっとして風に吹かれてましたので撮るものとったら早く移動しようという気持ちでいっぱいでした。今日はメスのあとに暫くしてオスが現れて、オスが飛び立ったと思ったら入れ替わりにメスがまた現れるという具合で撮り始めるとけっこうおもしろくて熱中してしまいました。ちなみに上体が青く腹側が茶色をしてるのがオス、灰褐色で縞々模様をしてるのがメスです。

Kiri28

今日のおまけはせっかく大阪城に行ったのですから天守閣を豊臣家の紋所の桐の花を入れて撮ってみました。天守閣の北側に桐の木は植わってるので逆光気味になってしまいちょっと美しくありませんがうまく咲いてる時にでくわすことがないのでご勘弁を。

April 27, 2008

ボタンと野鳥

Botan18

Botan28 農業公園に今年もボタンを見に行きました。ボタンと一緒に写ってる木は梅の木で梅の木がボタンの花の日よけのように枝を広げています。毎年行ってるととくに変った構図もおもいつかないのでいつもと同じ写真になってしまいました。ボタンを見に行ってる人は気がつかないかもしれませんが、休憩所みたいなところがあるケヤキや楠木の茂みの中はこの時期夏鳥がやってきて飛び回っています。今日はチヨチヨビ~というセンダイムシクイの声がさかんにきかれました。かなり高いところを飛び回っていますのでそれに気がつく人は少ないと思います。今日も花見に行って上をずっと見ている人は私だけでした。

Akahara28

ツグミに追いかけられてる鳥が1羽降りてきました。シロハラだと思ってたらなんと今期初お目見えのアカハラじゃありませんか。しかもわりとおっとりしているみたいで暗くてシャッタースピードはのびないものの何枚も写真を撮らしてくれました。オオルリやキビタキなんかもいてましたがよく見かけたのがコサメビタキなのかキビタキのメスなのかよくわからない鳥。したから見上げてるとお腹ばっかりなのでよくわかりません。

Kosamebitaki18

河原に降りると木陰を飛んでいるものがいてました。一番近くにとまってくれたのを撮りましたが空抜きの逆光写真で黒くてよくわかりません。少し画像処理したのが上の写真です。コサメビタキでいいと思うんですが多少胸から脇にグレーっぽい部分もあってよくわかりません。サメビタキという線もすてがたいんですよね・・・どう思いますか?

April 26, 2008

キビタキ登場

Kibitaki18

今年は近所では姿を見ないなあと思っていたキビタキ♂を小学校横の公園のクヌギの木でみつけました。毎年この公園の小学校横の暗がりの木にひそんでいるのを見かけるのですが今日はわりと明るい場所にいてました。キビタキのほかにもよくわからないけどメスのキビタキかオオルリらしき鳥も近くにいてました。尼崎市内でもオオルリ、キビタキ、センダイムシクイぐらいならこの時期には見ることができます。Kibitaki28

続いていつもの散歩コースの公園。ここでもキビタキをみつけました。たいてい暗がりにいてるのですが珍しく公園内の人工の小さな滝の周囲のモミジの木にとまってくれました。お天気がいいと影が濃くでるし木陰にとまると背景の方が明るいのでちょっと撮影には難しいのですが新緑とキビタキの図ってやっぱりきれいです。

Kibitaki38

う~ん・・・もうちょっとキビタキの下のもみじを多くいれたほうがよかったかな。カメラのシャッター音がきになるのかきょろきょろしながらもじっとしててくれました。今日は珍しく子供たちが滝口のところで遊んでなかったのでもみじにとまってくれたんだと思いますが、ここは子供の好きそうな場所ですので普段は鳥がとまるのを見ることがありません。

Orurimesu18

たぶんオオルリのメスだと思います。何か頭の上から暗がりに舞いおりたなと思ったら彼女でした。今日はエゾムクイらしき鳥も至近処理で一瞬みたのですが写真には撮れなかったのが残念でした。声はほかの場所でもきけたのですが是非一枚お写真を頂戴したいものです。

April 25, 2008

たぶんセンダイムシクイ

Sendaimusikui18

午前中に少し離れたところにある尼崎市南部の公園に行ってきました。園内は樹木も多く地形も起伏があるので毎年夏鳥がけっこうやってきます。ところが今年はどうもぱっとしません。オオルリもキビタキの姿もなしです。もっとも今日は芝刈り作業などの騒音が大きいのであまり期待はできなかったのも確かなんですが・・・。それでもねばること2時間やっとセンダイムシクイと思われる鳥を撮影できました。なぜかムシクイはケヤキの木でみつけることが多くて、新緑がまぶしいケヤキの葉の緑がセンダイムシクイの体を黄緑色に染めて地味な鳥を美しくみせます。(上の写真はケヤキの木で撮影したものではありません)

Sendaimusikui38

Sendaimusikui28 見やすくて いい感じの枝にとまってくれたのですが、日陰だったし背景も暗いのでシャッタースピードものびずブレ気味の写真になってしまいました。左がもとの画像をサイズ変更しただけの画像なのですが、それを画像処理ゾフトで加工することによって違和感のない絵にするという作業をしてみました。カメラは光線の不足する場所や暗い背景が影響する場所ではシャッタースピードを遅くして光を多くレンズ内に取り込もうとしますのでオリジナルではかなり白っぽい画像になります。それをコントラストを強くしたりγ値を少し低く設定したりして、さらにシャープをいつもより強めにかけてブレをごまかしたのが上の画像です。かなりうまくごまかせてると思いませんか?

April 21, 2008

山萌える頃

Kobanomitubatutuji18

遠目に見ても山の緑が目立つようになってきました。この頃山の斜面を見るといたるところに紫がかったピンクのつつじを目にするようになります。枝先に三枚の葉をつけることからミツバツツジと呼んでいますが、厳密にいうとミツバツツジにも種類があっておしべが5本あるものが本物のミツバツツジなんだそうです。上の写真も正確にいうとコバノミツバツツジで本物のミツバツツジよりも葉が小さいらしい。

Sujigurosirotyou18

今日はそのコバノミツバツツジにスジグロシロチョウが吸蜜に訪れているのを見ました。スジグロシロチョウはモンシロチョウによく似てますが、モンシロチョウより少し大型で春型のスジグロシロチョウはごらんのように羽にはっきりとした黒い筋が浮き出て見えます。

Tumakityou28

もう一つモンシロチョウによく似てるのがこのツマキチョウ。山道を歩いていてみつけました。とまって羽をとじてくれると裏に模様があるのがわかるし羽の先もとがってるのがわかりますが飛んでいる状態ではちょっと小型のモンシロチョウと区別がつきません。上の画像の蝶は羽の先に黄色い部分がないのでメスです。

Miyamaseseri28

ギフチョウ、ツマキチョウとともにスプリング・エフェメラルと呼ばれる春季限定の蝶の一つミヤマセセリもいてました。目の前にとまってるはずなのに枯葉の上ではどこにとまってるのかよくわからず角度をかえて見てやっと撮影できました。

Sakuraageha18

今日はギフチョウの写真は撮れませんでしたが、そのかわりにナミアゲハが山桜で蜜を吸う姿が撮れました。桜の花はいたるところで見ることができるのにその花に蝶がとまるのってあんまり見たことがありません。

Tabesanae18

今日はいたるところで羽化したばかりのトンボもみました。羽化したばかりのトンボって羽がつるっとしていてなかなかきれいです。写真はタベサナエのようです。

Nihonkawatonbo18

もう一種類春のトンボを見ました。オスのニホンカワトンボ(旧名オオカワトンボ)なんですが、成熟すると銀白色に輝く体にきれいな赤茶色の羽をしています。それまではメタリックグリーンの体色なんですね。羽の色も成熟個体とはちがうような気がします。目にも色がまだついていませんね。

April 20, 2008

尼崎 鳥.花.蝶

Ooruri18

いつもの公園に出かけると今日はきれいなオオルリのさえずりが聞こえてきました。声はすれども姿は見えずというやつで、シイの木やカシの木がこんもりと茂った暗い場所から聞こえてきます。姿を見ようと接近を試みますが、ちらっと姿が見えたかと思うとすぐに飛んでいってしまってなかなか写真は撮らせてくれません。できたら明るいカエデなんかの木にとまってるのを撮りたいのですがこちらの思うような場所にはきてくれそうにありませんでした。

Kurokonoma18

オオルリを探して行ったり来たりしてる時に目の前をチラチラと飛ぶ茶色い蝶がいてました。正体を見極めようと目で追いかけているとやっと地面にとまってくれました。その蝶の正体はクロコノマチョウ。南方系の蝶ですので昔は非常に珍しがられたようですが、温暖化がすすんだ昨今はあちこちで目撃されています。夏ごろには何度か見たことはあるのですが春にクロコノマを見たのはたぶん初めてです。しかも尼崎の南部では珍しいと思います。

Renge18

もう一箇所、夏鳥がいてそうな尼崎市内の公園に行ってみたのですが、残念ながらなにもいてる様子がないので農業公園まで行ってみることにしました。途中 レンゲが咲いている場所を通りがかったのでバイクをとめて小さなレンゲ畑を撮ってみました。

Yaezakura18

Botan18 農業公園は今は八重桜が満開でとてもいい感じでした。名物の牡丹の花も咲きはじめてました。牡丹の花はきっと来週には見ごろとなっているでしょう。藤棚横の菜の花が植わっている場所で今日はキアゲハも見つけたのですが残念ながら撮り逃がしてしまいました。ちょっと残念です。

April 15, 2008

ギフチョウとニュウナイスズメ

Gihutyou28

ギフチョウを探しに三田をハイキングしてきました。武庫川の桜も落下盛んでしたがホオジロでもとまってないかなと思って見てるとひとつ気がついたことがあります。桜の花をついばんでる雀の顔にスズメのトレードマークの黒い斑点がありません。帰りにもよってみましたがやっぱり桜の木にとまってる雀は斑点のないものばかりでした。

Nyuunaisuzume18_2

Nyuunaisyzume28

Suzume17 はじめて見ましたが、これがニュウナイスズメという雀だと思います。ニュウナイスズメは冬鳥だということなので桜が散ってしまうとおそらくいなくなってしまうのでしょうね。上の画像ははっきりとした白い眉があるのでメスで色が薄いですね。下がオスで普通のスズメよりも赤っぽい茶色をしてます。左の画像が昨年の秋に近所で撮影した普通のスズメです。見比べてみてください。

お目当てのギフチョウなんですがなんとか3カットだけ撮影したものの、きれいに上から羽を開いた姿を撮りたかったのにご覧のようにぶらさがった絵になってしまい花にとまる姿も撮れませんでした。

Gihutyou18

今日はちょっと気温があがりすぎたように思います。飛んでるのはわりと見かけることができたのですが、気温が高いと日光浴のために地面近くにとまることもないのでしょうね。今年はギフチョウの発生はまばらだそうです。きっと桜が咲きはじめたころの花冷えや雨が良く降ったことなんかが影響してるのかもしれません。今日は夏鳥もキビタキをみましたが撮らしてくれませんでした。

April 13, 2008

大阪城の駒鳥

Komadori48

都会のバードウォッチングのメッカ大阪城にも夏鳥たちがやってきました。今日は日曜日で最後の花見を楽しむ人たちとともにカメラマンやバーダーがたくさん大阪城公園にきてました。私が行った時にはすでにツツジの植え込みの前に苔で作ったお立ち台が用意されていてツツジの花も添えられコマドリ撮影の舞台ができあがっていました。

Komadori58

トリミングなしで撮るとこんなもんなんですが、おじさん達のカメラレンズは私のものなんかとちがって倍率も高いのでかなり下がった場所から撮影していました。集団の中では自分だけ前にでるわけにはいかないので、あくまでも可能な限り接近して撮影する私の撮り方ができず見れる絵をつくるにはトリミングするしかありません。

Komadori68

まあ こんなとこでしょうか。野鳥の撮影にこのような舞台装置を用意することを考えるのはきっと日本人だけでしょうね。コマドリもエサがもらえるので付き合ってくれてますけどお腹がいっぱいの時はツツジの中に潜り込んでしまってなかなかでてきません。えさだけくわえてぱっといなくなることもたびたびでした。帰る時にもう一度コマドリを見によったらもう舞台装置は撤去されていて下の画像が手付かずの本来の画像ですね。

Komadori78

あ、雨や・・・撤収~。

April 12, 2008

ノビタキとツマキチョウ

Nobitaki18

春期限定の蝶ツマキチョウを探しに午前中猪名川まで出でかけてました。セイヨウカラシナの群落が競馬場裏にあるのでそこで蝶を探していたところ急に土手の上のあたりにノビタキのオスが舞い降りました。蝶撮影の予定でしたので300㎜のレンズしかつけてませんでしたが、それでも十分と感じるほど近くにとまってくれました。去年は中州の枯れ草のあたりに来てたのを撮ったのですが川向こうでしたので小さくしか撮れませんでしたし、今いちの場所でした。今年はいいところにとまってくれました。もっと青空が広がっているかカラシナの黄色にうもれたノビタキの絵が撮れたらいいのですが、その後こちらの思い通りのところにはとまってくれませんし、近づかさせてもくれませんでした。

Nobitaki38

オスだけではなくて近くにはメスもいてました。こちらはトリミングしてます。オスの方は夏羽なので顔も黒くて目がどこにあるのかわかりませんね。尼崎あたりでノビタキが見られるのですからいよいよ夏鳥の飛来も本番を迎えたといっていいのかもしれません。

Karasina18

どんな場所かというとこんなにたくさんのセイヨウカラシナの花が咲いているところです。残念ながら当初の目的であるツマキチョウはこの群落の中では見つけることができずでした。できたらまっ黄色な背景の中のツマキチョウを撮りたいものです。

Rumakityou18

それでも河原に降りると細々と咲いている花にはこのようにツマキチョウがやってきてました。ちょっと離れてたのでトリミングしてます。毎年のようにツマキチョウを探しに行きますが広々とした場所とかセイヨウカラシナの群落ではツマキチョウを撮ったことがありません。いつも小汚いというか雑然とした雰囲気の場所でのみ静止するツマキチョウを見つけます。私の探し方が悪くて見つけられないのかツマキチョウがそういった場所が好きなのかよくわかりません。

April 09, 2008

オオルリと桜Ⅱ

Sakuraruri58

Sakuraruri118_2   雨もやんだので午前中だけ桜の花とオオルリの様子を見てきました。雨が降ったせいで桜もかなり花びらを落としてましたが、見られないほどではありませんでした。前はよく晴れた日に撮影したのですが、どうもオオルリの羽の色が黒っぽく写っているものばかりでしたので今日は曇り空でやわらかい光線状態でのオオルリです。露出補正をするほどではないかもしれませんが、3分の1だけ+補正しています。ちょっとコントラストが弱いようにも思いますが曇りがちの方が色飛びも少ないし淡い桜の花のピンクもきれいに出るのでいい感じだと思います。写真屋さんでプリントしてもらうともっときれいな色になるんですがパソコンの画面ではこんなもんでしょうか。あんまり手をくわえると不自然な感じがするので色彩をレタッチでいじることは避けています。

Sakuraruri18_3 Sakuraruri28_2

かなりの枚数を撮影したのですがあとから見るとオオルリは同じ枝にばかりとまっていてあまり代わり映えがしません。

Sakuraruri128

一応 きれいな声でさえずってるところなんかも撮ってみました。

Sakuraruri78 同じ枝どまりのものばかり撮ってたので、その時は気がつきませんでしたがオオルリの頭の上のほうにかなり空きがある構図ばっかり撮ってました。頭の上の方がすっきりしているもので無意識にごちゃごちゃした枝を避けてすっきりした背景を選んでいたんだと思いますがどこか違和感を感じます。鳥というものは空を飛んでいるか木の上にとまっているものですので絵的には画面の下に鳥がいてるという構図は不自然さと上の空間の無駄が気になるんだと思います。

Sakuraruri48_2

やっぱりこれぐらいが一番いいような気がしますがどう思いますか。

April 06, 2008

必撮メタボ人カワセミに走る

Sakurakawasemi28

月曜日はお天気が崩れるという予報だったので、おそらく今日が桜とカワセミを撮る最後のチャンスだろうと思って服部緑地の霊園に行ってきました。ありがたいことに今日はカワセミもサービスが良くて三度の撮影チャンスに恵まれました。そのうちの一回はカワセミが魚をくわえて桜の木にとまり食べるところまで撮影することができました。

Sakurakawasemi78_2  Sakurakawasemi48_2

お昼ごはんをGET!                食べやすいようにくわえなおして

Sakurakawasemi38

この霊園の池にいてるこの魚は何という名でしょう?知ってたら教えて下さい。

Sakurakawasemi58_2 Sakurakawasemi68 

ゴックン!                      ああ おいしかった

Sakurakawasemi18

なかなか気に入った絵になりません。

Sakurakawasemi88

遠いですけど桜満開の雰囲気だけでもわかるでしょうか?カワセミがあちこち移動するたびに霊園の池の回りをカメラ持って走るのですが構えたとたんに逃げられることもたびたび。大口径のレンズに三脚の人たちとちがって一脚の私は簡単に移動できるのですがメタボなおなかをゆすって走ると息がきれてせっかくのカワセミもピンボケ続出でした。

Kojikabasi18

今 服部緑地で一番人気のオオルリくんがいつもいてる桜も満開で今日はその下で花見の宴をひらく人たちもおられましたが、カメラマンが多数見つめる中での花見はどうなんでしょうね。鳥好きの人なら花見と鳥見が一度にできておいしいのでしょうが・・・。オオルリくんは花見の人たちに遠慮してか私がいってからすぐに竹やぶの中に消えてしまいました。日本三鳴鳥とよばれる美しい声だけが竹やぶの中からずっときこえてました。今日は写真にはならなかったけどオオルリくん元気になってよかったです。

April 05, 2008

桜散歩

Urakazesyou28

近所の桜の花がほぼ満開になりましたので桜の花を撮りながら散歩してきました。昔はソメイヨシノもこんなに白くなくてもっと色がでてたようにも思うんですがどうでしょう。散り始めの頃になるとたしかに薄紅色が濃くなるんですけどね。

Hendensyo18 Inekawa18_2

左がうちの前の街路樹の桜。表側は電柱やら電線やら邪魔なものが多いので裏側を撮ってみました。右は大物のプール横の桜並木。

Sakura18 Urakazesyou18

左は近所の桜のプチトンネル。私が子供の頃はどぶ川だったところが埋め立てられて今は公園や緑地帯となっていて、そこに桜が多く植えられているのでけっこうこのような光景があちこちで見られます。右は今年初めてそこに形のいい桜が植わっていることに気がついた浦風小学校の桜。この校舎は建てられた当時としては珍しい円形校舎になっています。

Odaminami18_2

最後はいつも写真撮りに行ったりしてる小田南公園の桜。広場には所狭しと花見のシートがひかれ、最近はそこでバーベキューなんかをするものだからちょっと煙いんですよね。人が邪魔で撮りませんでしたが、ケヤキの新緑と桜がマッチしてなかなかきれいなんですよ。

April 02, 2008

オオルリと桜

Ooruri38

Ooruri28 今話題の服部緑地のオオルリを撮影に行きました。ネットで情報が流れると連日多くのカメラマンが押し寄せてきて、今日も40人ぐらいは集結してたようでした。オオルリはたしかにきれいな鳥ですけどこれからいくらでもやってくる夏鳥なのにこんなにも大騒になるのは何故なんでしょう。ただ初物だからというだけではなく、このオオルリが見つかったときは渡りで体力を使い果たし、人が近づいても逃げることもできないぐらいに弱っていたそうです。今でも桜の木の周辺から動こうといないので完全には回復していないと思います。場所を動かないということは探す必要がないわけで、しかもそれが花盛りの桜の木にとまるとなると人気があるのも当たり前ですね。普通オオルリというと夏鳥ですので桜の花が終わる頃やってきて桜がらみの写真もかなり葉が出たうば桜とオオルリの図になってしまうことが多くて、これから見ごろとなる桜の花とセットで撮るチャンスはあまりないのです。

Ooruri18

ゴールデンウィーク前後の大阪城などでオオルリを探してみるとわかりますが、おいそれとは目の前にでてきてくれません。それが見放題、撮り放題となると桜の花が終わるまでこの騒動は続くかもしれません。もっとも体力を回復したオオルリがどこかに飛んでいってしまうということも十分考えられますが。

April 01, 2008

福島大池のアメリカヒドリ

Amerikahidori48

Miyamahoojiro58_2 駅を降りると目の前に武庫川の土手の桜並木が続いてきれいだろうと思ってたのですが、なんと桜は蕾ばかりで全く咲いていませんでした。同じ兵庫県内でも三田はやはり関西のチベットなのかこうも違いがあるとは思いませんでした。空をみるとツバメが飛んでるし、確かに春はきてるというのに公園のほうもあまり代わり映えのしないものしか見られませんでした。福島大池にはやはりヒドリガモにまじって1羽だけアメリカヒドリがいてるし、ミヤマホオジロもちょっとだけ姿を見せてくれました。ここのアメリカヒドリは緑色の部分がピカピカで本当にきれいです。ほかに何か珍しいものが撮れたら良かったのですが、ウグイスがさえずってるのはよくわかりましたが撮れてないし、本当に収穫のない日でした。ただ、ここの公園でははじめてベニマシコのメスに遭遇しました。残念ながら撮影はできませんでしたが、いつかはちゃんと撮ってみたい鳥です。

Sakujiro28

ぱっとしたものは何もないので撮りだめしてるものの中からまたメジロです。メジロっていろんなポーズをとってくれますが背中を見せたこのポーズが好きです。

« March 2008 | Main | May 2008 »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ