« 服部緑地はイカルの日 | Main | 昆陽池公園と緑ヶ丘公園 »

March 11, 2008

ハチジョウツグミと春の万博公園

Banpakubairin28

久しぶりに万博公園に行ってきました。今日は冬物のコートを着て歩くには暑いぐらいに暖かな日で万博公園の梅林の梅もきれいに咲き誇り、平日にもかかわらず梅林は人でいっぱいでした。梅がらみの野鳥でもと思ったのですが、こう人が多いとせいぜいメジロぐらいしか梅にはこないだろうから他を見て回ってからにしました。

Hatijoutugumi28

まずは万博公園の鉄鋼館西の広場にはハチジョウツグミがいてると聞いてましたので見に行ってきました。広場に来てすぐに目的のハチジョウツグミは見つかりましたが、折悪しくそこに幼稚園特別攻撃隊が奇声をあげながら乱入してきました。そうなると鳥なんてのは一目散に逃げてしまいますので、しばらくその周辺をうろついて探してみましたが見つかりません。やっと遊具の方に幼稚園児たちが移動してくれたので広場に戻るとハチジョウツグミも普通のツグミと共に舞い戻ってきてました。子供と犬の散歩だけは鳥の撮影には大敵ですね。

Hatijoutugumi18 Tugumi28

普通のツグミとの違いがわかるようにトリミングした画像を並べてみました。左の胸の鱗模様が茶色のが今日撮ったハチジョウツグミ。右の黒い鱗模様が千里南公園で以前撮影した普通のツグミです。普通のツグミも羽の模様や色に個体差がありますが、ハチジョウツグミも個体差があるみたいで、特徴がはっきりしない中途半端なハチジョウツグミのことを八畳ではなく四畳半だなどというそうです。

Ruritateha18

Kitateha18 暖かいので越冬明けのムラサキシジミとかムラサキツバメでも見られないかなあと思ってたら日本庭園の中でルリタテハが目の前にとまりました。すぐに飛び立ったのですがルリタテハはよく同じところに戻ってくることがあるので動かずに待ってると戻ってきて同じ場所にとまり日光浴をはじめました。越冬明けの個体はボロのものが多いのですがこの蝶はかなりきれいです。ほかにはキタテハも目撃しました。

Joubitaki58

万博公園は非常に広いので徒歩で移動するにはかなり時間がかかります。もう夕方になったので帰り際にもう一度梅林によってみました。そうするとジョウビタキのオスが梅の木にとまってるのを見つけました(あとで気がついたのですがオスが2羽いてました)。しかしなかなか素直にモデルになってくれないし、もう閉園時間なのでのんびり待ってられないしであせりなが閉園前ラスト五分のところで撮影したのが上の写真です。日陰ですのでぜんぜんシャープには撮れなかったのですが、背景もいいし梅がらみの写真ではええ感じやないかと思います。ここの梅は適度に剪定してあるのでわりと梅がらみの写真をとるには邪魔な枝が少なくっていいかもしれませんね。

« 服部緑地はイカルの日 | Main | 昆陽池公園と緑ヶ丘公園 »

昆虫」カテゴリの記事

「花」カテゴリの記事

「野鳥」カテゴリの記事

Comments

こちら横浜も暖かい一日でした。
ツグミも種類があるのですね~。
今度よく見てみます!
でも、こちらにもいるかなぁ…。

ぴろ☆さん

ハチジョウツグミはけっこうレアものですが、きっとどこかにいてると思うんですよ。ハチジョウツグミのいてる所にはカメラマンがやってくるはず。でも 誰も知らないハチジョウを見つけるのもバードウォチングの醍醐味かも

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 服部緑地はイカルの日 | Main | 昆陽池公園と緑ヶ丘公園 »

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

リンク

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ